442Hz

ヤスタカさんの曲でギターのピッチ(音程)だけが若干上で、あれ?おかしいなと感じた曲があると思います。そういうことをやっているみたいですね彼は。

音程は普通440Hzで各楽器とも合わせていきます。
でもこんなことがありました。

ぼくは管楽器のホーン隊(tp as ts tb)がいるバンドをやったことがあります。管楽器のいるバンドはすごく見栄えがするしやっていて楽しい。
ライブの後、その音源を聴いてドラムのやつが言いました。ホーン隊はチューニングが合ってないと。
合ってないも何もホーン隊は442Hzでチューニングしているんだ、とそういう答えが返ってきました。
若干音程が上になっているんですね。気持ちですけど。
なんでそういうふうにしているのかというと、聴いた感じが華やかに聞こえるというんです。
そういわれて気にして聴くと確かにそうでした。

ヤスタカさんがそういう華やかさを狙っているのかはわかりませんしそのような効果があると体感できていないですが。でも目立つことは目立ちますね。


ニッポン放送のテリーののってけラジオというラジオ番組を聞いていたら天気予報のジングルが流れてきます。知っている人も多いかと思います。
「ト~ヨ~タ飛び出せまっちっかっどっ天気予報♪」
ってやつです。

実はこれ晴れの日と雨の日ではピッチが違うんです。
晴れの日は若干高めで元気なはつらつとした感じ、雨の日は若干低めでしっとりとした感じになっています。聞いている人は機会があったら気にしてみると面白い。


ジョニー・B・グッドでおなじみ元祖R&RのチャックベリーはキーがB♭の曲が多いです。
ギターならAとかEとかが弾きやすいはずなんですけどね。
なぜそうなったかという理由は若さを出すために録音したテープを少し早回しして音程を上げたらしいんです。確かに早回しすると声が高くなりますよね。
キーはAで演奏していたのに出来た作品はB♭で半音もあがっているというわけです。
なんというアバウトさなんでしょう(笑)アナログ時代の産物ですね。

Perfumeの曲をコピーしてるとキーが曖昧な曲があるらしいですが、それはテープを早回ししてるんじゃなくて(笑)感覚的な問題で全体的にほんのちょっとピッチを上げたりしているんでしょうね。
感覚的に気持ちいところを探すなんて素直にカッコいいと思います。


スポンサーサイト

練習

昔のことだけどおれはアマチュアバンド(R&RやR&B、SOUL)でギターを弾いとりました。
バンドやってるって言ったらなんか享楽的なイメージがあると思うんだけど実際はすごくストイックでした。

練習がすごく楽しかった。もしかしたら本番よりも楽しかったかもしれません。
彼女たちはどうなんだろうとふと思いました。


みんな血液型がA型だし結構こだわってやっているのかと思います。
ちなみにおれもA型、そして水瓶座。あれ?あ~ちゃんと同じだなぁ、まいったなぁ~、あ~ちゃんと同じで~ってうるしゃいねw

この前のシャンデリアハウスでみたのっちがかなり絞れていたのでもうツアーのリハが始まっているのかなと。新曲の振り付けもあるだろうしツアーに向けてやってるんだろうなぁ。


のっちは三人の中でも一番体が柔らかいと思います。
亀戸あたりの映像を見ていると腕が思ったよりも大きく動く、っていうか伸ばした腕が思いのほか伸びるのでダンスが大きく感じられます。
体が柔軟性に富んでいるからなんでしょう。

それに気付いてからPerfumeを見る時はのっちのほうに目がいくようになりました。
それから自然とのっちファンに(笑)
今は均等に見てるし均等にファンですけどね。

n



Perfumeのスネークマンショー

マイコー残念だったなぁ。
全盛期のステージ見てみたかったです。

KING OF POPが他界、KING OF SOULはすでに他界。
もし「奴ら」まで逝ってしまったら寂しいだろうなぁ。。


その昔、日本にテクノが流行っていたときにこのスネークマンショーというのが企画されレコードの音源として発売された。
おれはテクノ(YMO)には全然詳しくない。スネークマンショーもシナロケが参加しているからという理由で後日友達に紹介されることになったのです。

