Perfume 最終兵器アイドル

最近業界で「Perfumeを面白がっている」という言葉を聞いた。
単に興味があるってことだと思うんだけど。

まず興味を引く第一の要因はやっぱりサウンドだろう。
ずっといわゆるアイドルっぽい曲を歌っていたなら間違いなく消えていったかもしれない。
中田ヤスタカさん作る曲の力は大きい。

話は少しそれるが往年のアイドル松田聖子の曲はいい曲が多いという。
彼女がアイドルだったころはアイドル達はいわゆる歌謡曲を歌っていたと思う。
ところが松田聖子は大滝詠一やユーミンに曲を作ってもらっていた。そういう曲が今になっても名曲だと言われているようだ。歌詞は松本隆(元はっぴえんど)さんが多い。おれが尊敬している人です。
アイドル(Perfumeはアイドルと言っていいかわかんないけど)がアイドルらしい歌謡曲を歌わずその時代の売れているアーティストの曲を歌うっていうことのはしりが松田聖子だったかもしれない。
おれは特にアイドル史には詳しくないけどそう思う。

Perfumeも今売れているというより最先端の音楽を提供されているので進化した松田聖子型のマーケティングを採用していると言っていいだろう。
あまり難しいことばかり言っているとのっちのように噛んでしまうので控えたいw

後に出てくるのが小泉今日子だ。
彼女は今で言うポップアイコンって感じだったと思う。
とにかくPOPな存在でアイドルだけどカッコいいみたいな感じがあった。
メインストリームでありながらサブカルのようでもあったと思う。
彼女が太宰治がいいといえばその本が売れたりした。今では考えられないなw


何を言ってるのかわかんなくなってきたけど(笑)Perfumeもアイドルだけどカッコいいしアイドルだけど曲がカッコいいしダンスもかなりうまい。
こうなってくるとアイドルとか言っている意味がわからなくなる。
アイドルってのは単に見た目がかわいいことなのか?若いってことなのか?

まぁ、結論なんていらないだろう。


最初Perfumeの音楽に触れたのはラジオだった。
突然FM横浜から流れてきたポリリズムに仕事中の手が止まった。一気に最後まで聴き切った。
誰の曲かはその時わからなかった。
曲の後ラジオのパーソナリティが初音ミクのことを話していたのでおれは初音ミクがCDデビューしたのかと思っていた。
で、今年に入ってPerfumeが面白いっていう話を聞いて動画サイトで検索したらハマった。
なんかわかんないけど見たくなっちゃうし何回曲を聴いても飽きない。
おれはギターが好きなんでギターバンドばかり聴いていたんだけどギターの入っている曲なんてほとんどないではないか!それなのにこんなにハマっていしまうなんてわけがわからない。
もちろん人生初の出来事ですwww
どうしたんだろう?彼女たちのトークを聴いてニヤニヤ(・∀・)してしまっているw
こんな姿はあまり見せられないw

もともと芸能人に好きな人がいなかったりそれほど興味がなかったりするんだけどPerfumeがTVに出ると聞くと追っかけるようにして見てしまう。CDも発売日に買う。お気に入りだったロックバンドのCD以来ですぜ、こんなことは。

Perfumeは俺にとっては初めてのアイドル体験なのかもしれない。
そしてこれが最後のアイドルになるという予感がある。

人を好きになるのに理由なんてないというが、Perfumeが好きになった理由を述べよと言われてもたぶんしどろもどろになると思う。
なんかものすごく大きな変革を感じていてそれに遅れないように無意識についていこうとしているのかと思ったり。ちょっと大げさだなw

まぁ、この状況を楽しめるだけ楽しんじゃおうと思ってますが。
またなんか思いついたら書いていこうと思う。


最後まで読んでくれた人ありがとう。
次からはもっと計画的にわかりやすく書くからw









スポンサーサイト

あ~ちゃん憑依中「俺ロコモコ丼」

あ~ちゃんのトークを見てるとたまに誰かが憑依してくるときがある。
憑依ってのは確かHEY×3の時にハマちゃんが言ったことだと思うんだけど。
単なる物真似なんだけどこれが面白い。

下の動画は中田ヤスタカ氏が憑依してきたww
「俺、ロコモコ丼」という有名な名言はここから来ている。
ちゃんと自分の声が通るように間を計って言ってるようで実はなかなか考えてるなと思うw

そういえばライブ中のMCでもいろいろ考えているみたいです。
それを感じさせないのはプロの証拠。

動画の中ではMCの人から「ループしてる」と言われて「うへっ」って笑うところが好きです。







続きものです。

Perfume HAPPY! #9 南海キャンディーズ山ちゃんの場合1

PerfumeはTV.brosというテレビ番組雑誌にコラムをもっていますが、そこでHappy!について語られていました。ブロスのコラムニストってのがなかなか味のあるタレント達ばかりなのでその中に彼女たちがいるってのがうれしい。ちなみにオレの知り合いも書いています。

