MIKIKO先生、リカちゃん人形のアイドルグループHGSの振付けをする。

HGSとは原宿ガールズスクールの頭文字をとったものだ。
アクターズスクール広島のASHと同じようなものだ。
HGSではアーティストを目指す少女たちが日夜レッスンに励んでいるところだ。その中でリカ、ツバサ、ミサキの3人が、オーディションに合格しアイドルユニットHGSとしてデビューすることになったという設定なのだとか。


リカちゃん人形も各時代に合わせていろいろ変わってきたが、今回はAR(拡張現実)も取り入れてスマホと連携した遊びもできるという。彼女たちのデビュー曲はニコニコ動画などで活躍されているサカモト教授、そして振り付けは我らがMIKIKO先生が担当しているとのこと。女の子三人組でMIKIKO先生の振付ってどこかで見たことあるような気がしますね~(笑)


このシリーズのリカちゃん人形は4月発売なので動画が挙がってきたらまた紹介してみたい。
意外と楽しみだなぁ。
スポンサーサイト

あ~ちゃんのソロラジオ番組が始まる。新たなるPerfumeの掟。しかしなんで四国なの?

これは予想外だった。まったくないものだと思っていた。
Perfumeのメンバーがソロ活動を行うという。それも誰もが認める精神的支柱であるところのあ~ちゃんが、だ。
まぁ、四国という地方の30分間のFM番組なんだけど、これにはびっくりだ。

今まで何をやるにも3人で、というスタンスを守ってきた彼女たち。Perfumeの掟と言っているのか言ってないのかわからないけど、決め事に対しては真摯に向き合ってきた彼女たちにとっては大きな決断だったのではないかと思う。

まぁ、一般的に普通に考えてみると、今までが異常だったようにも思える。二十歳そこらの年齢ならそういうこともあるかもしれないが、もう彼女たちは25で大人の女性だ。それぞれのやりたいことがあってもおかしくはない。

組織を強くするには、個々の連携を深めるとともに個々のレベルアップも不可欠だ。サッカーの日本代表を例に例えるとわかりやすい。個々がそれぞれの所属するチームでレベルアップに励むことが日本代表をもっと強くすることにつながるのだ。本田、香川、などよくこのようなことを言っているし全くその通りだ。
Perfumeという組織でも、個々がそれぞれ別の場所で学ぶことがPerfumeをもっと魅力のあるグループにしていくのだと思う。こういうことが成り立つにはPerfumeが一番大切でここがホームだという共通認識が必要だが、これは言うに及ばないだろう。心配している人もいるかもしれないがこのことが元でPerfumeが崩壊するということは考えにくい。

一人ということで、しっかりと補足説明を入れてくれたりわかりやすくまとめたりしてくれるかしゆかがいないので番組はカオスになるかもしれない。のっちのボケがないのも寂しい。それでも一人でやるというあ~ちゃんの番組を早く聞いてみたいが、ラジコのプレミアム(有料版)でもカバーしきれていないという噂がある。AUのリスモWAVEというサービスで聴けるとかどうとか。おれもAUなんで試してみようと思う。

Perfume 4th Tour in Dome LEVEL3 で気になっている事柄

先週だっけかPerfumeのLEVEL3のドーム公演の円盤のTeaserが公式から公開となった。
発売は4月9日かぁ~。もうすぐだな。もうきっちり予約済みのことだと思うけど。

この映像を見て聴いて一番初めに思ったことは「音がいい」ということだ。
ドームの臨場感もあるし低音もあるし、ボーカルも聞き取りやすい感じだ。会場での不満が一気に解消されようとしている。いいヘッドホンがほしいところだ。
これだけでもかなり期待できると思ったけどどうでしょうか?



ドーム公演において気になったのがsamtの時にバックに映し出されたアルファベットのフォントだ。
これがなかなか不思議な感じでよかったんですよ。
今回のライブの題名にも特別なフォントが使われてたけどsamtで使われてたやつのほうが造形的に面白い。フォント作っている人は是非作ってほしいです。
いくつか覚えていたんだけどもう忘れてしまいました。

NHKドラマ10「サイレント・プア」Perfumeの新曲のタイトルはHold Your Handらしい。

昨日からツイッター界隈で言われてる情報。
Perfumeの新曲はHold Your Handというタイトルらしいのだ。
深田恭子主演ということでちょっと調べてみたら、「サイレント・プア」というドラマを見つけた。
NHKのドラマ10という枠で2014年4月8日(火)から午後10時~10時48分(連続9回)に放送予定。ちなみに総合チャンネルね。
その他の出演者は、深田恭子、北村有起哉、桜庭ななみ、坂井真紀、山口紗弥加、渡辺大知、香川京子、市毛良枝、米倉斉加年など。役者に疎いおれはよく知らない人ばかりだ。