内容はというと、大人のギャグ(エロ含む)と音楽とって感じの内容だ。
YMOが参加しているのでなんとなくテクノっぽいイメージを感じていたが実際はそうではないようだ。


ニコニコでいろいろ聴いていたのだがもしかしたらPerfumeもこういのできるんじゃないかと思って書いてみた。
彼女たちは芸達者でいろいろなキャラを持っている。
例えばJKかしゆかも女子大生になったJKかしゆか(すでにJKではないな^^;)、OLになったJKかしゆかなどいろいろ広げられるし、そういうのをDVDでなくCDで音声だけでリリースするってのが面白いと思う。

歳を重ねていろいろ欲と余裕が出てきたらやってみてほしいと思いました。
そのときは「スネークマンショー」とは言えないなぁ。
ちょっと思いついたけど書くのはやめておこう(笑)



⊿は無茶苦茶カッコいいらしい・・・

ロッキンオンジャパンを買ってみた。
立ち読みでいいかなと思ったんだけど閉店間際だったしどうしても読みたかったので。
写真はジャケ写の白い衣装で場所は某ホテルのスイートらしい。

インタビュー内容はまだ発売されていない地域もあるらしいので詳しくは書けないが代々木以前の今年前半はいろいろと悩みがあったようだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

そうでないように見えてもやはり去年の武道館と紅白で燃え尽きちゃったんだろうと思う。
長年の夢だったことが実現し次の目標設定がうまくいってなかったというか、たとえ目標設定がうまくいっていたとしても気持ち的にそれに乗って行けなかったと思える。
それが代々木以前の悩みにつながっていると思う。
悩みというのはあ~ちゃんの代々木でのMCの内容にみられることである。


こんなこと書いたら怒られるかもしれないが、武道館でもしかしたら活動停止宣言が出るかもしれないとビクビクドキドキしていた。あまりにも明確な目標設定だったし、それ以上のことは考えられないくらい目標に向かって邁進していたように見えたからである。
一人の男のネガティブな思考のひとつだと思って聞き流してほしいのだが、もし紅白で活動停止していたとしたらそれは伝説となっていたと思う。停止しても過去の秘蔵映像から新譜のリリースはずっと続くのだ。それがオリコン一位になったりして。ファンはずっとPerfumeの幻影から逃れることができずともに生き続けることになる。
まぁ、実際は武道館の最後に代々木ライブの告知がありホッと胸をなでおろしたのだけれども(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~

ROJを読んでみて一番ピンと来たのがアルバムレビューのところの「今まで周りが望むならと要求にこたえ続けていた結果三人の心が置き去りにされてしまった」というところ。
まさに「願い」の歌詞の世界だ。
今からそのバラバラになった自分をくっつける作業がはじまるのだろうか。
インタビューではあ~ちゃんがそういう作業のことを言っていたように思う。

Perfumeはアイドルかアーティストかという話によくなるのだけれどどちらでもなくどちらでもある中途半端な位置にあるのがPerfumeの面白いところだった。今までは、の話。
ただ本人たちは周りの影響もあってアーティスト志向が強いかなと思う。周りの影響とは例えばフェスで知り合えた人たちや仲が良い人たちもほとんど自ら曲を音楽を生み出していて、その中で彼女たちも影響され続けているんだと思う。
自分らで曲を作れないもどかしさもあってその思いが一層強いのではないかと。かわいいことよりもカッコいいことに対する憧れが強い。カッコいいことというのは音楽をやっている人たちの中では共通言語になりうるし、その輪の中にいてもプライドを感じられると思う。

これからどういう売り方をするのかわからないがスタンス的には今の状態がおいしい。
なぜならPerfumeの他にそのようなグループがいないからだ。


タマフルを聴いてみたが、宇多丸さんは⊿を聴いたようだった。⊿はめちゃくちゃカッコイイらしい。
楽しみでしかたないです(^ω^)





次はかしゆか、次は・・・

お久しぶりです。コメントの返事は少々お待ちを。
相対性理論の話を書こうと思っていましたが緊急なので。

今度はかしゆかの記事が掲載されるらしい。
まぁ、誰と付き合おうがあまり関係ないのかもしれないが、雑誌のリニューアルに合わせて目玉記事のように扱われるのが腹立たしい。
あの雑誌がなぜリニューアルしなければならなかったかというその理由は売れないからだと思う。
なぜ売れないかというとそれはもう時代遅れだということだ。前世紀の遺産だ。

