Perfumeに関わった奴らの末路がやばいというまとめ記事について

ちょっと前に2chのまとめサイトで「Perfumeに関わった奴らの末路がやばい」というまとめ記事が挙がったのを目にした人は多いと思う。どんなものかというと、

中田ヤスタカ…田舎から出てきた売れない作曲家が一躍売れっ子プロデューサーに
関和亮…PerfumeのPV撮るしか仕事が無かった映像作家がグラミー賞OK GoのPV監督に
MIKIKO・・・スクールの講師で食いつないでたしがないダンサーがレディーガガとコラボするまでに

tofubeats…神戸でパフュの握手会に参加した田舎者が一躍若手トラックメイカーのトップに
       tofunbeats - another text for IDOL http://m.theinterviews.jp/tofubeats/41838
高橋優…札幌でパフュの握手会に参加した田舎者が一躍
鞘師&中元…Perfumeに憧れてASHに入った田舎者が現役アイドル2トップに
Negicco&まみり…Perfumeに憧れていた田舎者がご当地アイドルのトップに

嶺脇育夫…パフュを追いかけてから昇進しまくり社長に
宇多丸…売れないラッパーがTBSラジオでの1時間のパフュ話で評価されレギュラー番組獲得
掟ポルシェ・・・変化なし

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1414511198/



ちょっとした誤認や意地悪な言い方もあるが、掟ポルシェさんで落としているあたり、わかっているなと感じる。ちなみに嶺脇育夫さんはタワーレコードの社長だ。

Perfumeがブレイクする過程で面白いのは、有名なすごい人がPerfumeを発掘して売り出したっていうものではなく、Perfumeに関わる人たちも一緒にブレイクしていったという印象が強いということだろう。MIKIKO先生もNYライブが終わって、いろいろな景色を見せてくれる彼女たちに感謝したい、というようなことをインスタグラムにて書いていたが、PerfumeにとってはMIKIKO先生あってのPerfumeなのは言うまでもないことだ。ヤスタカ氏についてもそうだ。Perfumeのヒットでやっとブレイクできた、一つの壁をぶち破った感じ。GAMEのインパクトを超えるアルバムはいまだに出てきていないのではないかという書き込みがあったが、まさにその通りだと思う。

さっきの引用したスレを見てみると、Perfumeと接触することで人気が落ちていった人なども挙げているが、まぁ、いろいろと周りが動くのは普通のことなので仕方ないしあまり関係のないこともある。このスレはPerfumeが実はあげまんではないか?というようなそんな見方をしているのでそのように思える書き込みをちょっと拾ってみるとする。

・春菜・・・相方が結核したりして活動危機だったのに今や芸能界でもトップの芸人に
・真鍋・・・youtubeだけの人が世界で賞を獲りまくり
・ホルモン・・・対バンしたのちアルバム一位になる大飛躍
・久保ミツロウもコンピューターシティのリリイベで握手した
・MJ司会はポップジャムから数えても過去最長レギュラー 、 ラジオのスクールオブロックも過去最長レギュラー
・ジョン・ラセター・・・Perfumeをワールドプレミアの前日に食事に招待 製作総指揮を担当した「アナと雪の女王」が超大ヒット
・秦基博・・・新曲ヒットで紅白へ

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1414511198/



まぁ、書き方に文句がある人もいると思うけどちょっとした落書きだと思って流してほしい。よくいうチラシの裏だ。

このように書いてみるとファンとしては楽しいだろう。
たまにはこんなのもいいもんだと思う。
Perfumeが関わった人たちの運気を上げるあげまんなのかはちょっとわからないが、好影響を与えている部分があるのは事実だといえる。


関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。