Perfume LEVEL3 teaser

確か三角アルバムが出たころのインタビューであ~ちゃんはPerfumeのことを「Perfumeとして考えると」とか「Perfumeをみんなで楽しむ」とかいうようにPerfumeを自分らと切り離したような言い方をしたことがある。これを読んだときちょっと寂しい思いをしたのを覚えている。

ファンとしてはPerfumeはあ~ちゃん、のっち、かしゆかでありそれ以外にはありえないのだけれども、本人たちはPerfumeを自分と切り離して考えていることを寂しく感じたのだ。
売れて環境が激変し、自分を保てなくなったときの避難場所を確保するような行為なんだけれども、ごく普通の珍しくないことなんだろう。24時間常にPerfumeではいられない。まぁ、売れていなければこんな分け方はしないと思うが。
大多数の人は他人からカッコいいとかかわいいとか思われたいと思っていて、たぶんその頂点はタレントとかアイドルになるだろう。しかし、多くの注目を浴びるようになったタレントやアイドルは自分からアイドルな自分を切り離そうとする。不思議なもんだ。


優秀なアイドルは容量の大きな入れ物を持っていると思う。
なんでも咀嚼して表現してしまう。消化器官も素晴らしい。
入れ物は空っぽのほうがいい。よりたくさんの物を入れることができるからだ。
からっぽっであるということは主義主張もないことだ。ないように見せることだ。
もし、何かを主張したらそれはアーティストと呼ばれるかもしれない。

Perfumeももちろん大きな入れ物を持っていると思う。
色々なアーティストがPerfumeの大きな入れ物に興味を示して、たくさんのものを投げ込んでいる。
このLEVEL3のティーザーではアーティストたちが彼女たちの入れ物に物を投げ込んでいるところが見れる。そして、彼女たちがそれを咀嚼し消化しようとしている映像になっている。

Perfumeにかかわる人が多くなり多くのスタッフの生活がPerfumeに懸かっていると感じるようになると、Perfumeがメンバーの意思ではどうしようもなく動かせないような感覚になり、それが冒頭の発言の一因となったと考えることもできる。映像にも多くの人が関わっているし。それはもう止まることはできないしアクセルを踏み続けていくしかない状況だ。

こんな書き方をしたら否定的なように映るがそんなことは思ってはいない。
充分に幸せな状況だしこのMVの仕上がりも楽しみだ。



だが、ちょっとした天邪鬼な考えが頭の中に浮かぶ。
すべてのテクノロジーっぽい装置的なものを取っ払ったステージとかシンプルなものが見たいと思う。
このテクノロジーの生贄と言っては言い過ぎだけど、テクノロジーに浸り過ぎた反動は必ず来ると思う。
そのときにすごいものが見れるような気がする。



その時が来るのをひそかに楽しみにしている。




夏はやっぱりこれ。海岸線を走っているとこの歌を思い出す。
三角アルバムは名盤ですね。


スポンサーサイト

Perfumeの衣装

今年のフェスには参加しなかった。そういえば今年に入ってからPerfumeを見てないかもしれない。ライブビューイングには参加したけど。国内でフェス以外にまともにライブやっていないんじゃなかろうか。
今年の年末までお預けだな。

海外に出る前に日本全国津々浦々を回りまわってドサ周りのようにライブをしまくるべきなんじゃなかったのかなと今になって思う。
華美なステージはいらない。Perfumeがいて、ステージがあって、照明があって、後ろのスクリーンに映し出す映像なんかもあればもっと良いが、そして音源さえあれば、いわゆるみんなが望んでいるPerfumeのライブができるはずだ。もしかしたらそれだけでいいのかもしれない、とも思う。
テクノロジーの衝撃よりも、彼女たちに近い衝撃のほうがインパクトはでかい。確実に。
ミニサイズのライブでもいいからそういう試みをやってほしいなと思う。もうやれないかもしれないけれど・・・。

今日のニュースで「LEVEL3」という名称が不謹慎な印象を与えるかもしれないと危惧しているファンは多いと思うし私もその一人だ。そういう意図はもちろんないしタイトルの発表はかなり前だったし仕方のないことだけど、これは残念なことだと思う。
もしかしたらユニバさんとは相性があまり良くないのかもしれないなと思ったり。宇多田さんが勝手にベスト盤を発表されたとかで怒ってたのもユニバーサルだったし。う~ん・・・


話は戻ってフェスの話なんだけど、今年のフェスでの衣装はどれもこれも「なんで?」と思うようなものばかりだった。特につま恋での衣装はひどいと思った。まぁ、私の感性での話なのだけれど。
海外でのMeet&Greetでしたっけ?フェイスブックに掲載されていたその時の集合写真の服もなんだかマダムマダムしていてなんか変だ。
昔はスタイリストの研さんが既製品をリメイクしてステージ衣装に仕立てたりしていた。この時代のほうが衣装はかわいかったと思う。彼女たちも20代半ばになって衣装選びが難しいのかもしれないが、今は何かおかしい気がする。
ちなみにSchool of locksの写真で着ている服はかわいいし似合っていると思う。今ではそこしかないような気すらしてしまう。

自分の趣味に合わないからと言ってそんなこと言うなと言われればそれまでだけど、なんか気になっちゃうんですよね。アイドルとして既製品を衣装にするのは女の子の支持を得やすいというか、親近感を持ってもらえると思うのですごく理にかなっていると思うんだけどなぁ。
突飛な衣装を一からデザインして作ってもらうよりも全然いいと思います。

彼女たちもそれが似合っているような気がするけど。


最強はやっぱりこれかな。ステージに出てきたとき、はっきり言ってびっくりした(笑)

