求められればそれに応えるということは・・・

毎度のことながら会場を区分わけして声を出させるわけですが、21日はリ・二・アでした。
初日は後悔払拭だったというからちょっとびっくり。毎回そんなに意味のある言葉を使わないのに今回に限って後悔払拭だったなんて・・・その日に行った人はMCでいろいろ聞けたでしょうがそれをちょっと聞きたかったですね。
代々木の体育館を避けるように移動していたとか言っていたらしいが。まぁ、そのあたりのことを思い出してみようと思う。


代々木が2009でPerfumeの最大の目標だった武道館を2008年に制覇して当面の目標がなくなってしまった過渡期のような時期で、ちょうど写真週刊誌に交友関係がすっぱ抜かれたりした時期でもある。
のっちとかしゆかだけだったけど。また、信頼しているから言える中田さんに対するギャグのような受け答えが、その額面通りに受け取られてしまい一部炎上してみたり、インタビューではちょっと荒れたところを見せたりした(確かロッキン)


確かに外から感じるPerfumeは当時混沌としていたと思う。
こういうのが後悔払拭という言葉になったのかはわからない。
ライブはすごく良かったと思うし。
ただ最後のMCでわたしたちを見捨てないでというようなことを言ってたのが意外で、もっと他にいろいろあったのだと、そこから感じられたが。


ただ、バンドとかユニットとしてPerfumeはとてもうまく転がっていると思う。
とても理想的な形でゆっくりとしたスピードで着実に大きくなっていっている。


また、ちょっとした言い方の変化を感じた事柄がある。
みんなが求めるならPerfumeはそれに応えていこうという言い方だ。もう、どこそこでライブをやりたいとか野心的な発言はしなくなったと思う。アメリカに行くのだってカーズ2のワールドプレミアの時にファンがたくさんいてびっくりしたと言っていたその人たちに応えてのものなんだろう。
これって、逆の言い方をすれば、みんなが求めなくなったら私たちは消えていく、ということでそれはすごく悲しいことのように思える。
人間とは弱いもんで、人気があるうちにちやほやされてやめていく人とか、負ける前に辞めちゃう人とかいろいろだ。
みんなが求めなくなったら私たちは消えていくってもう妖精レベルの発言だよ。


そういう言葉の影にはやはり結婚とかあるのかなと思う。
あ~ちゃんの携帯には小さい子供の写真がいっぱいだというし、早く自分の子供を持たせてやりたいとも思う。持たせてやりたいとはおかしな言い方だけれども。
どちらの道を選んでもあ~ちゃんなら幸せになれるというか幸せを見つけることができると思うので心配はしていないが。
ファンはもう言わないまでも心構えはできていると思うけど。
スポンサーサイト

20140921Perfumeぐるんぐるんツアーライブレポ Perfume10周年記念!

ライブの余韻でいっぱいになった体と心を、ひんやりとした夜風にさらしながら渋谷駅までの道を歩いていると、だんだん感動が薄まっていくのに気づく。
綺麗なディスプレイやパッツンパツンのおねぇさんや行きかう車のヘッドライト、通り過ぎる人の甲高い笑い声など、そういうのを見たり遭遇したりしているうちに感動したことが一つ一つ消えて行っているような気がする。
現実にだんだんと引き戻されていっているのだ、と感じる。
あ~ちゃん曰く「つらいことがあっても頑張っていこうね」と。
ということで明日からも頑張っていこうかのぅ。


ぐるんぐるんツアー2014の千秋楽である21日、今日はPerfumeのメジャーデビュー10周年目にあたる日だということで記念日的な日に参加できてよかったと思っていたが、実際に参加してみると、思っていた以上にアニバーサリー感あふれるライブだったと思う。
GAMEツアーもチケットを手にしたときは千秋楽だと思っていたのだが、まさかの6月1日に追加公演となりまして記念日にはならなかったし。
今回はアメリカツアーも控えていたし追加公演もないだろうと踏んでいたわけなんです。

