アイドルは応援すればするほど近い存在にはならずに遠い存在になっていく

ライブビューイングの入金を済ませてきた。
今度はアメリカだ。お客さんの反応がどうなるか楽しみだ。メディアはどんなふうに取り上げるのだろう?
サッカーでもそうだが欧米のメディアって無駄に比喩がうまく笑ってしまうこともしばしば。楽しみにしている。

アメリカかぁ~、と思う。南半球には行ってないが北半球は制覇する勢いだ。
ほんと、アイドルって応援すればするほど遠くに行ってしまうものだなと思う。
アイドルって好きだのかわいいだのっていう恋愛感情的なものが入っているのが普通で、だからこそ応援したくなるものなんだろう。普通の恋愛なら、対象となる彼女のために努力すればするほど近い存在になれるのが普通なんだけど、アイドルが対象だと、そのアイドルのことを想い、CDを買ったりライブに行ったり友達に教えたりしているうちにだんだんと遠い存在になっていくものだ。
小さなライブ会場で身近で見れていたライブも会場が大きくなるにつれだんだんと小さくしか見れなくなっていく。ステージと座席の間には大きな溝ができていたりする。

今と昔を比べてみると、昔というか80年代くらいは、アイドルのファンというものは、アイドルに対する憧れのようなものが強く、それがアイドルを応援する原動力になっていたと思う。今現代のアイドルファンというのは、昔のような憧れが原動力になっているファンも多いかもしれないが、「おれが有名にしてやる」といったスポンサーのようなファンもいるようだ。リターンのない投資のようなものだ。
例えばオリコンの順位を上げるためにCDをもちろん個人でたくさん買っていたりする。ライブやイベントがあれば全国各地を飛び回る。ファンクラブのグッズももれなく買う。布教活動と称し友達を強引にライブに誘う。一生懸命稼いだお金をここにすべてつぎ込む。それを何回も繰り返した結果、そのアイドルは遠くへ行ってしまうのだ。

現代の純愛物語だよ、これ。


こういう相反する悲劇的な(当事者はそうは思っていないと思う)結末から学んだ結果、アイドルと微妙な距離を保てるように努めるファンが団結していくかもしれない。アイドルには悪いが微妙にブレイクする感じで結果として一生ライブハウスクラスで終わるのだ。ちょっと意地悪な感じもしなくもないが、こういう中でもアイドルであることの幸せを感じることができるかもしれないし、ファンはアイドルがずっと近い存在なので幸せだろう。

でも絶対そうはならない。このようなことには決してならない。
なぜならアイドルファンは純粋だからだ。
スポンサーサイト

20140920イベントで行われた掟ポルシェ×宇多丸対談のまとめ

タンブラー見てたら掟さんと宇多丸さんのPerfumeファンイベントでの対談のまとめが挙がっていたので引用したい。
Perfumeがとってもお世話になったこの二人。今のこの状態をどのように思っているのだろうか。


483 :ファンクラブ会員番号774:2014/09/29(月) 02:55:16.60 ID:YpdpXJzG
流れも読まずに深夜に投下失礼
需要あるか分からないけど、掟・宇多丸対談のレポです(緘口令の部分を除く)
一週間経つのに誰も詳細なレポは上げてないと思うので覚えていること書きます。
スレスピ早すぎて全部追えてないから誰かと重複してたらスマソ

・あ~ちゃんは昔からヒドイ。言ってはいけなことを平然と言う
例:ファンに「Tシャツは洗濯するんよ(暗にクサいと言っている)」など

・3人はいつ会っても昔と変わらず、俺らをぞんざいに扱う(笑)

・あ~ちゃんとのっちはいいけど、かしゆかの扱いは難しい(宇多丸談)

・フリーで話すと天才的なのがあ~ちゃんだが、大喜利的な場合はかしゆかが天才的
例:「大山倍達といえば○○殺し」というお題でかしゆかの答えは「人殺し」だったw

・有名な早朝アイドルの後、真昼間から中華料理屋で打ち上げがあった
酔っ払いしかいない中に3人はちゃんと参加してた(おそらく石井マネの指導)

・掟の印象が強すぎて、あ~ちゃんの中では悪いことは全部掟のせいになっている
宇多さん的には「それやったの俺なのに、俺もその場にいたのに」と悔しい

・宇都宮の申し訳イベントについて、アイドルが作ったケーキが200円て!
と宇多さん的には思うが、あ~ちゃんは今だに「200円は高い!」と言う

・洞爺湖の申し訳イベントでは3人にラーメンの湯切りをさせて700円で売っていた
そんな状況でも3人は仕事で北海道に来れたことを喜んでくれていた

・掟はとにかく3人を売り込むためにいろんな現場に3人を連れていった
例えば雑誌BLTの忘年会とか。中でも最も効果があったと思われるのが掟の結婚式
業界関係者がたくさん来ていて「あのグループいいね」と各方面から反響があった

・石川対バンの後、ツアー中にも関わらず特別に打ち上げが行なわれた
高級な料理屋みたいな会場だったが、あ~ちゃんと先生は最初の一時間くらいずっとライブの改善点について話し込んでいた。同じプロとして尊敬してしまった
終わってから料理屋を出ると満開の夜桜で、美しく成長した3人と一緒にこんな美しい夜桜を見れて「ここは天国か?俺は死んだのか?」と思った(宇多丸談)

正しいことを信じて続けてきた3人が、正しく評価されてブレイクした
これは奇跡であって、こんな奇跡は二度と起きない、と強調されていました
最後に対バン用に作ったナチュ恋のレコーディングver.を聴かせてもらいましたが、これを聴いた3人が泣いたのも納得の出来でした。いつかリリースされることを願います

以上長文失礼しました

【テクノポップユニット】Perfume 2847【千秋楽から一週間】



どこかのイケメンさんありがとう。


いつも身近で彼女たちのことを見ていた人たちだからこその話が多く面白い。
結婚式にまで呼んで業界人に紹介したのかと思うとすごすぎるなぁ。掟さんといえばPerfumeのカウントダウンライブ(ぜひまたやってほしいなぁ)の時に(07~08だっけ)差し入れとして小さい瓶に入ったドリンク剤をあげたらしいのだが、彼女たちはそのドリンク剤が「怪しすぎて飲めません!」とMCで言ったらしい(笑)


石川での対バンツアーの打ち上げ後の話が興味深いな。
>終わってから料理屋を出ると満開の夜桜で、美しく成長した3人と一緒にこんな美しい夜桜を見れて「ここは天国か?俺は死んだのか?」と思った(宇多丸談)
こういう感じってPerfumeといるとたまに遭遇する。俺は行ってはいないけど話に聞く沖縄で迎えたツアーの千秋楽でPerfumeと一緒に見た花火もなんか、何とも言えないふわっとしたものに包まれるような感じがしたとかで、似たような感覚だと思う。


で、ここで今自分の中で噂になっているのが箝口令を敷いたという発言内容なわけで。
知っている人は教えてほしいw
たぶんな話で有力なのがコンプリートベスト発売後のPerfumeの契約が解除されるんじゃないかという時にもっさんががんばってくれた話や徳間の長谷川さんや青木さんが尽力された話なんじゃないかなと思う。
だからというわけではないが千秋楽で「もっさんのために」という言葉が出た時に、このイベントに行った人たちはどう思ったのだろうと。俺ならそこでもう泣いているがw

そういう話ではないかもしれないんだけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。