RIJの大トリがPerfume?

今年のROCK IN JAPANの大トリはなんとPerfumeなんだそうだ。
ROCK IN JAPANといえば、8月2日(金)から4日(日)までの3日間、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園にて開催される音楽イベントなのだが、最終日の一番大きなステージででの大トリである。
ちなみに、初日はサカナクション、2日目はBUMP OF CHICKENである。

これはどうしたものかな、と思う。
大トリとはそのイベントの核となる、というか最も印象付けるものだろう。ほんとにPerfumeでいいのか。
日本のロックは・・・とは思わないが、Perfumeにとっても誇らしいことだろうが、実際はそれほどおいしくない。
フェス好きなロキノン系の人の中には「最近フェスにはオタクがくるんだよね」というちょっとだけ古い考えの人もいる。そういう人は大トリでPerfumeとなると帰りが混む前に帰ろうとする人も多いだろう。実はそういう人にこそ見てほしいのだけれども。
俺には「ちょっとおじゃましております」ぐらいの感じでフェスに出演するくらいがちょうどいいと思っている。お笑い芸人が映画を撮ってそれがベネチア映画祭でグランプリとっちゃったみたいな感じがいい。アイドルみたいなかわいい女の子なんだけどロックのフェスに出て大好評だった、というのがいいのだ。でももうそういう時期は過ぎたのだなと感じる。ライブにおけるPerfumeの実績が正当に評価されたのだろう。
でも、評価されつつも、これは主催者側のちょっとしたテストなのかもしれない。いや、気まぐれか。シェフの気まぐれサラダか?何にしろ踊れるなら踊ってしまえ!って感じだろうかw


日本のロックは・・・という書き方をしたが、日本のロックはどうなってしまうだろうかということなんだけれども、そもそもこの混沌とした状況自体がそのものなので、変わらない部分もあるが常に時代に合わせて変化しているものを嘆いても仕方ないということだ。
以前日本にはバンドブームがあり、ライブハウスでしか聞けなかった音楽が突如としてテレビからお茶の間に流れてきたという面白いムーブメントがあった。それまではアイドル音楽や一部の耳触りのいい安全な音楽しか流れてこなかったテレビから、様々な、人の根源的欲求を歌詞とするような音楽が、ギザギザした音楽が流れてきたのだ。それは強烈な違和感であり、またその人たちを支持し共感する人も増えていった。
ロックバンドにとってはテレビの音楽番組でどれくらいのインパクトを残せるかが重要であった。また、ロックバンドのファンたちはその残したインパクトの大きさを面白がり誇りに思ったりした。これはPerfumeがフェスでどれくらいのインパクトを残せるかということを興味深く見つめているファンの心理と同じようなものだと思う。

ともかく、当時のロックバンドには目指すフロンティアがあった。テレビに出てインパクトを残すこと、それが市場拡大につながる、と。しかし今現在はどうだろう?テレビの権力は失墜した。テレビに出たからと言って売れるわけではない。宣伝する媒体としては依然として優位にあるがこれからはわからない。
テレビの権力が大きかったころは簡単であった。対立構図を作ればいい。大きな権力に対抗するもの、パンクやロックがそれだったのだ。でも今は対立すべき大きなものがない。隠されてしまっているのかもしれないけれど。対立構図を煽ること自体が古臭いものなのかもしれない。だから結果として混沌としているのだろう。これらがその原因の一つだと思う。

そんな状況で、この音楽フェスというシステムはいわゆるロキノン系のバンドにとっては相互互助会のシステムのような気がしてならない。いい意味で、ある。みんなで集まってフェスをやれば仕事になるし、地域の振興にもなる。いいことづくめだ。CDが売れない、日本の音楽界は終わった、などと言われているが、音楽が終わったわけではなく、ただCDが売れないだけで人々は生の音楽を聴くためにわざわざ外へ出かけているのだ。フェスは、RIJ、サマソニなどは特に何十万人もの人を集める。このような状況で音楽は終わったなどと言っているのは、CDを発売することによって甘い汁を啜ってきた吸血鬼のような既得権益を持つ人たちだけだろう。あなたたちの既得権益が賞味期限切れになったんだよ。

パラパラとフェスの出演者のラインナップを見ているとももクロやBABY METALなんかもサマソニには出ているようだ。もっと出演者はいろんなところに声をかけるべきかと思う。動員につながらないかもしれないが。バイオリンや胡弓、尺八など生の演奏でもいいし本物のゴスペルグループでもいい。そのコラボでもいいし。普段は聞けない音楽を、興味のあまりなかった音楽を聴ける場所を作るべきかと思う。
フェスという文化はもう日本人に浸透してそれを楽しんでいる状態なのだが、これからはもっと一歩踏み込んで、そのフェスというごった煮のような場所から何か新しい音楽が、文化が生まれないかなと期待している。



客が大人しいのは、リンゴスターやトッドラングレンらのバンド目当てのファンが多いからだろうか。
彼らにとっては第一種接近遭遇って感じだろう。この違和感がいい。愛すべき違和感だ。
あ~ちゃんがここまで煽るのも珍しい。
スポンサーサイト

Perfumeのフィギュア

ありそうでなかったPerfumeのフィギュア。
フィギュア作家の創作意欲を掻き立てるものがないのか?なんて思ってました。
グラマラスじゃないとダメなのか、とか。

これは画期的アイデアだ。
Perfumeらしくテクノロジーと合体。フィギュアのデータをグローバルサイトのほうで配布している模様。
それを3Dプリンタで出力すれば誰でもPerfumeのフィギュアを持つことができる。

