perfume Spending all my time

Perfumeの8月15日発売の新曲だが、この前のSOLを聴き逃して"日刊動画"のほうで聞いてきた。
ニッキーミナージュのstarshipが思い出されたがどうだろう?
よりダンス方面に寄った感じ。
世界進出を果たし、世界のマーケットを意識した感じがあると言えばあるがそうとも言えない。
世界で売れるためにと世界で売れるような曲を意識して作って売ることができるならば誰も苦労しない。
歌詞は英語のちょっとしたフレーズの繰り返しで、これが英詩だとは言えないと思う。日本の歌でもこれくらいの英語は使う。ただ、英語の歌詞の中に日本語が、しかも美しい言葉が目立つように配置されているのはわかる。
個人的にはAメロ・Bメロ・サビとくるようなJPOPの感じよりもこういうリフ一発というかネタ一発で出来ている曲はノリが良くて好きだな。

より日本発であることを特色としたいのならVOICEや575の日本音階を用いたりするのかもしれないが、世界進出時にそういうのをわざわざ用意するのははっきり言ってダサい。オリエンタリズムが気に入られているわけではない。またコテコテのJPOPを用意するのもどうかと思う。
ダンス寄りになるのはわかりやすくていいと思う。どんな言葉の音楽でもノリが良ければ体が動く。まずはそこから、って感じなのかな?

海外のダンス系のアーティストを見てみるとセクシー系が多い。PVもそうだがおっぱいがプルプルしててマッチョな男に絡んだりしてエロい描写もある。こういうのに比べたらPerfumeは春風のいたずら、女学生のパンチラ程度だ。どうやって戦うか?などと考えるが一周回ってパンチラが一番エロいのだという結論に至った。いや、別にエロくなくてもいいのだ。
ジャケ写を見たがYMOを連想した人も多いだろうと思う。仮に三人の顔を細野・高橋・坂本氏の三人に置き換えてYMOのジャケットですと言っても行けそうなクオリティだ。
テクノ系のダンスユニット、みたいな感じで売り出していくんだろうなぁ。実際そうなんだけどw 
ステージではテクノ系だけにテクノロジー満載でお願いしたい。

カテゴライズなんてダサい、Perfumeの音楽のジャンルはPerfumeだ、なんて意見もあるだろうが、とある音楽を人に伝えるときにはある程度のカテゴライズは必要だ。何系の何々で何々の影響を受けて何何が進化した感じ、とか。音楽メディアの人は思わず聞きたくなるような魅力的な伝え方をしてほしい。頼むぜ、世界の音楽メディアの人!
後は聴いた人がそれぞれ判断すりゃいい。Perfumeのオリジナリティを感じてくれたらうれしい。


また、9月12日にはコンピレーションアルバムが発売されるらしい。
このタイミングで?と思ったがこの秋にあるアジアツアーで売るんだろうか。徳間から最後に何かベスト盤のようなものが出るかなと思っていたのだけれど。
アジアツアーだが行くとしたら台湾にいってみたい。おれは恥ずかしながら海外に行ったことがない。用意をまずはパスポートから始めなければならないwハードル高いなぁw
でも本当はアジアツアーではなく単発でもいいからヨーロッパに行って欲しい。どうしてヨーロッパがいいのかというと、単純に情報の拡散力において優位にあるからだ。
ちょうどいいサイズのフェスないのかなぁ?



これは先日行われたKIRINの氷結イベントの動画。
このなかでHULRY BURLY(Spending all my timeのcw)も一部披露しているが、あの曲が始まった時のイントロのキックの音とステージ上の三人のポージングに酔える。
これからステージ上で始まるであろうパフォーマンスへの期待で血流が速くなってしまう。
特に初見でのドキドキと期待感はヤバい。
また、ここで使われているテクノロジーは優秀だ。いい人材がいるんだろうな。
こういう感じのライブを世界でもやっていけばいいと思う。あくまで一つのやり方だけど。
スポンサーサイト