内容がちょっと社会派みたいな感じ。

サイレント・プア――声なき貧困。いま、そんな「見えない貧しさ」が社会に広がっている。それに立ち向かうべく新たに全国各地に登場したのが、コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)という仕事だ。里見 涼(深田恭子)は、絆の薄れつつある東京下町の社会福祉協議会CSWとして、今日も愛する町を駆けまわる。涼が出会うのはゴミ屋敷の主、引きこもり、ホームレス、若年性認知症など、懸命に生きながらも現代の社会的孤立の淵に沈んだ人たち。彼らに手を差し伸べ、それぞれの人生に触れて行く涼だが、そんな涼自身にも独りで抱え続ける絶望的な孤独があった。
人は何度でも生き直せる――その信念で走り続けた涼がその先に見出したのは、自らが手を差し伸べてきた人や町に支えられ、新たな生へと踏み出す自分自身の姿だった――。


http://www9.nhk.or.jp/dramatopics-blog/22000/177403.html

なかなか興味深い内容じゃないか。
ということで、こういうドラマに合う曲を作ったということならかなり興味が湧く。
今までは、まぁ、それなりのドラマというかドラマにははっきり言って恵まれていなかったけど、これは名作の匂いがする。
でも、見てみないとわかんないよなぁ。


それもこれもこのツイッターの情報がホントならばという限定つきだけど。

地下アイドルを含めてアイドル市場は拡大していくのだろうか?

ちょっと前のエントリーでBABYMETALのことを書いてちょっと調べてみた。生バンドばかりではなくスタッフがやるエア演奏の場合もあるらしい。生バンドは神バンドと言われているとか。
曲も好みの話だがギミチョコ以上の曲はない印象。これ系統の曲を、スーパーキャッチーな曲を量産すれば簡単に突き抜けるんじゃなかろうか?まだ1stアルバムが出たばかりだしまだまだこれからですね。
ちなみにギミチョコのPVの終盤に見せる向かって左側の女の子の笑顔がたまらなく好きだ。MIKIKO先生とチョコレイトの親和性も感じられた。


こういうのを見ていて今、アイドルの市場ってどうなっているのだろう?という疑問がわいたのでちょっと調べてみた。
市場自体は2007年からずっと右肩上がりで年率14%ほどの伸びを示しているという。
ソースはこちら。

グラフとチャートでみるアイドルビジネス

これはたぶんAKBによるアイドル全体への波及効果が大きいと思うのだけれども、デフレで経済が低迷していた時期でもあるし堅調すぎる伸びだと思う。お金があって、勢いがあるところには優秀な人材が集まってくる、というのが世の中の流れだ。それはTeam Perfumeのメンバーを見ていてもわかる。それがまた話題を呼び注目を集め、市場が大きくなるというよい循環になっている。

一方、そのような状況下ではアイドルに憧れを持ってアイドルになりたいと行動を起こす人たちも増えてくる。今では地下アイドル、リアル系アイドルやインディーズ系のアイドルと言われる人や、地方のご当地アイドルなども生まれてきた。こんな現象がアイドル市場の底を支えていると思う。今やオーディションや面接を受けなくてもアイドルになりたい人がアイドルとして活動してもおかしくない、というほど社会の目は変わった。十数年前なら失笑物で後ろ指を指されまくっていたはずだ。例えば、歩行者天国などで一人でカラオケをバックにアイドルらしい衣装を着て歌い踊る女の子がいたとしよう。ずっと前の話なら当然奇異の目で見られていたのだが、今ではちょっと聴いていってもいいかなと思えてしまう。自分の場合だけど。

また、単純にに音楽をやりたい、バンドでボーカルをやりたいという人もアイドルというフォーマットを利用するようになった。これは前に書いたことのある、美術を基本から学んだ人が絵画作品ではなく萌え絵で勝負する、という現象に似ている。お金があって勢いのある市場には優秀な人材が集まってくる、ということはこういうことからも言える。さっきの歩行者天国で一人で舞い踊る女の子が歌っている曲は、実は自作のオリジナル曲ですごく良かったりしてね。

自分が思うにあのゆるキャラのふなっしーが一番すごいと思えるアイドルの型だ。マネジメントからネットからすべて自分でやっているという。この型の女性アイドルが出てきたらすごいなと思う。ネットにつぶされることなく。究極のインディーズアイドルだ。