「萌え」で表現する

「萌え」ってのももう古い気がするけど、世の中に溢れる物を「萌え」で表現するような試みがいくつも行われてきている。ある物はその商品のパッケージに萌え絵をデザインしてみたり、広告にも萌え絵(かわいい女の子)を登場せさてみたりしている。自衛隊募集のポスターにもかわいい女の子が登場したりした。
今、美術系の人も美術系の学問を収めながらも、従来の美術的表現に留まらず、その作品を「萌え」で表現している人が多いという。現在ではパソコンでのスキルも必要だ。
ITの技術系の人もそうだ。Perfume=「萌え」だと言っても否定する人は少ないだろうからそうしてみるが、高度なプロジェクションマッピングみたいな技術を使ってそれをPerfume「萌え」で表現している。


Perfumeの場合、高度なIT技術とかわいい女の子というギャップというギャップ萌えみたいな関係があるのだけれども、どうして「萌え」を使って表現するのだろうか。


普通に考えればその表現をする対象のイメージをやわらかく親しみやすいものにしたいという思惑はあるだろう。でもそれだけじゃない。
「萌え」というのはいわゆるオタク文化の中からでてきた言葉であり、いかにもアニメチックなかわいい女の子や自分の琴線に触れる状態のことを「萌え」だと言ってきた。これは周知のとおりだ。
オタク文化と言えば、先日東京のビッグサイトで行われたコミックマーケットが最高峰の祭典だろう。3日で59万人があの炎天下の中、日本中から、いや、まだ少ないが世界からも集まってきたのだ。趣味の世界でここまで人を集めるイベントはないだろう。「好きだ」という尋常ではないパワーが集まるイベントだ。ライブならお客さんがジャンプしたり手を振ったりして動くので普通のことなんだが、コミケでは会場内に人が集まるだけで雲のような霧のようなものが発生する。これは通称「コミケ雲」と呼ばれている。

このパワーだ、と思う。このパワーに無意識にあやかりたいと思っているのだ。
今現在では種々雑多の人々のこれほどの熱狂的なエネルギーを集めることのできるイベントはないし、その対象もないと思う。音楽のフェスは演者とお客に分かれるが、コミケはそれを生業にしている人もいるかもしれないけどあくまで趣味的だ。ここがすごい。
このエネルギーを分けてほしくて「萌え」で表現すること選択しているんだと思う。エネルギーを分ける、とはオタクさんに注目してもらうということにもなる。そうすればネットにも挙がるし宣伝にもなるし。

60年代や70年代みたいな時代的なエネルギーというか、新しいものや文化が次々と生まれてくるようなエネルギーを持った時代というのはもう来ないかもしれない。そういう意味では今はエネルギーが枯れているのかもしれない。いくらマスコミや大手広告代理店が時代を先導しようとしても、もうそれは無理だ。そういう行為自体が興醒めだ。
そんな中で、今一番エネルギーがあるのは、オタクと呼ばれる人々の恥も外聞もなく純粋に「好きだ」という気持ちの中だけなんだろうと思う。そこにみんな無意識に惹かれているのだろう。

Perfumeをフェスに呼びたい主催者側の気持ちもこんな感じなんじゃないかな。

恋するフォーチュンクッキー AKB48

AKB48の恋するフォーチュンクッキーという曲の話。
これ古いっちゃ古いけど、今巷にあふれる音楽の中ならいい目立ち方をするなと思う。
フィラデルフィア・ソウルって感じ。スタイリスティックスやスリーディグリーズの。東海岸で主に70年代ぐらいに流行ったソウルです。ソウル・トレインとかこの辺ですよね。それにプラスしてモータウンとかのわかりやすいメロディを取り入れたというか、わかりやすいメロディにしたというか。
昔の歌謡曲ってこんな感じですよね。阿久さんも筒美さんもこういうのを聞いて曲作ってたんだなと。

今の時代って混沌としてるからこういうわかりやすい曲ってホントいいと思う。
これみんな歌えるでしょ?簡単に口ずさめると思うし。お母さん世代がちょっと炊事をしながら鼻歌を歌うとか、おやじが酒飲んでちょっと口ずさむとか・・・流行歌っていう言葉思い出した。
歌詞がまたいい。これは指原さんのことと恋愛のこと引っかけて「人生捨てたもんじゃないよね あっと驚く奇跡が起きる」って言ってるんだろうけど、おれは「未来はそんな悪くないよ」っていうのが好きだなぁ。
この歌詞に救われる人多いかなと思う。
秋元さん詐欺師だなぁ(笑)

イントロのちょっと歪んだギターがまたかっこよくてですね、何回も聞きたくなっちゃうわけですよ(笑)ヘビーローテーションはドラムが熱くてよかったな。そしてカモンベイビーのとこのフックもカッコいいなぁ。曲のサイズもちょうどいい。


ただダンスというかノリがちょっと違うかなぁ。動画サイトで見たけどちょっとなんかイライラした。
こういう曲調ならブラザー・コーン氏なんか得意なんじゃないかな。あの辺のソウル系のダンスを踊ってた人にアドバイスもらえばよかったのになと思う。振り付けはダメだと思う。
でも、そういう至らない部分含めてAKBの魅力なんかな?よくわからないけど。


昨日のFNS音楽祭にAKB関連は出ていなかったのでちょっと支援してみた。



このなかの運営統括本部プロデューサー(牧野アンナ兄)って人のノリ、ただものじゃないな(笑)昔ディスコ通いしてたでしょ?って感じ。
スタッフが出てくると楽しいけど手品のネタばらしをされているように感じるが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。