おれはPerfumeのことを全く新しい存在だと思っている。
それなのに意識の古い雑誌に載るのが嫌なのだ。
この一連の騒動を見て「Perfumeはやっぱりアイドルだ」という考え方もどうかと。
そこでの「アイドル」というのはやっぱり過去のアイドルを指すのではないかと。


なんか先端を走っていこうとする彼女たちを俗世間へとズルズルと引き込んでいこうとする力が働いているような気がして嫌なんです。



恋愛するのはいいことです。
でもそっとしておいてやれよって思います。


来週はあ~ちゃんかな?
相手がystkだったら笑うけどw
もう、来るなら来い(`・ω・´)って感じですw


アミューズやTeam Perfumeはどういう思いでこの状況を見ているのかわかりませんが、⊿の売り上げやツアーの状況が悪かったらすべてこれらの事件のせいにされるので頑張らないとなぁ。
ブロともさんが「すべては⊿にかかっている・・」と書いておりますがまさにその通りだと思います。


先ほどlocksを聴いていましたがあんな調子で三人で恋愛トークをしているのかなと思ったら少し気分が晴れました。

sign



相対性理論「解析Ⅰ」@恵比寿LIQUIDROOM

第一回のCDショップの店員が選ぶ賞、「CDショップ大賞」で第二位に選ばれたのがPerfumeで、その第一位に選ばれたのが相対性理論だった。

自分と相対性理論の出会いというのは、ある日車を運転していたら偶然「地獄先生」という曲が流れてきた、という感じだ。カッコいいギターのリフ、憂いのあるボーカル、キラキラした歌詞に魅せられ、帰ってすぐにネットで検索、一気にファンになってしまった。



メディアには一切姿を現さなかったバンドだが最近になってボーカルのやくしまるえつこさんがやっと顔を出した(STUDIO VOICE)
でも、どうせならそれを見ずにライブに行ってしまおうと思い、今日、ライブに行ってきた。

場所は恵比寿のLIQUIDROOM。初めて行ったがなかなかよい感じの箱でした。
1200~1300は入るかな。
今日は前座というか対バンがいたのでサラッとそれを紹介。

最初はsimというバンド。
不協和音感が強いインストバンドで昔でいう前衛的。メロディはない。
曲の途中でお客さんが一人倒れてしまって店員に運び出されたようだ。
おれもちょっときつかった。
でも最後にやくしまるえつこさんとのコラボで相対性理論の曲「テレ東」を演奏。
携帯の着メロから歌がスタートするという志向。
この時がやくしまるえつこさんとの初対面となった。

よく風が吹いたら飛ばされそうなどという表現をするが、彼女の場合風が吹いたら消えてしまいそうな佇まい。
視線はそれほど動かさず一点を見つめてはまた他のほうを見つめるといった感じである。
無駄な動きは一切なく独特の雰囲気だ。
衣装はふわふわした女の子っほい感じでかわいい。
癖なのか自分の右側のほうに視線を落とすことが多い。ライブに行くならこっち側がいいと思う。

次はなんとピアノソロ。
出演者の名前は結局わからずじまい。
ライブハウスでスタンディングでピアノを聴くというのも異様だった。
でもユーモアのあるMCで救われる。
かなりうまかった。

で、次が相対性理論。
SEの流れる中、幕が開くとステージ中央から天井に向かって扇型に赤と青の光が広がっていて壁にはライトが点滅していて星空のよう。
ほどなくしてメンバー登場。
おぉ、なんかカッコいい(笑)というか、思ったよりも若くない感じ。
ギターはストラトにアンプはフェンダーのツインだった。好きな組み合わせだ。あとはベースとドラムでキーボードはいないんだな。基本スリーピースのバンドと知ってびっくりした。

まるえつさん登場に歓声が上がりそしてMC。

「相対性理論 presents」


セットリストは以下のとおり。


1. 四角革命
2. 地獄先生
3. さわやか会社員

MC 「左を向いているのがオーパーツ」

4. おはようオーパーツ
5. LOVEずっきゅん
6. 百年戦争 (新曲) 「結んだ赤い糸の先を教えて♪/あなたはきっと本物のお嬢さん♪」
7. ペペロンチーノキャンディー

