Perfume"chocolate girls"

ARTICLE PAGE

なんでいまさら?Perfume531@横浜BLITZライブレポ

そうだ、書くの忘れていた。
2008年5月31日、この日が記念すべき初Perfumeの日になった。

当日は小雨が降っていた。
開演前に傘をさした列が歩道に長く伸びている。
おれの席は二階の指定席でいつ入場しても席が確保できているので焦りはなくその列には加わらずにライブ前のなんともいえない雰囲気を楽しんでいた。
ライブの始まる前の期待感はいいもんだ。

並んだ列を見渡してみるとびっくりしたことに男率が異常に高い。
これはどうしたことだ?なんでだ?いつもこうなのか?
おれもこの中の一人だと思うとちょっと(´・ω・`) だったがなんとか持ちこたえた。
ライブの期待でいっぱいだったからである。

しかし客層は雑多だ。
おれはソウル・R&B系が好きなんだが、ロックぽい奴もいるしA系のやつらもいる。
もちろんテクノ系のやつらもいるだろう。
彼女たちもA系に振れていたこともあるし陣営のいろいろな迷いがこの客層に表れているともいえるが、その音楽性・POPさがこれだけ雑多な人を集めているともいえる。
みんなそれぞれの思いで彼女たちに期待を寄せているのだ。


会場に入ってみると意外に小さく思えた。
おれはなんと二階の後ろの端っこという位置。今で言う痛い立ち位置だ。
でも視界良好で空気もおいしそうなんでまぁいいかなと。
ドリンク片手に開演の時を待った。

一階はすごいことになってきている。
小さな盛り上がりが関係者席のほうで起きていた。
このときはわからなかったがHAPPY!のメンバーのにしおかすみこと直ちゃんだったそうだ。
そんなこともありながら時間は刻々と過ぎて行った。

開演のアナウンスがあり会場の緊張感が高まる。
う~ん、ライブはやっぱりいいな(^ω^)
音楽はCDやDVDだけでなくライブ会場でも起こっているのだ!

ステージには大きなモニターが3つあってそれに映像が流れ始めた。


キタ(・∀・)!


おれはどういうライブになるのか全く想像がつかないでいた。
楽器が演奏されないライブは初めてだ。
クラブ寄りの雰囲気なんだろうか?
でっかいウーファーがステージ脇に積み上げられるのかな、なんて思っていたがそうでもなさそう。



モニターには彼女たちを表す三匹の蝶が夜の都会を舞っていた。
そしてステージ脇から白いマントを羽織ったPerfume登場!
30センチほどの高さの円形の台の上に立ち位置につく。
ここであ~ちゃんの呼吸する音。
その後キックの音がドスンと何発か会場に轟いたあと白いマントが翻った。



キタ!一曲目はGAMEだ!

(つづく)





関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。