Perfume"chocolate girls"

ARTICLE PAGE

Perfume COUNTDOWN JAPAN 08/09東京 ライブレポート

12月28日、PerfumeがCDJに出演するというので幕張まで見に行ってきた。
とりあえずセットリスト。

1、love the world
2、パーフェクトスターパーフェクトスタイル
(MC)
3、Dream Fighter
4、コンピューターシティ
(MC)
5、チョコレイトディスコ
6、ポリリスム
7、puppy love

Perfume前のスカパラがかなり盛り上がって大変なことになっていたw
昔から好きだったので見れてうれしかったがスカのノリは危険だw
押されて押されて逃げながら押されてなんとステージ向かって左の最前列まで辿り着いてしまった。

スカパラ終了とともにさらに後ろからPerfume目当ての人たちが殺到してきた。
でもそれほど危険な状態ではない。ステージ中央はハンパないような状況だと思われましたが。
ステージをちょうど横から見るような場所でした。
この角度は実はすごくかっこいいPerfumeのフォーメーションが見れるのでちょっと期待。
ステージ上ではすべての機材が取り払われてうしろのほうに白いマイクスタンドが3本だけぽつんとありました。

この日、くるり、スカパラときて第三組目のPerfume。
2組を聴いた感想だが、すごく音がよく作られていて素晴らしいとおもった。このへんは流石だ。
すごく聴きやすいし聴き取れるのだ。
今回から導入されたというウーハー20発もなかなか。
Perfumeのサウンド面もかなり期待できる。ライブじゃ低音をかなり出してくるから。
もしかしたら大音量で体感するこのサウンドこそystk氏が作ったPerfumeのサウンドそのものなのかもしれないと思ったりします。

時間も押したりすることなくほぼ定刻通りプログラムが進む。妙に感心した。

登場のSEはGAMEだ。
これは夏フェスと同じだと思う。
緑のレーザー光線の演出に武道館ライブを思い出す。
低音出てるな~と思ってたらPerfume登場!

一曲目はltwだ。
ステージの照明に彼女たち三人の姿が浮かび上がる。
めっちゃ綺麗(*´Д`*)この瞬間が好きなんだよなぁ。。

二曲目はPSPS。
最後のほうで手を振りながらステージサイドまで広がるフォーメーションのときに尺を間違えて最後のほうの振り付けがグダグダにwでもメンバーは終始笑顔。
そう、今日の彼女たちはすごく楽しそうだった。

続いて楽しいMCの時間w
夏フェスでフェスの味しめちゃって「秋にはフェスはないんですか?」と聞いてしまったほどだと言っていたw
「ランランララランランラン♪」と突然風の谷のナウシカの黄金の草原をスキップしているシーンで歌われる曲を歌いだし軽くスキップするあ~ちゃん。
どうやら観客のあげた腕がオウムの触手?に見えたらしいw
「みなさんちょっと手をあげてください」
それを見て「キモ~い」とあ~ちゃんw
自由すぎるMCにこっちも解放されていく。
この解放こそが多幸感を生む元になるのかもしれない(←ホントカヨw)

「からし色の曲やりまーす」
3曲目はDF。
この曲の最後のほうのオオオループの部分の振り付けはホントカッコいい。
この曲の低音すごかった。体にビリビリと響いてくる。
間髪入れずにシティ。
キラーチューンにお客もかなり盛り上がる。
おれの目の前にいた坊主頭の男が振り真似をしている。しかもキレキレだw

続いて2回目のMC。
ここではおなじみの声だし。
TRFやB’zまで惜しげもなく披露w
あ~ちゃんにいじられたいがために黒縁めがねをかけてくるファンが増えたなぁと思うw
ここでのっちが目の前までやってくる。
こんな近くで見たのは初めてだw
なんかこっち見てる、なんだこの心の動揺はwww
は、恥ずかしい・・・(←アホかとw)

MCが終わりチョコレイトディスコとポリリズムで畳みかける。
客もすごい盛り上がり。ポリであんなにジャンプするなんてw

で、ラストはpuppy love。
この曲はラストが似合う。多幸感に包まれる。ystkいい曲作るよなぁ。
↑↓↑↑↓↑↓↓の振り付けを客と一緒にやるこの一体感。
このコマンド、ゲームオタにはたまらないw
曲の2番からマイクスタンドを離れてステージいっぱいに広がる彼女たちに観客は沸く。
結局みんな近くで見れて感激しました。
あ~ちゃんが近くに来た時に観客があまりにも沸くので「きゃー♪」といって喜んでたのがかわいかったw
もう二度とこんな近くで見ることはないでしょう。たぶん。

最後はお笑いのダブルダッチさんネタ「飛んだり跳ねたりラジバンダリ~♪」で締めましたw



今回のCDJの一番大きなステージ(二万人以上収容)をほぼいっぱいにしたようです。
たぶん今回のCDJでもトップクラスの動員数なんじゃないかと。
たぶんこの日のベストアクトなんじゃないかな。
ロックのイベントなのにアイドルとか言われている二十歳そこらの女の子三人組が持っていっちゃう感じ。しかも謙虚で普通っぽくてかわいい(*´Д`*)
日本のロックの未来ってどうなの?なんて思ったりしますがどうでもいいことなのかもしれません。
CDJで歓迎され紅白にも出演するアイドルなんてかつていなかったしこれからも出てこないんじゃないかなと思う。


「Perfumeはやっぱりアイドルなのだ」なんていう結論に達するような文章をよく見かけますが結局アイドルということにしておかないとまずいんじゃないの?みたいな感じをうける。
アイドルということにして自分の理解の範囲内に収めようとしているように思えるんです。
おれはPerfumeはアイドルという考え方がしっくりこないんです。
今回便宜上「アイドル」という言葉を何回か使いましたが。
だったらなんだよ?と言われるとちょっとわからない。
そのわけのわからないものがPerfumeの魅力なんだと思います。
まぁ、メディアは伝えるためになんとかカテゴライズしてわかりやすく伝えようとしてるのだと思いますけど。



今回のCDJはかなり満足できました。
おれのPerfume元年にふさわしいエンディングだったと思うw
あ~、楽しかった!゜。+・(・∀・).゜。+




関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。