Perfume Act Against AIDS 2010

今年も行ってきましたAct Against AIDS 2010。
なんだか年中行事になりそう。チャリティだしなぁ。
ちなみにPerfumeは参加して4年目でオレは3年目だ。

去年が超アウェイだっただけに今年はどうだかと心配もしたが、出演者を見るとポルノグラフィティの名前が!ちなみにグラフティじゃなくてグラフィティだ。ここは押さえておこう。パヒュームじゃなくてパフュームだ。他人事とは思えない。
ポルノファンも来る=音楽を聞くお客さんが増える=アウェイではなくなるという予想が成り立つし実際そうでした。
それだけじゃなく日々の積み重ねによる知名度UPということももちろんあるでしょうが。

このイベントはいろんな出し物があり音楽ファンだけでなく子供も楽しめるような企画もある。その中でポエトリーリーディングという詩の朗読(そのまんま和訳)のコーナーがあるのだが、そろそろPerfumeの出番じゃないかな?っていう後半のいい時間帯に始まった。吉高由里子という女優が雰囲気たっぷりの素晴らしいパフォーマンスを魅せたのだがライブやるにはちょっと落ち着きすぎじゃない?的なこの空気の次にPerfume登場はちょっときついぞと思ってたらキマグレン登場。アリーナ総立ちで盛り上がった。
その後Perfumeの出番となった。

セットリストはナチュ恋、Voice、ねぇ、の三曲。

観客は総立ちのまま(アリーナだけな)場の空気を引き継げたのはラッキーだった。
MCではこのチャリティについての話もした。これは新しかった。あたしたちも二十歳すぎたしこういうことにも言及していかないと、なんてあ~ちゃんは言っているような気がする(笑)
しどろもどろになりながらも無事そのMCを終えてオレもホッとしたぜ。
ライブではおなじみの声出しもした。「そうでない人!うぉ~!」で笑いが起きた。なるほど、一般人はここで笑うのか。会場のノリもなかなかのもんだ。FCTシャツはそんなに目立っていないのに。
一階東南から見たのだがドーム後だったからかかなりステージが近くに感じた。武道館の一階って見やすくていいなぁ。
ねぇ、の高速ステップもはっきり見えたぜ!

ステージが終わった後、進行の岸谷さんに「すごいエンターテイメントだよねぇ!」と言われていた。
「世界進出の予定はあるの?」とか。オンリー・ワンを感じるPerfumeのステージを見たらやっぱり世界を意識するよなぁ。
岸谷さんがステージ脇でPerfumeが円陣を組んでいるのを見たという話になりステージでそれを披露してくれた。「がんばるぞ!オー!」っていうあれだ。会場に向かって口の前に人差し指を立てるあ~ちゃん。彼女たちの声がオフマイクの生声で武道館に響いた。ちょっと感動した。ちなみに言い終えた後は円陣を組んだまま2、3分黙想するんだとか。


いつも行こうか行くまいか悩むライブだが帰りにはいつも来てよかったと思う。


覚書:

森久美子の歌声があんなに綺麗だとは知らなかった。
つるの剛士は歌声、容姿ともに少しロッドスチュアートに似ててびっくり!
まだまだ「甘さ」が足りないけれどもいい感じだったなぁ。
アミューズの企画ライブなので今年は桑田さんの曲のカバーが多かったように思う。

スポンサーサイト

Perfume MAMA2010

海外行っちゃったかぁ(ニヤニヤ

スポットCM

アジアンな感じがいいねぇ。

レッドカーペットにて

この緊張感がいいねぇ。
また一つ経験したな。

本編

始まっちゃえばこっちのものさ!
このパフォーマンスでどのくらいファンが増えたことでしょう・・・
あ~ちゃんのコメントいいな。これなら世界のどこへ行っても大丈夫でしょう。たぶんな。

おまけ

この手の映像は日本ではまずないな(笑)
明らかに日本人の発音でない日本語!すごいことだ!


来年はもっと海外へ出て行って欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。