Perfume ダンスコンテストに行ってきた パート2

シュレックさんのちょっと力が入り過ぎた「角野卓造じゃねぇよ~」で始まったダンスコンテストだったが、関さんと同じくツッコミが入りまくったはのっちだった。まぁのっちはそういうキャラなので仕方ないが、クネクネしているとか言われたり、久々の豪快な噛み様っぷりを披露して場を和ませたりした。突っ込まれた後頬を少し赤らめたりするのがかわいい。

ユーストでの配信でどれくらい映っていたのかわからないが、三人のリアクションはホント面白かった。特に西千葉大学のステージが始まった時、大ウケしていた。三人の斜め後方の席だったのだが、ステージと彼女たちの両方見ていたかった。こういう時にワイプで抜いてくれんかね、と思ったけど無理ですね(笑)審査に関してはなぜかあ~ちゃんが広島弁がかなりきつくて、じゃけ、じゃろを連発。「ジャズじゃけぇじゃろ?」には笑った。JJJだ。それにつられ、かしゆかも広島弁がかなり出ていて、普段はあまり広島弁が出ないのっちもちょっと出たりしてドキッとした覚えがある。

コンテストはMCのハリセンボンのお二人ががんばったのもあるし、PTAの温かい空気感もあって中だるみすることなく進行していった印象。
きわめぶろん、じゃなかった極め部門の優勝はPerfumen。

このへんになってくるとどれもクオリティが高く、だれが獲ってもOKな印象。

創部門はPinkchild

一番ステージ映えした印象。前回優勝の就職氷河期はちょっと表現が繊細すぎたかなと思う。一番好きなんですけどね。

インターナショナル部門は極み部門のTeam Perfume Hong Kongと創部門のSexy Mafia。
この部門はまだまだこれからだと思う。実際に会場まで来てくれるといいのだがなかなか難しいだろう。しかしそこを乗り越えれば途轍もないダンスコンテストになるだろう。

また、急遽作られた賞だったが、クリエイティブ賞にそうでない人ユキジさん。
ユキジさんは三角ツアーのときだっけかな、ステージ上の彼女たちにいじられて有名になった人。二丁目界隈ではPerfumeはどんな評価なんだろうな?人気あるのかなぁ?
そして極め部門の特別賞にProfumoちゃん。彼女に関しては前のエントリーでたくさん書いたのでそちらを見てほしい。応援してます。

http://www.perfume-web.jp/cam/miseyoLEVEL3/

優勝チームはステージ上でPerfumeと一緒に踊ることができるというのが特典なわけだが、踊る前にステージ上で彼女たちと打ち合わせしているのを見てとてもうらやましいと思った。おれなんかだとニヤニヤして打ち合わせたことが頭に入ってこないだろう。

ユーストの配信が終わった後、会場限定のライブが行われた。
これは前回もやったので今回もあるかなと思っていたのだが、なんとカンヌバージョンの「Spending all my time」をやってくれたのだ。この出し惜しみしない感じ、できるだけ多くの人に見せたいという想いを感じて感激した。チームPerfumeはホント素晴らしいです。
そして安定のチョコディスで締めて終了。
笑いあり、感動の涙ありで楽しいイベントだった。
もし参加を見送った人がいたならぜひ体感してほしい。生のダンスには途轍もないパワーがある。




でもチケットが取れなくなるのは困るけど(笑)
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。