Perfume"chocolate girls"

ARTICLE PAGE

Perfume Live at 東京ドーム20131224

Perfume東京ドームLIVE20131224

遅くなったが東京ドームライブ20131224に参加できたのでその感想を思い出しながら書いていきたい。
本当にこれ以上ないくらい忙しかったのだが、ポツンとその日だけ偶然に時間が取れたのだ。
これは行くしかないという感じ。縁のあることはいつもこうだ。

●セットリスト
Enter the Sphere
Spring of Life
Magic of Love
-MC-
1mm
Clockwork
ポイント
-MC-
ふりかえるといるよ
Sleeping Beauty
Party Maker
Spending all my time
コンピューターシティ

エレクトロ・ワールド
ジェニーはご機嫌ななめ
ワンルーム・ディスコ
未来のミュージアム
「P.T.A.」のコーナー
だいじょばない
ポリリズム
チョコレイト・ディスコ
-MC-
MY COLOR

Dream Land

LEVEL3のライブなのでそのアルバムからの選曲が主になってくるのは当然なのだが、まだまだ聞きたかった曲も多い。
久々に上下上上下上下下で盛り上がりたかったしTSPSも季節がら聴きたかったし。


●Enter the Sphere
もちろんこの曲がオープニングだ。この曲以外考えられない。
sphereとは球体とか天体とかいう意味でこのライブのセットもそのような球体をモチーフとしたものになっていた。
それにプロジェクションマッピングで映像を映し出すような。
球体から彼女たちが現れてまた球体の中に去っていくという演出。
演出自体はそれほど新しいとは思わなかったがプロジェクションマッピングのおかげでかなり面白いものになっていた。

●東京ドームの音
見ていたのは一階後方の三塁側。
ライブが始まる前にいつもスポンサーのCMが流れるのだが、その時の音が最悪だった。
自分の見ているところまで届いていないような感じ。ライブが始まってもこれだとヤバいなと思っていたら案の定その通りに。
いつもの低音はまったくなく耳を突き刺してくるような音もない。なんだかずっと向こうのほうでライブをやっている感じ。周りの拍手がよく聞こえる。
今まで見たライブでも最低な部類だった。
後から聞くところによると東京ドームには音量の制限があるらしい。ちなみに京セラではガツガツ来ていたようだった。
ライブを見るほうにとっては東京ドームにあまりこだわってもらいたくないのだが、人が集まるための設備があり警備のマニュアルもできあがっているので使う方としては使いやすいのだろうと思う。
何よりもステイタスなんだろうし。
ただ、Perfumeの魅力をすべて表現できていないので惜しいと思う。

●西脇幼稚園開園
今回はクリスマスということもありサンタの衣装を着る場面もあったのだが、そのなかでもPTAのコーナーでみんなで踊ったサンタ・トナカイ・雪だるまのダンスがいろいろ楽しかった。
四つ打ちにあわせてサンタ・トナカイ・雪だるまと簡単なダンスを踊るのだが、雪だるまのダンスが躍動感があり可笑しいのでサンタ・トナカイとくると雪だるまのダンスへの期待で思わず笑ってしまうというもの。
老いも若きも女の子もおっさんも踊る踊る(笑)のっちもかしゆかさえも園児にしてしまうあ~ちゃんはやっぱりすごかった。
さっきまでヘッドバンキングで音に反応していた輩もサンタ・トナカイなどとかわいいダンスをみんなと一緒に踊っていた。
小さい子から大人まで健全に楽しめるのは本当に素晴らしい。誰かを馬鹿にするわけでもなく、そこに皮肉があるわけではなく。

●コンピューターシティ
今回の超目玉というか一番の盛り上がりを見せたのがこの曲だったと思う。
ほんと久しぶりに聴いたのだがやっぱりいいわ、これ。
この曲を聴くとPerfumeの曲調も変わったなと思うが、それが良いのか悪いのかはわからない。でもこの曲はいい。
手拍子くらいで参加していた人たちがいきなり振りマネをしだしたのもこの曲だった。みんな好きなんだなと。
Spending all my timeの360度プロジェクションマッピングというハイレベルな演出の曲が終わった瞬間にこの曲が始まるポーズが見えたのだが、その時の歓声はすごかったしおれも思わず驚きの歓声をあげてしまった。
その瞬間というものはなんだかハイテクを駆使したアンドロイドのようなものから生身の人間に変わったような印象を受けた。

と、まぁ、パッと思い出すのはこれくらいでまだまだある。
思い出したら書いていきたい。


舞台と音とマイクがあればその場をPerfumeのライブといわれる空間に彼女たちは変えてしまう。
それが彼女たちの真骨頂だ。
そこがデパートの屋上でも東京ドームでも。
そこに過度な演出は本当は必要ない。
ハイテクを駆使したライブということだけに目が行きがちだしそこだけを評価しがちだが、どんな場所でも自分たちのライブ空間に変えることができるということをもっと評価したいと思う。

次回はPerfume Weekと称して一週間連続でZEPP東京で、とかもありだと思う。
とにかく小さいところでみたい。というのは、自分の2013のベストライブがLive at NHKだったから。
今のPerfumeをライブハウスで見るのはかなりの贅沢だといえるだろう。


関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。