Perfume 未来のミュージアム

きゃりーの快進撃が止まらない。
中田さんとの親和性もPerfumeより上なんじゃないかとも思う。どちらもある意味変わり者同志だし(失礼)キャラがこれでもかというくらいに立っているので曲も作りやすいだろうなぁ。

売り出し方にもいろいろあるがシングルを発売するペースもここぞとばかりに、今売らなきゃいつ売るの?今でしょ!と言わんばかりの発売ラッシュだ。こういう振り切り方は気持ちいい。今や流行なんて一瞬で過ぎ去ってしまう世の中だ。戦略なんてそれほど意味を持たない。考えるより決断することのほうがある意味重要だ。

世界進出も小気味よい速さで決定されて今はツアー中だし。ツアーの中でさりげなく日本でのライブも入れて世界ツアーにしているところもいいな。
とにかく身が軽い印象。パソコンやスマホ片手に世界を渡り歩く感じがしてすごくいい。

後は大ヒット曲がほしいところだと思う。
新曲のninjari bang bangはその可能性を秘めていると思うけどどうだろう?
ただ日本でシェアを奪うようなヒットの仕方ではなくて世界中でダウンロードされまくるんじゃんかろうか?

「あたしアイドルじゃねぇし!」と言っているくらいだからスキャンダルとは無縁だし(笑)まぁ、ファン層が違うからこの辺の心配はいらないな。
TV.brosのコラムは面白い。

一方Perfumeのほうだが、Perfumeが動くときには一大プロジェクトとして多くの人がお金(スポンサー)が動くようになってきたと思う。売れるというのはこういうことだ。だから失敗も許されない。
素軽さはないがそのかわり大きなところと仕事ができるようになった。
それが今回のドラえもんとの共演だ。

自分たちが絵になってドラえもんのアニメの世界に行けるなんて考えたこともなかったと思う。これはうれしいだろうなぁ。朝日のアニメの看板番組でもあるだけにそれに付随する露出も期待できる。徹子の部屋にも出演できる(笑)遅いよなぁ。なんでだろう?この前きゃりーが出演していた情熱大陸とかもまだだし。

でもこれで子供たちがPerfumeおねぇさんに注目するようになってくれたらうれしい。

(続く)
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。