Perfume"chocolate girls"

ARTICLE PAGE

Perfume LEVEL3を聴いた感想

LEVEL3をやっとゆっくり聴けたのでその感想を書いていこうと思う。
Complete Bestがベストなので、GAME、⊿、JPNに引き続き4作目のフルアルバムという感じだ。
アルバムというのはある意味ライブ以上にアーティストにとっては一番大切なものだと思っている。そしてそのリリース時にはライブ同様ドキドキするものがある。
では、早速書いていく。


01. Enter the Sphere
例のグローバルサイトの曲。海外ライブのオープニングにも使われた奴。
今回サビと間奏の部分が付け加えられたがこれがちょいROCKテイストでかなりアガる。
間奏の部分はPerfume初のシャッフルのリズムでどういう振付になるか楽しみだ。

02. Spring of Life (Album-mix)
「踊れるアルバム」と本人たちも言っているように、よりダンスチューンになっている。あの間奏の部分をイントロに持ってくるのは正攻法だ。新しく付け加えられたリフがカッコいい。イントロ、アウトロともつなぎやすい形になっている。

03. Magic of Love (Album-mix)
今回一つのメロディが加えられた。それでちょっと印象が変わった感じ。このアレンジは1mmと同じ感じだ。アルバムの中の曲の統一感を出そうとしているのかと思ったり。サビに絡むメロディがスリリングだ。このへんはホントうまいと思う。

04. Clockwork
今回のアルバムで特徴的なのは歌詞がただ単に愛とか好きとか夢とか希望だけを表すものではないものが多いということだ。この曲もその中の一つ。あえて聞き手のミスリードを誘うような歌詞だと思う。歌声を聴いていると同じサビであってもかしゆかがよく聞こえたりあ~ちゃんがよく聞こえたりする。もしかしたら同じサビでも一番と二番で割合をかえているのかもしれない。まぁ、気のせいかもしれないが。

05. 1mm
今回先行で発表された曲だけあってなかなかいい。聴けば聴くほどよくなるスルメ曲だと思う。間奏の感じとかカッコいいなぁ。「最終電車に揺られてる このまま遠くへ行きたくて」のところの振り付けが、ただ電車のつり革をつかまっているという振付なのだがこれがたまらなくいい。たったこれだけのシンプルなダンスが映えるのはこれまでの彼女たちがやってきたダンスがあるからなのだろう。歌詞も20歳そこらのイケイケな感じからちょっと挫折感がみえたり現実が見えたりして大人になった感じがする。

06. 未来のミュージアム
あ~ちゃん曰く「この曲はいい意味でも悪い意味でもぶった切るじゃん?」
確かに異質な感じがするのだがそれをそのままアレンジもなくここに収めたのは、ドラえもんリスペクトに他ならないと思う。

07. Party Maker
これはライブ専用曲とも言っていい感じ。ライブでの使いどころが楽しみだ。曲も手拍子とか入っていてライブの喧騒とかも聞こえてくるような感じになっている。7分超という曲の長さも全く感じさせない構成は素晴らしい。

08. ふりかえるといるよ
若干スローな曲でその優しいメロディーともにとても気持ちいい曲。レゲエなんかにすぐにアレンジできそうな曲。相対性理論ぽく聴こえたのでやくしまるえつこさんあたりがカバーしたら面白いなと思った。
ふりかえるといるのはたぶんふかふかの布団と真逆なものだろう。

09. ポイント
3曲入りシングルSpending all my timeに収録されていた曲だが今回アルバムに組み込まれた。ドラムンベースはPerfumeでは初だ。キラキラ具合がハンパない感じ。このアルバムの中では未来のミュージアム同様少し浮いている印象。

10. だいじょばない
未来のミュージアムのカップリング曲。この曲のダンスはめっちゃ動くしちょいレトロでびっくりさせられた。びっくりさせられたとはやわらかい言い方で、実はニヤニヤしてしまった。よくないとか大丈夫じゃないとかヤスタカさんのこのへんの日本語の使い方が好きだな。大丈夫と言っておきながらほんとはそうじゃないとギリギリで本音を言う感じ。長いものに巻かれそうになるけど最後の最後で踏ん張っている感じがいい。

11. Handy Man
Magic of Loveのカップリング曲。なんとなくロシアの下のほう、東アジアとかマイムマイムとかを思い出してしまったがどうだか。

12. Sleeping Beauty
ほぼインスト曲。アルバムGAMEのButterflyっぽい位置づけ。ちなみにブックレットのこの曲の部分のノッチの写真がかわいくてかわいくてw

13. Spending all my time (Album-mix)
このアルバムのメインを張ってもいいと思える曲。カンヌでおなじみのあのバージョンだ。聴いていると脳内にあの映像が蘇ってくる。all my timeから始まる中間の新たに加えられたあの部分がかなり好きでここだけリピートしていても気持ちいいと思えるほど。

14. Dream Land
このアルバムの中で一番気に入った曲というか気になった曲だ。題名だけしか知らなかったときは舞浜あたりに通じる夢の国賛歌かと思っていたけれど、そうではなくて「夢の国から帰ってきて」という否定はしないがそこにいると危険だよと毒だよと言っているような曲になっている。
全て完璧な夢の国とはどこなのか?と疑問に思うが、そこはあえて聞き手に任せるという感じの詩の構成。どのようにもとることができるが、ひとつ例をあげるとするなら二次元とかネットでのコミュニティとかそれにあたると思う。「気持ちのないやさしい言葉の毒」という表現はいいな。
Perfumeもどちらかというと夢の国を提供する側なんだけどな、とも思うが。でも、これは歌の世界観のことでPerfume本人と照らし合わせても意味がないしそうするのは間違いだろう。


これはただ一個人の感想なので、この人はこういうことを思ったんだなと長い目で見てほしい。

アルバムとはそのアーティストの方向性とかこれからしたいことなどを表している場合もあるが、Perfumeの場合は制作がヤスタカ氏にゆだねられているのでいまのPerfumeを切り取った形がこれ、という見方のほうが正しいと思う。歌詞の幅も広がって、いや、広げてきているようだ。そういう意味ではこれからの活動がもっと楽しみになってくる。

これはもちろん海外でも発売になるだろうしその反応も楽しみだ。
そういうのが拾えれば紹介していきたいと思う。



DVDのおまけはあのカンヌでのプレゼンも付けてくれたらよかったのにと思う。どうせならBDがいいけど。
麺カタライブは行けなかったので様子が見れてよかったが逆に悔しくもあったw
Perfume Radioで印象的だったのは、のっちのつたない微妙な企画でも「うん、うん」言って聞いてあげているあ~ちゃんがよかった。のっちがあ~ちゃんが好きなのがよくわかったwこいうところなんだろうな。
ラジオはドッキドキon Air、Perfume planet、マジカルシティ、パンパカパーティー、と今のSOLとやってきたのだが今のSOLでは不十分だと思うのできちんと30分ほどの枠をもらってやってほしいと思う。ラジオは意外と重要だ。
関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。