座席に着くとサプライズのイベント内容と厚紙が置いてありまして、なんだか妙に緊張しました(笑)
これはアンコールに入ってからは、いつくるかいつくるかとドキドキでした。観客はみんな大人でして、すんなりと指示通りに決めていらっしゃいましたが内心どうだったのでしょうか?
そうそう、ほんと大人でしたよみなさん。なんかサプライズに使う紙切れだけど関係ないところで掲げちゃう俺おかしいでしょ?とかいうようなバカっぽい人は皆無でした。


最後の曲「願い」が終わって終わりのMCに入ろうとしたとき過去映像がモニターから流れ出しました。この辺の編集のうまさはやはり公式ならではですよ。そして2014年の映像にはすでにこのぐるんぐるんツアーの映像も入っていました。
そして最後にコレオグラフですよ。カードを使った人文字とでもいうんですかね。
そして三人にカメラが切り替わったんですが三人とも下を向いて泣いていました。



ほんとこういうイベントに参加できてうれしいというかめったにない体験をさせてもらってありがとうとこちらも言いたい。
この日にここに居れたことがもう奇跡というかそんな気さえしました。一つ選択を間違っていたらここにはたどり着いていないだろうというか。
それが幸せなのか不幸せなのかはわからないけど、自分は21日に代々木にきてPerfumeのライブに参加し、ひどく心を揺り動かされたということだけは確かです。


ぷれぜんてぃっどばーい(あ~ちゃん風に)チョコラBBさんなので出口でチョコラBBを頂いて、グビっと一気飲みしたところ、空にV字編隊で鳥が飛んでいました。最初UFOかなと思いましたがw
UFOだったら大変ですよPerfumeがUFOを呼んだ?とか東スポに書かれちゃいますしw
しかもかなり高いところだったのですがかろうじて羽を動かしているのが確認できて鳥だと確信しました。こんな夜中にですよ。鳥目じゃないのかなと思いましたが。
でもその鳥をみてPerfumeはまだまだ凄いことになると思いました。インスピレーション的に。


とりあえずアメリカ公演が成功しますよう。ライブビューイングをよろしくお願いいたします。

9月21日Perfumeメジャーデビュー10周年記念Perfume祭りの詳細

おっと公式から詳細が出ていますね!
これは、渋谷のタワレコ経由代々木行きって感じで21日は楽しみましょうか。

2014年9月21日 (日)、Perfumeのメジャーデビュー10年目突入をお祝いして、全国CDショップ 21店舗にてスペシャル企画を実施します!!
是非、 皆様で一緒にこの記念すべき「Perfume Day」をお祝いしてください!!

9/21 (日) のみの「Perfume Day」スペシャル企画はこちら!!

① 「Perfumeスペシャルポストカード」プレゼント!!
実施店舗にご来店頂いた方に、「Perfumeスペシャルポストカード」をプレゼント!!
※数量に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。予めご了承ください。

② “おめでとうメッセージノート”設置!!
実施店舗にて“おめでとうメッセージノート”を設置します。
是非、10年目に突入したメンバーへ、皆さんからのお祝いコメントを記載ください。

③ オリジナルステッカープレゼント!!
実施店舗にて、9/21(日)当日、PerfumeのCD/DVD/Blu-rayいずれかご購入の方に限り、オリジナルステッカーをプレゼント!!
※現在、Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」supported by チョコラ BBの各会場にて、
PerfumeのCD/DVD/Blu-rayをご購入の方へ差し上げている、会場特典オリジナルステッカーと同じものになります。
※数量に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。予めご了承ください。

④ 「Perfume WORLD TOUR 2nd」に収録されるメイキング映像ショートバージョン公開!!
実施店舗にご来店いただき、お持ちのスマートフォンで特設サイトにアクセスすると、
10/1(水) 同時リリースするBlu-ray、DVD「Perfume WORLD TOUR 2nd」に収録される
メイキング映像ショートバージョンが特別にご覧いただけます!!
この日、限られた場所でしか見ることの出来ないスペシャルコンテンツをあなたのスマートフォンでお楽しみ頂けます。
「Perfume Day」特設サイト  http://www.perfume-day.com

