Perfume SEVENTH HEAVEN

たぶんおれはこの曲を生で聴きたいがためにライブ会場へと足を運んでいる。
7割がたはこの理由からだ。
そう、8月のGirl Pop Factory以来の話。

あの感じは一体何だったのだろう?
あのふわっとした感じ。なんだか泣きそうになるような感じ。
ただいい曲だからといって感動するという類のものではなかった。
それを確かめたいと思っているのだ。

しかしあれ以来ライブではやっていない。
年末のCDJはかなり期待していたんだが。
セットリストはたぶんあ~ちゃんを中心としたメンバーで決めているようだ。
戦略としてはうまいw
まんまと罠にはめられちゃった感じ。

今度聴ける、いや、体感できるのはいつになることだろう?
あまりやらない曲だからこそ体感できた人はかなりラッキーだと思う。


この曲は歌詞に出てくる「どんだけ」って言葉がダメだという話をよく聞くがおれはいいと思う。
ystkさんが狙ったの狙ってないだのだっていう話。
っていうかおれはずっと「どんだけ」とは聴きとれていなかったようだw

主人公の女の子がある男の子を好きになって、その人の願いが叶うなら私なんて溶けて消えていってしまってもいいとさえ思ってしまう。
友達といる時は好きな人のことでもワーワーキャーキャー言って話しているけど一人になるとこんな思いがふと湧いてくる。この気持ちのことは誰にも言えない。
その湧いてきた気持ちが高まっているときにふと我にかえってそんな自分自身に突っ込みを入れてしまう。

それって「どんだけ」なの?

その気持ちの高まりは刹那的なんだろうけどそういう自分の心の動きに戸惑いを覚えている感じ。
最後に(笑)をつけてもいい感じだと思うがどうだか。
そういう心の揺れ動きが感じられてすごくいいと思う。

「どんだけ」とい言葉は短い割にはいろいろなニュアンスを含んでいるので代替用語はないんじゃないかなぁ?
語感もいいしハマってると思います。


そして曲の一番最後の「とろけて~消えてもいいよ~」の後には「どんだけ」という言葉はなくなる。
揺れ動いていていた気持ちが確信に変わるとでも言えるんじゃないかな。



う~ん、、、今度聴けるのはいつになるんでしょうか?w






関連記事

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

もうピアノのイントロで血が逆流しましたよ(笑)

鳥肌立ってそのうち泣きたくなってって感じです。
なかなかやらなかったのでGAMEの特典DVDの7thばかり見ていました。
あれもいいですよね。みんなキラキラしていてかわいいし。

バタフライですか!
これはまだ映像しかないと思うのでそのうちダンス付きで披露されるかもしれませんね。
楽しみにしておきましょう。

過去記事を見ていたら今これに気がつきました。
ひーさんのSEVENTH HEAVENへの思いがビシビシ伝わってきましたよ。

これ読んで思ったのは、ひーさん今回代々木行けて本当によかった!!。

この曲をずっとずっと聴きたいって思っていて「GAMEツアー」でも「武道館」でも聴けずにきて、今回の代々木でやっと聴けたんですから!

自分ですらあの曲のイントロが始まった時は「SEVENTH HEAVEN来たっ!!」ってすごい感動したけど、この時のひーさんの感動は自分の比じゃなかったはず!!

例のぴあチケット騒動があって一時は諦めるようなことも言ってましたけど今回ライブにいけてこの曲聴けて本当によかったですね!!

自分にとっては「BetteFly」がまさにひーさんのそれですね。
この曲をライブで生でやる時には是非その場にいたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。