こういう状況であるからして、アイドル見本市というかアイドルフェスのようなものも開かれてもおかしくないと思う。これはコミケのアイドル版のような感じになるといい。今でもすでにやっているのかもしれないがそうなってくるともっと面白くなる。コアなアイドルファンはよりミニマムなアイドルを応援するだろう。


タワレコの嶺脇社長が「人間辛い時にアイドルにハマる」と言ったとか。
いくら仕事をしても思うようにいかず自分の出世や成長が見込めない状況で、応援しているアイドルの成長に自分を投影するみたいな感じだと思うがはたしてそうだろうか?
ただ単純に可愛かったり楽しかったりするだけってのも多いと思うよ~。

対バン形式のPerfume Fes!が始まるけど、ほんとに対バンしなきゃいけないのはアソコでしょ?

今日からPerfume Fesと題した対バン形式のプチツアーが始まる。
出演者が対バン形式で一番燃えるところは相手方のファンを本気でどれくらいのせられるかってところだろう。
あわよくば自分たちのファンにしてしまおうと、表立っては言わないが燃えるのだ。
その辺の火花バチバチ加減が見ている方としては面白かったりする。アマチュアバンドをやった経験がある人なら、ライブは対バン形式が多いのでお分かりいただけると思う。

今回はPerfumeの招待って形式なのだが、やってやるつもりがやられちゃったりする場合もあるかもしれない。
Perfumeは後で対バンのほうが先にライブをやるみたいだから、対バンのほうがもうこれ以上ないというほど盛り上がった後に出てくるPerfumeのステージを見てみたい。ワンマンライブとは違った彼女たちが見られると思う。

でも、どうだろう、これまでの対バンのラインナップを見たときに違和感を感じないだろうか?
対バンにはこれまでにインタビューやラジオなどで好きだとか言っていたバンドが選ばれているようだが、まず、第一にやってほしい、やらなければならない相手はcapsuleではないのか。

Perfumeには「やっとここまで来ました」とヤスタカ氏に対する報告になるし。是非コラボが見たいじゃないの。というかまだかまだかとずっと待ちわびている状態のファンがどれだけいることか・・・。

でもPerfumeとcapsuleが対バンでやるってなったら大事件になると思う。
まずチケットは取れないと思う。各種先行販売を逃したらもうオークションにもあまり出回らないのではないかと。


Perfume Fesの追加公演は是非武道館でPerfume×capsuleを実現してほしいと思う。
ほんと歴史に残るよ、これ。



ちなみに今回のフェスはチケット全滅でした(×ω×)

着こなしが難しい?Perfumeの2014版FCTシャツ

Perfumeの2014年度版LSGが発表された。
今年はありそうでなかった白。しかも小さな柄物。その柄は3人の髪型がモチーフとなっている模様。
こういうおしゃれっぽい柄って意外と難しく、着方によっては野暮ったくなってしまうのはおれにもわかる。
着る人を選んでしまうこと請け合いだ。しかもVネックときたもんだ(笑)


黒とかなら少々ポチャっていてもすっきりと見えるし誰にでも似合ってしまうものだ。
白は膨張色であると同時にあのおしゃれな色合いの柄。あのような柄物を着たことある男の人は少ないのではなかろうか?若いファンならなんとなく着てしまうだろうが、Perfumeには中年と呼ばれる年代のファンや年配のファンもいる。そりゃそうだ、Perfumeも結成10年とか言ったしみんな年取っちゃうよ。そんなファンがこのLSG2014に袖を通すときにはたぶん躊躇してしまうことであろう。


これはたぶんPerfumeのファンに対する挑戦状だと思われる。

ちなみに定価3,000円だ。

lsg2014

Perfumeのヘビーメタル版はBABYMETALだと言えるのだろうか

http://osouzibann.com/blog/babymetal/gimmie-choco/

この記事は移動しました。

伊勢丹PV MIKIKO×矢野顕子

あの伊勢丹がMIKIKO先生に振り付けを依頼したらしい。伊勢丹のオフィシャルソング「ISETAN-TAN-TAN」に合わせて踊る伊勢丹スタッフのための振り付けだ。

多分こういうのってAKBの恋のFの流れなんだろうな。
曲は大の伊勢丹ファンと言われる矢野顕子さん。

これは4月1日に全編公開になるとのこと。

一部がYOUTUBEにて公開されているが、これはそれらしさが随所に見て取れる作品になっていると思う。
Perfumeメンバーもきっと真似して遊んでいると思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。