すごい最先端だ。

http://matome.naver.jp/odai/2137183137011705101

ここでまとめられている


3Dプリンタいくらですか?
お高いんでしょう?w


カンヌでライブ

PerfumeのBD発売とうちのテレビの買い替えの時期が重なってしまった。
いままでブラウン管のテレビを使っていて、壊れたら買い替えようと思っていたのだがなかなか壊れない。
そこにBD発売ときたもんだから背中を押されてしまった格好だ。
俺と同じような状況の人もいるかもしれない。いくらかの経済効果はあるのだろうか?w

32インチだと100万画素、40インチでフルハイビジョンの207万画素(1920×1080)が主流なので、BDの性能ををいかんなく発揮できる40インチを買ってしまった。
価格.comで5万ちょっと。まだまだ安い。
パソコンにBDドライブがついているのでテレビとつなげてみるというシステム。
音楽も映像もパソコン中心だ。


例のカンヌで、ライブではなくパフォーマンスといったほうがいいと思う、をお披露目したようだ。
とにかく見入るような作品。Perfumeとテクノロジーの面白い関係だ。



素晴らしい作品だと思うが、俺的にはあのヒカリエで行われたライブのほうがインパクトあったと思う。

世界ツアーに行く前に

ヨーロッパツアーに行く前の身辺整理とでもいいましょうか。
反響が大きかった場合の受け皿なんでしょうね。

リニアモーターガール以降の楽曲がituneで配信されることが決まった。
今は、海外では特にDLして聞くほうが多いだろうからちゃっかりしてるなと思う。
あと、youtubeのPerfumeチャンネルでの楽曲の配信もフルサイズになるそうです。リニアモーターガール以降の楽曲ですけど。MOLのコメント欄に結構な量でファンからのお願いが書き込まれていました。フルサイズでUPしてくれないかと。あのPerfume444さんを中心にして荒れていましたね(笑)
フルサイズでUPしても売り上げは変わらないと思う、という書き込みもありましたが私もそう思います。
フルサイズってことは480pじゃなくて720p以上なんですかね?それとも曲の長さがフルサイズってことなんでしょうかね?たぶん後者だとは思いますが、なんでHDじゃないの?って言われると思うんでいっそのことHDにしたほうがいいと思うんだけど。そっちのほうが魅力をうまく伝えることができると思うんだけどなぁ。

そして日本だけかもしれないけど、ライブDVDのBD版が発売されることになった。
同時発売でチャートはPerfume一色になるかもしれない。
今、人気のバロメーターはCD売上ではなくDVD売り上げだ。しかもランキングではなく実質的な売上枚数だ。デイリーやウイークリーのランキングにそれほど意味はない。ランキング=相対的、売上枚数=絶対的なので。
イチローも打率よりもヒットの本数のほうが重要だという発言をしていたけど全くその通り。

正確な売上枚数のわかるサイトってないのだろうか?探していたのだが見つからない。
ランキングで有名なオリコンのサイトを見てみたらDVDでの売り上げ一位はGAMEツアーのものだった。
ファーストDVDが一位だなんて、う~ん、Perfumeはがんばらなぁいかんよ。


そういえば、あの安室ちゃんがTLCとコラボすることになったようだ。
レッドアイの代わりに安室ちゃんがラップしてる。曲はWaterfalls。

いまいちパンチがないなぁ。

ystk氏 「スタートレック」挿入曲をプロデュース

波が来てるな。
う~ん、早く聞きたい。
やっぱり今はきゃりーなんかなぁ・・・
六か国中最高傑作だってのはlipサービスなんだろうか。
聴いて確かめるしかないなぁ。

きゃりーぱみゅぱみゅさんや「Perfume」のプロデューサーとして知られる中田ヤスタカさんが、米人気映画シリーズ「スタートレック」の最新作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(8月23日公開)の挿入曲「Into Darkness」を、J.J.エイブラムス監督と共同プロデュースしていることが12日、明らかになった。ゲストボーカリストとしてきゃりーさんも参加している。挿入曲は映画本編で使用されるほか、7月から配信を予定している。

今回、エイブラムス監督は、西暦2259年のクラブをイメージした自身の曲のプロデュースを、日本、イギリス、フランス、メキシコ、ブラジル、オーストラリアの6カ国のトップクリエーターに依頼。各国でそれぞれのコラボ楽曲が使用される。エイブラムス監督は中田さんが携わった楽曲について「6カ国のコラボレーション楽曲中、最高傑作だ」と大絶賛。中田さんは今回のコラボを「とても刺激的であり、音楽家として未知なる冒険を体験できました」と振り返り、「臨場感にこだわり抜いて制作した楽曲と共に、(映画を)楽しんでいただければ幸いです」とコメントを寄せている。


http://mantan-web.jp/2013/06/12/20130611dog00m200067000c.html

capsuleのライブ

いい動画が上がってたのでご紹介。
再生回数が100回ちょいなのでまだまだ日が浅いんだと思う。



最後のUh~Uh~~~~のところの回数を間違えてこしこさんが歌ってしまうというハプニング?も。
まぁ、その間違いによってちゃんと歌っていることがわかるのですが。


ライブビューイングやっぱり来ましたね。
これはやはりリアルタイムのほうを選びたい。
会場を出た後、白々しい朝日を浴びるなんてちょっとした夜遊びしたような感覚になるんだろうなぁ。

久しぶりだわw

まぁ、それから出勤することになるんだろうけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。