MC 「わたしはあなたの101回目の花嫁よ」

8. テレ東
9. ルネサンス
10. ふしぎテカルト

MC 「生まれ変わったら、女の子になっちゃいました」

11. シンデレラ (今回初披露新曲) 「シン、シン、シンデレラ~♪」
12. 品川ナンバー
13. バーモント・キッス (ライブ初披露)

MC 「おやすみ」

アンコール無


相対性理論:

やくしまるえつこ(Vo)
真部脩一(Ba)
永井聖一(Gt)
西浦謙助(Dr)

物理学に魅せられた理系女子高生っていうコンセプトかな?

ライブを見た感想:

ボーカルはCDクオリティで◎。ふわふわした女の子っぽい衣装でミニスカートっぽい。
構成はドラム、ベース、ギターで打ち込み少々。
意外とバンドっぽい感じで驚いた。
音は聴きやすかったがベースが少し音量が小さかったのが残念。
少々バックバンドのほうでトラブルがあったがボーカルは振り向くこともなく動揺することもなく歌う。肝が据わってる感じ。
曲の間奏では下を向いてネックレスや衣装をいじってた。
ペットボトルの水を飲むときには後ろに下がらず横を向いて両手を添えてゆっくりと2口くらい飲む。
時折客席の一点をずっと見ている。
あまり動かない。
かわいい(^ω^)

ちなみに客もほとんど地蔵。
演奏が荒削りだという話を聞いていたがそうでもなかった。
いい雰囲気を持っている。

ペットボトルの水を飲んで曲に入る前に短いMCがあるのだが、何を言うのかとドキドキしてしまうくらいの期待感がある。


本にも出たしインディーズからメジャーへの過渡期という感じのライブでした。
2年前のPerfumeもこんな感じだったという人もいる。だが違うと思うなw


新曲もハイファイ新書の流れの曲。


さて、いつ火がつくのか。
それとも消えていってしまうのか。



う~ん、実に面白い(`・ω・´)(福山のドラマねw物理学つながりねw)


ちなみにスミスの流れを感じる人もいるみたいだからスミスが好きだった人は聴いてみるといいかもです。

のっちのManic Friday

のっちは今朝どんな気分だったのだろう?
よく眠れたのかなぁ?


タイトルはバングルスの名曲のManic Mondayをもじって付けました。
「カラ元気な月曜日」という訳をしているところもあったな。
月曜がくるのが嫌だぁ、ずっと日曜ならいいのに、とかそういう歌だと思う。
実はこの曲プリンスが作ったそうです。こんなかわいい曲(笑)
コーラスが美しい女の子バンドです。一応動画を貼っておこう。




今回のことで一番驚いたのがフライデーという雑誌がまだ発行されていたことです。
知らなかった(´・ω・`)
そしてフライデーに載るだの載らないだのといった価値観というかそういうものがいまだにあるってことです。なんか古臭い感じを覚えました。


自分としては好きだったビートたけしさんがフライデーの事務所に殴り込みをかけた事件以来ぱったりとそのようなことに興味を持つことをやめたんで。

フライデー襲撃事件の詳細はこちら

で、それから今までというものそのような雑誌を開いたことさえありません。
それは今回も同様です。

ただネットで画像を見てしまいましたが。
見てしまったというのは偶然出くわしたということです。




昨日の夜、のっちは不安だったろうなと思うんです。
一人暮らしだし。
それを思うといたたまれない気持ちになります。




ファンの中ではこれがかなりのマイナス材料になって行く末を不安視する人も多いみたいです。
Perfumeはもう・・・・ってな感じで。


ビートたけしさんが出てきたので北野武さんの映画の話なんですけど、キッズリターンという映画がありましてその中の名セリフにこういうのがあります。

別々夢を目指していた二人の高校生が夢破れてボロボロになってしまう。
そして高校の校庭で自転車に二人乗りしながら言うんです。

「マーちゃん、俺たちもう、終わっちゃったのかな?」
「バカヤロウ! まだはじまっちゃいねぇよ!」



今から何年か何十年かわからないけど遠い未来から過去を振り返った時、今日のこの日のことを思い出して、

「あの時はまだPerfumeは始まってすらいなかったんだな」

なんて言い合う日がやってくるかもしれません。
未来のことは誰にもわからないよ~ん。




でも意外とあ~ちゃんやかしゆかにヒューヒューとか言われているかもしれないですね(笑)