その内容なんですが、スタッフ達がすごく気を使ってくれると。次にやりたいことを聞いてくれたり、御飯のあとにスイーツを用意していてくれたりするそうです。
それは画面からも感じられていてファンとしてはうれしかったりするんです。
また、プロデューサーも彼女たち一人一人の特性を分かっていて番組に反映させているのでなかなかツボを得た内容になっていたりします。

15分番組なのに1時間くらい収録をやっているそう。30分番組としてもいけるそうです。
だったらそうしてほしいのだけど大人の事情があるんだろうな。

最近の報道で日テレの深夜のバラエティーは全滅だということで来年の春にすべて打ち切りになるそうだ。Happy!も打ち切られるんだろうけどまぁ、一年やればOKかなとも思う。
次のステージが待っているよ。でも途中で打ち切りはやめてほしい。

それとこのHappy!がなくなっても、彼女たちにとってオアシス的なゆるい感じの番組が新たにできればいいと思う。またそうであって欲しいです。

この番組、全国放送じゃないのが惜しい。
全国ならもっと反響があると思う。ほんと勿体ないです。


で、今回は山ちゃんw
山ちゃんは南海キャンディーズでもそうだけど突っ込みがやわらかく小さいところもうまいこと拾うのでそういうところがあ~ちゃんは気に入ってるんだろうな。
山ちゃんはホントうれしいと思うww
でもおれはその恋応援できないからwww

でも面白いっすw


GIRL POP FACTORY 08@ZEPP東京 ライブレポート3

HALCALIのライブ終了後どっと人が押し寄せてくる。
次はPerfumeだ。
圧縮されながらもベストポジションを得ようとしている感じ。

吉村由美のMCがおわった。
ちなみにライブ後のMCで「Perfumeがありえないくらい盛り上がりまして・・・」と言っていた。

突然曲のイントロが流れる。
GAMEだ!
ギザギザのベースラインが大蛇のようにステージ上をのたうちまわるような印象を受けた。
そしてPerfume登場。
一層圧縮が激しくなり歓声で耳が痛いw
真後ろの奴がおれの耳元でMAXだw
ステージ中央で右手をあげて首をリズムに合わせて振るような軽めのダンス。
例によってニコリともしない。かっこいいぜ!

次の曲が流れてきたとたん、歓声がひと際大きくなった。
エレクトロワールドだ!
例のゆっくり歩くような振り付けをやっているが歓声で歌がよく聞こえないほどだ。
ただここでエレワ?という驚きの曲順にみんな興奮気味。
サビの「エ~レクトロワー!!」でジャンプが始まってそれに体を預けていたほうがあぶなくないというか楽な感じ。
目の前でPerfumeがダンスしているのだと何回も自分に言い聞かせたほど現実感がない感じだった。

次にみんな一段高い丸い台に上がってシークレットシークレットのイントロ。
これはいつ見ても斬新でカッコ良い。
深夜のデパートで突然マネキンが動き出すような感じを受ける。
しかしこのダンスは難しいと思う。今日のシンクロ率はすごく高い気がした。
最近みんなといる時間が劇的に増えたとのっちが言ってたが、そういうこともあってか三人ともなんだか似ている(笑)ダンスで鍛えられた腕の感じなんかそっくりだ。
シークレットシークレットはライブでしかフルに見る機会がないのでいつもあたらしい発見があるw

次にlove the world。
これは初めてフルで見た。ちゅちゅちゅだw
これもすごいダンスだ。
今日の衣装はおニューで乙女チックな印象。それにワンポイントでタトゥーを貼っている。
なんかかっこいいぞ!

これがおわり少し長めのMC。
あ~ちゃんが話している間、それに合わせてまるで会話をしているかのように返事をしている男が近くにいてかなり気になった(笑)
「飛んだり~跳ねたり~ラジバンダリ~!」などお決まりのコール&レスポンスをやる。
あ~ちゃんが完璧だといってたw
ラジバンダリ~は今はaikoさんもやっているけど私らが一番初めに始めたんよとあ~ちゃん。
ファンから「あ~ちゃんが走りだね!」と。
あ~ちゃんが???と。なんだ、走らなきゃいけんかと思った~!という一幕もw