発売前からプレミア価格

PerfumeのDVD「JPN」初回版のことだが、ネット通販では受付再開したもののそろそろ売り切れているショップが多くなってきたのではないだろうか。
ネットショップではだいたい2回に分けて受付しているようだが、通常の入荷予定枚数を第一弾で、そしてそのDVDの正確な入荷枚数が決定してからその残りを第二弾で受け付けるような感じなのかなと思う。
今回、第一弾は一週間ももたなかったな、確か。
そこで、とあるネットショップではプレミア価格と言って発売前なのにいくらか金額を上乗せして販売(予約を受け付ける)していたようだ。
「ご理解願います」とか書いていた(笑)やりたい放題だなと思っていたところ第二弾の受け付け開始。
仕方なくこのような店で予約した人は無事キャンセルできただろうか?キャンセル不可の店もあるようだけど。

欲しい人にすべて行き渡ったのだろうか?そう思いたい。
おれは東京ドームのDVDの初回版を買いそびれた。予約しないで店に行ってフラゲするのが好きだったというかそのような買い方ばかりしていたし実際それで間に合っていた。発売日にドームのDVDを探し街を彷徨い歩いてから考え方を変え新作の予約受け付け開始したらすぐに予約するようにした。考え方を変えざるをえなかったのだ。
いまだにドームのDVDは持っていない。

早期に売り切れるのはもちろん人気があるのもあるが、転売する人がたくさん買っているのも一因だろう。
今では「せどり」とか言ってカッコつけているような感じもあるがやってることは単なる転売だ。
せどりとは古い本の中に埋もれている価値のある本を探してそれなりの高値で売って儲けるという意味もあると思う。目利きができないといけないしそういう意味では教養が必要になるのだが、今のせどりは教養よりも情報が必要だ。いまだに下がらないドームのDVDを情報として得た転売ヤー達は今回のJPNのDVDもかなり狙ってきたんだろうと思う。
それが売上枚数の増加につながっていることは否定できない。これはAKBなんかもそうだろう。

今回は徳間からユニバに替わっているのでどうなるのかわからないが、初回版増発ってことにならないだろうか?
それと店頭での売り方だ。
発売の日に店頭で買うということの楽しみの一つに、ポスターとか手書きPOPなので特設のコーナーが出来ていてそこに山積みになったDVDやCDがある、そんな状況を見るということがある。ファンならこれは楽しいに決まっている。
それを遠巻きにして見ながらどんな人が買うのか観察してみたり・・・レジに並ぶ前の人が同じDVDを持っていたり・・・など、何とも言えない楽しさがあるのだ。
ユニバに替わりどんな店頭での戦略があるのかも楽しみだ。意外と初回版も山積みされてたりして(笑)
ドームDVDのときは店頭になかったもんな。日付けを間違えたのかと思った。

何万枚くらい売れるのか楽しみにしておこう。

握手券は付いてないけど。

Perfume VMAJ2012

6月23日のことになるけれど幕張でVMAJ2012というMTVのビデオ部門の授賞式が行われた。
賞の決定は人気投票ってことなので割と組織票とかが幅を利かすことになるだろうと予想されるが、Perfumeはその中で最優秀ビデオダンス賞と最優秀振付賞を頂いたようだ。
賞の決定方法とノミネート作品群があまり納得のいくものではないので心からうれしいといったことはないが、それなりの評価をうけたのは良かったと思う。
でも、一番良かったのはMCという大役を無事果たしたことではないだろうか。
その様子は見ていないが(笑)
見に行きたかったなぁ・・・



これ、途中でのっちが顔を手で扇ぐところがあるんだけどそこがすごくいい。



長時間楽しめるワンマンライブはもちろんいいが、このような短い時間でのここ一発的なライブもいい。対バンの多いフェス的なライブは最初からバーン!と来る感じがある。



リンキンパークがPerfumeについてコメント。
お世辞でもなんでもいい。ちゃんと見てくれたのが何よりの収穫。
彼らは日本のアニメ大好きらしい(笑)
インタビュアーの鮎貝さんはステラボウルでも司会してたなぁ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。