Perfumeのフォント

Perfumeのロゴの話なんだけど、デザイナーさんが書き起こした物に間違いないと思いつつ似たフォントを探したくなるもので、今回はそんな話です。

よく似ていると言われているのがYumi Mediumというフォントです。

こっちにリンクしときました。

これはyahooの知恵袋でも紹介されています。
買ってもいいと思ったんだけど英語サイトだしちょっとわかんないのであきらめています。



今日のこと、フォントが好きなものでいろいろと見ていたら他にも似ているものを見つけました。

こいつはフリーフォント(著作権フリーじゃないですよもちろん)で、規約さえ守れば自由に使えます。
配布元はhttp://www.flopdesign.com/でpopstarというフォントです。

logo6

ちょっと太いがなんとなく似ていると思います。


もうひとつ見つけたのはGAMEのTシャツなどに書かれてあったロゴみたいなフォントです。
これもフリーフォントで配布元はhttp://www.h7.dion.ne.jp/~plaxma_y/ここです。

logo5

oneroomdiscoと書いてみました。

logo4

これはGAMETOURです。引き延ばしたので画像が荒れちゃいました(笑)




夏はこれでTシャツ作ってやろうかなと思っています。ライブ用に(笑)

こういうフォント作ってる人ってやっぱり好きなんでしょうね?
ファンなんでしょ?とニヤニヤ(・∀・)しながら聞いてみたい(笑)



※フォントを使用する際には配布元のサイトに行って規約をよく読み守るようにお願いします。
当然のことですけど書かせていただきました。

PerfumeとamU

関西にPerfumeみたいなグループがいるという。
関東でもすでにライブをやっているがまだインディーズでお客も少ない。
mixiのコミュニティ300人弱。
ただしすでにコアなファンを獲得している模様。

その名は「amU」。
テクノ系の音にエフェクトされたボーカル。
曲はなかなかよいようだ。
ちなみにヤスタカ氏は関係ない。ただし彼女たちは好きなんだと思う。
彼女たちと書いてしまった。そう、二人組のユニットです。

作詞もやるし振り付けも自分らで考え衣装デザインと制作もやっているという。
All Aboutでインタビューを受けているようなのでリンクを貼っておく。

こっち

それとyoutubeで動画を見つけたので貼っておく。






サラッと見てもPerfumeみたいと言われても仕方ないくらいに似ている部分があったりするがまったくのオリジナルよりも入りやすかったりするから戦略的にはOKだと思う。
サウンドも姿もいろいろ変わっていくと思うし。
とりあえず現時点ではこんな感じだという話だ。


ライブ映像もあがっているし、それを見ているとコアなアイドルのファンはこんな感じなのかなと思う。
まだまだファンとの距離が近い。
ブログにもコメント返しているようだし。

CDやグッズも出ているようなので気に入った方は購入するといいと思います。
プレミア必至かも。



でも先のことなんて誰にもわかりません(´・ω・`)

Perfume P.T.Aチケット抽選結果

サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めました。
元サッカー部としてはうれしゅうございます。
日本代表と言えばサムライBlue。
Perfumeの代々木の衣装も青でした。

それが勝てた原因ですね、きっと(笑)


サッカーは勝てたのですがPTAのチケット争奪戦には敗れてしまいました。
まさかの全敗です・゚・(つД`)・゚・

それでも横浜最終日はなんとか行けることになりましたけど。
まだアミュモバ、各社先行とありますので終わったわけではないです。
PTAも2次があるかもしれないですしね。

戸田行きたいよなぁ。


そんなわけで(どんなわけだ?)今日はカラオケ行ってPerfumeばかり歌ってきました(笑)
まさかの時のためにおれもダンスを覚えておこうと思いました。
とりあえずのチョコとミディアムテンポだということでBCLです。
さてさてどうなることやら(笑)
もちろんダイエットも兼ねています(`・ω・´)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。