次の曲はスウィートドーナッツ。
なぜこの曲を選んだかということをすべての曲の終了後にあ~ちゃんが語ってました。
実はこのGPFは二回目で前回は2003年に出演したと。
曲はスウィートドーナッツ。
そのときは全く無名でもうやり逃げ状態だったと。
今日はそのリベンジだったんだと。
そういうとあ~ちゃんはウルっときて言葉に詰まりました。
涙はこぼれなかったけど泣いてた。
でもこれもうれし泣きだから。よかったね~(^ω^) リベンジ成功見届けましたよ。
当時の動画を貼っておきます。




次の曲のイントロ聴いて鳥肌が立ったのがわかった。
ピアノから始まるこの曲seventhheaven。
これはライブで初めて聴いた。
ほんと綺麗な曲だし、詩もすばらしい。
ダンスも例のリキッドのライブの時よりもシンクロ度が増して良くなっている。
「天国へ~」のところの振り付けが好きなのだが、ここで描かれる曲線はすばらしいw
何言ってるんだ、おれ(笑)
とにかく何かがスーっと溶けていくような感じを覚えた。

そしてポリリズム、チョコレイト・ディスコでトドメを刺されたw
ポリリズムはもちろんポリループ付き。
間近でみるポリループは大迫力だった。
基本的に表情を変えずクールに演じている彼女たちだがたまに「ほやぁっ」と笑顔を見せることがあり、それがかわいい。MCでもあまりしゃべらなかったかしゆかだが笑顔は見れた。しかもこっちを向いてだ。瞬間的に何人か逝ってるはずだw

曲が終ってみんなで挨拶。
こういうことするアーティスト(こう言わせていただく)は少ない。
きちんとお辞儀をして終了。
いやぁ~、めっちゃ楽しかった(^ω^)


Perfumeのライブはロック系のライブのような感じなのでかなり激しい。
初めてみる人はびっくりすると思う。
それが今回ちょっと問題になった。
ちょっとブッキングミスっぽいですね。
でも今回のGPFでPerfumeの特異性が改めて浮き彫りになった感じがします。
もうこんなハコでのライブはないかもしれないので今回は貴重でした。

ライブがロックっぽいノリだから意外と野外で行われるロックフェスなんかハマっちゃうんだよなぁ。
明日のsummer sonic行きたいですww
でも仕事なんやなぁ(´・ω・`)
サマソニでPSPSとかセラガとかやったらどうしよう?w



それと音響ですがあまり良くないというか最後のほうになると荒れてきますね。
くぅちゃんの最後のほうはかなり割れてすごい音だしてました。
その辺は改善してほしい。


summer sonicは他人のレポ読んで我慢です(+_+)





GIRL POP FACTORY 08 セットリスト

GAME オープニング
エレクトロ・ワールド
シークレットシークレット
love the world
MC
スウィートドーナッツ
SEVENTH HEAVEN
ポリリズム
チョコレイト・ディスコ



なお、この日模様はフジテレビ721で9月5日放送予定です。
間違っているかもしれないのでちゃんと調べてみてくださいね。

GIRL POP FACTORY 08@ZEPP東京 ライブレポート2

ニコニコ動画にseventh heavenが新たにあがっていたけどGPFの影響なんだろうな。
あれは感動的でした。。。

ではレポートの続きを。


しょこたんが現れたとたんに後ろからものすごい歓声があがる。
コアなファンがいるんだなぁ。
ほんとちっちゃくてかわいい。Drスランプのキャップをかぶっている。
少し広めに足を広げて歌い上げる感じ。
歌は基本うまいが緊張のためか少し上ずっているようだ。

この位置だと左右のスピーカーからの音が交差する地点よりも前方になるので少し聞こえづらいことに気づいた。でもいいや、今日は「見る」日だ。

MCで「ギザー!!」とか「トゥルットゥー」とかやってくれた。うれしいww
9月発売の新曲も最後に歌って終了した。
すこし短く感じた。こんな感じで流れていくのだろうか?

ライブ直後のインタビューを撮っているようでここで空白の時間ができる。
フェスとしては致命的だ。
圧縮されているし暑いしでかなりじれてくる。
場つなぎのお笑いでもあったらよかったのか?w


ここでMCの吉村由美登場。
まったくもってゆるいMCだがそれがよい。

次は青山テルマの登場だ。
ターンテーブルに一人DJがついて曲スタート!
なんだこれ、結構ハードなR&Bのナンバー。
どこかMISIAっぽい感じがした。
華奢な体つきだ。でも歌声は意外とパワフル。
CDだけ聞いてるとそういうのはわからないものだ。やっぱりライブで見ないとだめだなと思う。
とりたてて聴いたことないのでヒットした有名な曲しかわかんないだろうなと思っていたところ結構知っている曲が多い。最後は新曲で締めた。
これからどういう方向性でいくのかわからないけど歌はうまいのでなんでもいけるような気がした。


