Perfume"chocolate girls"

ARTICLE PAGE

SAYONARA国立20140529FINAL WEEK JAPAN NIGHT Perfume見に行ってきた感想とかレポとか

久しぶりのライブだ。
Perfumeがなんと国立競技場に連れて行ってくれるというので楽しみだ。
当方、高校時代にサッカーをやっていたので、そういう意味でも国立競技場は楽しみだった。
ドームに比べて少し小さく感じたのはスタンドが低いせいだろうか。ピッチにはプラスチックのフレキシブルに曲がる床材(うまく表現できない)をかぶせて芝を保護してあった。この芝は7年後はどうなるんだろうか?ちなみに聖火台にも火が灯っていてその火を生で見れてうれしかった。

席はちょうどアリーナの真ん中の真ん中くらいで、ステージ上ははっきり言って見えにくい。Perfumeの場合はダンスしているのは確認できた感じ。楕円形のカーブが緩い方をステージにしているので横幅を広くとっている。正面には大きなモニターが三枚。気が付くとこのモニターばかりみているというような状態になってしまう。でもないよりはいいか。ていうかこの映像のおかげで後ろの方でも結構楽しめたりするようになったと思う。
このパネルの映像をフルに使い切ったのがラルクとPerfumeだった。というかそのような演出だったということだ。ストレートなロックバンドなんかだと凝った演出をするよりも演奏シーンを素直に映した方がかっこいいと思う。


まぁ、そのストレートなロックバンドっていうのがトップバッターだったMAN WITH A MISSIONだ。
開演に間に合わなかったこともあり、彼らの演奏は3曲ほどしか聞けなかったが、そのような印象を持った。
派手な外見に似合わずというかなんというかすごく謙虚ないい人たちなんだろうなと思ったけどどうなんだろう?
会場に入ってすぐに気になったのが音量だ。久しぶりの野外だしどうなんだろう?と思ったがやはり都市部の平日ならば少し小さめなのが当たり前なんだろうな。それがちょっと心残り。特に低音は出ていない。
NAVERのまとめで、今回のライブでPerfumeを見て気に入ってしまった人たちのツイートがまとめられていたが、ワンマンライブはこんなもんじゃないからということをしっかりと伝えていきたい。大切なことなので二回くらい言いたいと思う。

「Perfumeのワンマンライブはこんなもんじゃない!」

ちなみにそのまとめがこれ
Perfumeファン増加?! 国立競技場でPerfumeに魅了された人々

17:30開演で今の季節だと19:00くらいになってもまだまだ暗いとは言えない。
そういうわけで明るい中、遅れて席に着くのがちょっと恥ずかしかったが、そんなことはどうでもいい。
二番目のバンド、SEKAI NO OWARIが始まった時でもまだまだ明るかった。
このバンドの音楽を初めてちゃんと聞いたと思った。銀河系の悪夢という曲が印象的で、鉄拳さんが例のパラパラ漫画みたいな映像を担当していて、その映像をこの曲を演奏するときにはいつも使っているのかな?今回はそうで、映像の内容は精神的に病んでいく主人公の物語みたいなもので少々きつい内容なのだが、最後に観客が言う「おかえり」の一言でかなり救われる。フェスっぽくないと言えばない曲なんだけどアリだと思う。詩がよく聞こえたので聞いていたんだけど結構なんか比喩とかが素直だなと思った。これからが楽しみなバンドだと思う。ギターの人のSGはカッコよかったです。

SEKAI NO OWARIの演奏が終わって空を見上げると夜がそこまでやって来ているようだった。
このへんだよなぁ、野外の醍醐味は。
ちょっと長くなったのでPerfume編は次回に。



ところで、このサンゲツのCMあ~ちゃんにちょっと似ているのでお気に入りです。
山本美月さんとおっしゃるのですね。



関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。