アイドルとかその事務所が専用ライブハウスを持つ可能性はあるのだろうか

AKBは専用の劇場を持っているわけでそういう意味では最先端になってしまうかもしれないが。

アイドルとかアミューズなどのアーティストの所属事務所が専用の劇場やライブハウスを持つ可能性があるのではなかろうかと思っている。というのはすべてCDが売れないということが原因である。

椎名林檎さんがテレビでCDが売れないからキャバクラかキャバレーでもやろうかななんて話をしていたらしいが、CDが売れないのは今になって始まった話でもなく、過去数年にわたって言われ続けていることでもある。
その理由の中で面白かったのが、「今の若者はCDプレイヤーを持っていない」という元も子もないものだ。そういえば私でさえCDはパソコンで聴いている。プレイヤーは持っていない。スマホ使いの若者にとっては音楽はスマホで聴くものだろう。

理由はまぁ置いておくとして、現状CDは売れていない。
それでも活気ある音楽やバンドが生まれてきているのはうれしいことだ。CDの売り上げでは稼げないので、音楽をやるモチベーションが落ちる人もいるかもしれないと思ったが、そんなことはなかった。
でも、どうやって生計を立てていくか、ということを考えると音楽家としてバンドとしてやっぱりライブで演奏してお金を稼いでいくしかない、これが普通だろう。

音楽事務所で専用劇場を持つ場合は、新しいバンドを前座に据えて宣伝できたり、効果的な舞台装置を常駐させておくことができたり、アリーナクラスで全国ライブできるようなアーティストを出演させることによってプレミア感を演出したりしながら運営していくことにより新しい文化の発信拠点になるのではないかと思う。年を取ったアーティストがたまにライブしたりするのもいい。アリーナクラスのアーティストが7daysやったりとかそんな企画ものもいいと思う。

CDが売れないならもっと手軽にライブで稼ぐシステムが必要になると思ってこういうこと考えて見たんだけどどうだろうか?ミュージカルのように期間限定でロングラン公演するような感じでもいいと思う。KINKIKIDSの堂本剛さんがやったみなとみらいでのテント小屋のライブ(エンドリケリでしたっけ)もそれっぽい感じ。
Perfumeも定期的にどこかでライブやるとか専用劇場を作るとかになったら面白いと思うがどうだか。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。