またまたMCをはさんで今度はいきものがかりの登場だ。
おれはこのバンドのことを「いきものがたり」だと思っていて友達にバカにされたことがあるw
今日初めての生演奏だ。
生演奏っていってもボーカルとアコギ二本の構成だ。
ちなみに今日登場する他のグループはすべてカラオケだった。
生演奏ならセッティングに時間がかかりこの時間内では無理だろう。
歌はすごくパワフルだ。
ストレートな声が会場の隅まで一直線に伸びる感じ。
歌っているときの目がすごくいい。
うるっとした眼に瞳が黒く澄んでいて力がある。
今まで全く気にしていなかったけど人気がある理由がわかった気がした。
ヒット曲を連発して終了した。


次はHALCALI。
メンバー二人とDJ一人の構成。
なんだ、すっごく楽しいw
ゆるゆる系のラップなんだが見る見るうちにグルーブへと巻き込まれていくようだった。
会場もこの時点で今日一番の盛り上がり。
客を煽るのもうまい。
ヨーロッパあたりでも活動しているらしい。
また見てみたいと思うくらい楽しかったです(^ω^)


次のPerfumeは次回に書くとして。。。

トリは倖田來未だ。
Perfumeとはやっぱり格が違う。
これはしょうがないと思う。
Perfumeが終わったのでくぅちゃんファンに前を譲り、後ろのほうで観戦した。
ダンサーを引き連れていたのだがこれが男も女もいかついw
女のほうは若いころの和田アキ子といった感じで、男のほうはスタローンに似た人もいた。
とにかく存在、ダンスに迫力があった。
くぅちゃんのダンスのキレもすごくよかったし歌ももちろんうまいしステージングもカッコいい。
途中から上着を脱いでセクシーな衣装でのステージングもよかった。
動きすぎておっぱいがポロリしてしまうんじゃないかと心配していたことは内緒だw
たぶんこの距離で見れることはもうないだろうからすごくいい体験だった。


よし、次はPerfumeのステージについて書こうと思う。


(つづく)

GIRL POP FACTORY 08@ZEPP東京 ライブレポート1

八月三日日曜日のことだった。
GIRL POP FACTORY 08という夏フェスに参加した。
夏フェスというよりもフジテレビの深夜でやっているFactoryという音楽番組の収録といったほうがいいかもしれない。
ZEPP東京も考えてみれば初めてだったし楽しみにしていたライブだ。
場所はお台場の観覧車の真下にある。ゆりかもめでいえば青海駅下車徒歩5分程度だ。

当日はかなりの暑さだった。
しかも風があまりない。
17時開場なのだがおれは16時には現地にいた。
グッズ販売に並ぶ人々、その他行く場所もなく談笑している人々などいてライブの空気感が漂っている。
Perfumeのファンが多いように思える。GAMEツアーのTシャツとタオルが目立つ。
あとはちらほら倖田來未のファンらしき人々がいる。
う~ん、わかりやすい。。

そうなのだ。今日はフェス形式なのでいろいろなアーティストが出演するのだ。

中川翔子
青山テルマ
いきものがかり
HALCALI
Perfume
倖田來未

といった具合だ。
これでチケットが3500円ならかなりお得なライブといったところか。
チケットに書かれていた整理番号がA600くらい。今回はA、B、二階席の順で入場するということなのでかなり前のほうで見れるんじゃないかという期待があった。
ちなみにキャパが2500くらいかな。ちなみに今回は3000人くらい入れたという。
当日券も出ていたようだった。

入場の際、待機所で待たされるのだがここはどうにも暑い。
立っているだけで汗がにじんでくる。
終了予定が22時だと聞いているので体力的な心配もありつつ水を買って入場。
最前列とはいかないまでも2段目の前のほう下手寄りを確保した。
ステージまで5メートルくらいだろうか。もうトイレも行けない(笑)
開演時間の18時を15分くらい過ぎたころ開演のアナウンスがあった。そのアナウンスが終了したころにモッシュがあった。なんで今?と思ったがどうやらオープニングアクトであるショコタンのファンが押し込んできたようだった。

ステージには白い大きな幕というかカーテンがありそこに今日出演するアーティストが映し出される。
アーティストが変わるたびに拍手や歓声があがるのだが、Perfume(おぉー!!!)倖田來未(きゃぁー!!!)といった感じ(笑)どうやらくぅちゃんファンのほうが多いらしい。

その映像が終わり白いカーテンに中からライトが当たり一人のシルエットが浮かび上がった。
歓声が上がる。前のほうにいると歓声が後ろからくる。耳がおかしくなりそうだ(笑)
そこで白い幕が開いた。

キタ!しょこたんだ!

(つづく)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。