Act Against AIDS 2011 Perfume ライブレポ

今年もAct Against AIDSの季節がやってきた。
これで3回目だろう確か。
それにしてもおばちゃん多いな、いや熟女多いな(汗
どのようにしてチケットを入手しているのか知らないが、そのような客層が多すぎる。
ステージで歌ってるのにぺちゃくちゃと熟女のおしゃべりは続く(笑)
自宅で友人とテレビを見ているような感覚なんだろう。

でも、ポルノファンは意外と多いと感じる。Perfumeファンはいつも少ないなぁ。
来年は11/30が復興イベント12/01がAAAとなるらしい。2daysだ。
もしかしたらもっと曲数が増えるかもしれない。来年も行けるかどうかわからないが。

ではPerfumeの出演した場面を思い起こしてみよう。
自分はアリーナ正面の後方より観戦していた。

◆レーザービーム
今のPerfumeにはタイアップの曲が多く一見さんでもより楽しめるようになっていると感じる。
それなりに盛り上がる。
でものっちの衣装だけなんだか異質だ。
これはいかん。のっちの上着だけボーダー太く色味が違う。
これが終始気になった。
この曲では振付でうなずく箇所がたくさんある。
それに合わせて自分も少しうなずいていることに気付く。これはキモい。焦った。

そして挨拶&MC
MCは緊張してるから曲行きま~す、くらいですごく短かった。

◆スパイス
これをライブで初めてみた。
正面で見れたのでいろいろ楽しめた。
間奏の部分とかいろいろとすばらしいな。
「ドラマの曲だね~」っていう声が周りから聞こえてきた。
「そうだよ~」とテレパシーで直接脳内にメッセージを送ったがきっと届いてないだろう。

◆ポリリズム
これを武道館で聴くのは格別だ。
感動しているのはファンだけだと思うがw
ポリループが終わっても歓声があまりないのはちょっと寂しかったが。

歌が終わった後しばしインタビューみたいな形になった。
Perfumeのパフォーマンスは飽きずにずっと見ていられる、なんて言われていた。


う~ん、せめて5曲ほしいなといつも思うが仕方ないだろう。
3曲でも来る価値のあるライブだと思う。


グランドフィナーレには出演者が総出でステージで曲を歌う。
そして手に持ったボールを投げる。
この時ばかりは前のほうがうらやましい(笑)
Perfumeの遠投可能距離内にいればきっと僕はマイケルジョーダンのように華麗にジャンプしボールをキャッチしてまわりのド顰蹙を買うことでしょう。


武道館を出ると冷たい雨が降っていた。
みんな傘をさすもんだから顔に傘の先端がバシバシ当たる。
前に傘を持っていない二人組が歩いていたので傘を高く上げてその人たちもこっそりカバーしたった。
三浦春馬くんや佐藤健くんじゃなくてごめんねと心から思った。


来年も行くぞ!
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。