⑤Perfumeの衣装とパネル展示実施!!
タワーレコード渋谷店では、更なるスペシャル企画としまして、
9/17(水)~9/21(日)の間、Perfumeの衣装とパネル展示を実施します。

http://www.perfume-web.jp/news/individual.php?id=252



この中で一番いいと思ったのはメッセージノートです。
今の時代だからこその手書きですよ。
ファンのアンケートも手書きということで、彼女たちは手書きのものが好きなんじゃないでしょうかね?
俺も好きですけどw

またスマホでも何か映像が見れるようで楽しみですね。
もうブックマークしてありますけどwしてない方はこちら
http://www.perfume-day.com


Perfumeの全米・世界デビューを過去に全米デビューした人たちと比べている人がいるけど

日刊ゲンダイが「宇多田ヒカルも失敗…Perfumeの全米進出は成功するのか?」こんな見出しでPerfumeの世界デビューについて書いているようだ。全文を引用すると、

2008年からNHK「紅白」の常連になっている女性3人組ユニット・Perfumeが全米進出するのだとか。

正確に言えば10月末から台湾・シンガポールなどを回る世界ツアーの一環として、米国も訪れるということらしいが、 「全米進出」などと聞くと、J-POPファンどうにも心配になってくる。かつては松田聖子もピンク・レディーも宇多田ヒカルもみんな通った道だが、ことごとく失敗しているからだ。

彼女たちは大丈夫か。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「過去に“全米進出”して成功した日本人は坂本九ぐらいでしょう。かつて『X JAPAN』が米国進出を目指したとき、ボクはたまたま近くで見ていましたが、 彼らは米国に居を移し、スタジオも買って英語も本格的に勉強していた。そうした下準備に2年ぐらいかけて“いざ、進出”となったが、 それでも小さな番組に呼ばれただけでした。ピンク・レディーも何回かテレビに出ましたが、水着で風呂に入れられるような役ばかりで、ほとんどイロ物扱い。

彼女たちもそうならなければいいですが……」

Perfumeは米国進出と同時に米国の老舗レーベルからCDも発売するという。もっとも、収録されているのは日本語の歌ばかりとか。

日刊ゲンダイ 2014年9月11日 10時26分
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140911/Gendai_19929.html



私はこのインターネットで世界中の出来事が瞬時に見れる環境において、改めて世界デビュー・全米デビューですって言っているのは何かおかしい感じがする。例えばYoutubeにUpした時点でプロアマ問わず一応はもう世界デビューだと言えると思う。この場合の世界デビューは単なる販路の拡大であり、アメリカで世界で積極的に売っていこうとか、これからは日本は置いといてアメリカ中心にしてプロモーションしていこうとかいうことではないと思う。

また、全米デビューとか世界デビューとかいう話になると、成功するだの失敗するだのという話になってくる。引用した文章もそのような感じで過去に失敗したといわれる人の例をわざわざ持ち出している。でも、何を持って成功とし何を持って失敗としているかはよくわからない。筆者の単なる印象のようだ。ハードルを下げているわけではないが、Perfumeの場合はYoutubeなどでマーケティングの結果、一定のファンがいることが分かっているので販路を拡大したということだろう。全米ツアーもあるしそれならCDも売れるだろうし。
その結果、天下を取るというかグラミーを取るくらい売れるということはないかもしれない。でも何事もやってみなけりゃわからない、未知数だ。世界各国にいるファンが喜ぶことは間違いないことだけど。


まぁ、この引用した文章に付け加えるとしたら、Youtube世代にとっては世界デビューとかはあまりピンとこない話で、ネット以前の人たちと比べてもあまりにも環境が違いすぎて意味がないな、と。Perfumeは芸能評論家の文脈で語られるものではないんじゃないかなということと、日本語で世界デビューできるのがネット時代のすごさだということ。これを粋に感じてほしいんだけど。この文章書いた人は、きゃりーのライブとかで観客が日本語で合唱しているのを知らないんだろうなと思う。

アメリカは今はハリウッド映画とかもそうなんだけどコンテンツ不足のような気がするので、Perfumeのような変わった感じのするグループはアメリカでも居場所を獲得すると思っている。とても楽観的に楽しみである。


代々木のチケットが来た。末席の末席だ。一番後ろ???w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。