Perfumeの10年、それぞれの10年

10年が長いのか短いのかわからない。
過ぎ去った10年は早いとみんな言うし、これからの10年は欠伸が出るほど遥か彼方にある。
Perfumeはとりあえずメジャーデビューして10年経ったという。
自分がPerfumeのことを知りたいと思ったのは「Perfume ソックス フィックス マックス」 @SHIBUYA-AXあたりだ。この時無理してライブに行っておけばよかったと何度後悔したか。
それは2008年の初頭のことでした。


そして今が2015年。僕にとってはPerfumeは7周年なわけだ。
でも、と言っちゃぁなんだが、自分が好きになって7年も続いているバンドやアーティストってなかなかいない。今やストーンズくらいか(笑)だいたい4、5年で解散しちゃったり活動をやめちゃったりするし。
そういうわけで一番長く見てきたバンド(ユニット)なのかもしれないなと思う。
一番ライブ会場に足を運んでいるのもPerfumeだったりするし、この結果にちょっと汗が出たりするんだけどそれはそれでしょうがない。精力的にライブやっているし結果そうなるよなぁ。


その10年の間にはきゃりーさんやベビメタちゃんたちも出てきてそっちのほうに行ってしまった人たち、その他AKBなどに行ってしまった人たち、さらに新しいアイドルを発掘するために地下に潜っていった人たちなど、いろいろな人がいると思う。
ただ自分は、他のアーティストたちの活動をうらやましく思いつつも、やっぱりPerfumeが好きだし、カッコいいと思うし、まだまだいろいろな可能性を感じる。
Perfumeに出会った時の衝撃を超えるものは自分の中では未だにない。



いつかたぶん終わりが来るんでしょうから最後まできっちりと見届けたいと思う。
最終的な夢が叶うのを見届けたい。
それは自分の感性が正しかったという答え合わせのようなものだと思っている。

この想いは最初から変わってない。






ちょっとキモいか(・ω・)
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。