Perfume@ZEPP東京「Black and Blue」20080621

中田ヤスタカ氏がTVのインタビューにこう語っていた。

「感情もないのに感情をこめた歌い方なんかが今ではすべてマニュアル化されていてつまらない。Perfumeの場合そのような歌い方をすべてやめて一度すべて平らにすることから始めた。平らにしてそれでも浮き上がってくる感情が本物なんだ」

確かこんな感じのことを言っていたと思う。

それを感じられたのがこのライブでの「マカロニ」だ。


Perfumeを揶揄するときに言われるのが「口パク」という言葉なんだけど、もうこの言葉を彼女たちに使うのは虚しく思えると思う。

彼女たちは実際には歌っている。基本的に生声とHDにある歌とのミックスだ。
古い曲は生声に近い感じで、新しい曲はHDの声の割合が高いミックスだ。
歌声のエフェクトがPerfumeの曲の特徴となっているため生声でやると全く違う曲になってしまうと思うし体力的にもあのダンスで歌い続けるのは無理だ。
これは賢明な選択だと思います。
バックバンドがいないからチケットも割安だと思うw
武道館でも5250円だからね~。
しかも3時間弱ぐらいやってくれると思うのでwMCも楽しいしw

もし仮に口パクだとしても逆に歌わないで歌の世界観を表現できている彼女たちはすごいと思うんだけどなぁ。
「マカロニ」を見るとそれを感じます。


彼女たちのライブがもつ緊張感やグルーブ感は一流のそれと同じくらい、いやもっと熱い。
ライブがホームだからなぁ。TV番組の人ではない。TV番組はアウェーだ。
是非ライブに行ったことない人は行ってみてください。
武道館のチケットはGETできたでしょうか??



マカロニはここに。




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。