なんでいまさら?Perfume531@横浜BLITZライブレポ

そうだ、書くの忘れていた。
2008年5月31日、この日が記念すべき初Perfumeの日になった。

当日は小雨が降っていた。
開演前に傘をさした列が歩道に長く伸びている。
おれの席は二階の指定席でいつ入場しても席が確保できているので焦りはなくその列には加わらずにライブ前のなんともいえない雰囲気を楽しんでいた。
ライブの始まる前の期待感はいいもんだ。

並んだ列を見渡してみるとびっくりしたことに男率が異常に高い。
これはどうしたことだ?なんでだ?いつもこうなのか?
おれもこの中の一人だと思うとちょっと(´・ω・`) だったがなんとか持ちこたえた。
ライブの期待でいっぱいだったからである。

しかし客層は雑多だ。
おれはソウル・R&B系が好きなんだが、ロックぽい奴もいるしA系のやつらもいる。
もちろんテクノ系のやつらもいるだろう。
彼女たちもA系に振れていたこともあるし陣営のいろいろな迷いがこの客層に表れているともいえるが、その音楽性・POPさがこれだけ雑多な人を集めているともいえる。
みんなそれぞれの思いで彼女たちに期待を寄せているのだ。


会場に入ってみると意外に小さく思えた。
おれはなんと二階の後ろの端っこという位置。今で言う痛い立ち位置だ。
でも視界良好で空気もおいしそうなんでまぁいいかなと。
ドリンク片手に開演の時を待った。

一階はすごいことになってきている。
小さな盛り上がりが関係者席のほうで起きていた。
このときはわからなかったがHAPPY!のメンバーのにしおかすみこと直ちゃんだったそうだ。
そんなこともありながら時間は刻々と過ぎて行った。

開演のアナウンスがあり会場の緊張感が高まる。
う~ん、ライブはやっぱりいいな(^ω^)
音楽はCDやDVDだけでなくライブ会場でも起こっているのだ!

ステージには大きなモニターが3つあってそれに映像が流れ始めた。


キタ(・∀・)!


おれはどういうライブになるのか全く想像がつかないでいた。
楽器が演奏されないライブは初めてだ。
クラブ寄りの雰囲気なんだろうか?
でっかいウーファーがステージ脇に積み上げられるのかな、なんて思っていたがそうでもなさそう。



モニターには彼女たちを表す三匹の蝶が夜の都会を舞っていた。
そしてステージ脇から白いマントを羽織ったPerfume登場!
30センチほどの高さの円形の台の上に立ち位置につく。
ここであ~ちゃんの呼吸する音。
その後キックの音がドスンと何発か会場に轟いたあと白いマントが翻った。



キタ!一曲目はGAMEだ!

(つづく)





スポンサーサイト

HEY×3とパキューム

最近音楽を聴くのが楽しい。
これは自分にとってうれしい変化だ。
たぶん彼女たちのおかげなんだな。


HEY×3にまたパフュームが出演した。
今回は爆笑トークとはいかないまでもまぁまぁおもしろかった。
あ~ちゃんの初恋の人というちょっと残念な感じの(スマン)江川君が出演していた。
あ~ちゃんの恋愛観って三人の中ではいちばんかわいいと思う。

そんで新曲のlove the worldの披露。
スタジオに行った人の話では時間が押しまくって彼女たちもそのことを気遣ってたらしい。

見た感じすごくいい色合い。
赤が綺麗だ。めっちゃ映える。
相変わらずヒールが高いwよくこれで踊れるもんだなぁ。
おれが履いたら歩くのも大変だろう。そのまえに変態扱いされてしまうだろうが(笑)


HEY!×3
Uploaded by pino0001



その後のSmap×2でパフュームのパロディーでパキュームというのをやっていた。
くさゆか、ごっち、し~ちゃん(笑)
くさゆかが少し物真似はいっていて笑えた。
やっと出たかって感じのパロディー。
本人たちはうれしいだろうなと思う。
しかし醜い(笑)

Perfume世界へ

Perfumeはやっぱり世界へと進出していくんだろうか?
でもよくよく考えてみるともう世界へと発信しているんだよな。
それは動画共有サイトの存在です。

youtubeなんかでは、もう英訳付きでPVが流れていたりする。
好きな人が付けたんだろう。
ファンの力ってすごい。
英語だけではなくドイツ語なんかもある。
テクノならドイツ語は効果的だ。

後は外国の人が気に入っててくれてそれを自分のブログで紹介したりして広まっていくんだろうなぁ。
「いいものはみんなが広めてくれる」っていうのがインターネットの基本で各個人がもつブログは一つのメディアだ。
Perfumeの急速なブレイクは動画共有サイトとブログなくしては成しえなかったと思う。
世界進出、その下地を日本のファンがやっているってことだ。



すごいのう(^ω^)
love the world解禁したばかりなのにコンピューター・シティーにハマってます。



いずれは海外の人たちに曲を作ってもらったりするのもおもしろい。
彼女たちはホント無垢な存在だ。「お人形さん」なんて言われているけど「無垢な存在」と言ったほうがハマるのではないか?
いろんな人がいろんな夢を見るのもうなずける。
どんな可能性も否定できない雰囲気がある。

無理に世界進出なんて気張らないでもネット社会ならもう見られているし、必要なら向こうからお声がかかるってもんだ。
ダンスを見ればそのオリジナリティーに気づくことだろう。
細かくキレたシンクロするダンスはテクノと言えばテクノっぽい。
そのまんま、今のまんま世界にウケるといいなと思ってます。


忙しくなってもダンスの練習だけは怠らないで欲しいと思う。


love the world解禁

Perfumuの新曲「love the world」が今日から放送解禁になったようでいろんなメディアで聴くことができたようだ。
おれもTVのHEY×3や動画サイトなどでかなり聴いた。

印象としてはPOPないい曲だと思った。
サビのメロディが少し変化するところがいい。
ただのリフレインだとあのような曲は飽きてしまう。
いい感じのフックになっていると思う。

ただMEGっぽいと言われればMEGっぽいなと。
ヤスタカ氏の中で各アーティストの線引きはしているのだろうか?
これから曲が増えていくにつれ一抹の不安はある。
まぁ、やっていくうちにいろいろと見えてくるものもあるだろうし楽しみにしているが。


PVはかなりよかった。
モノトーンなんだけどそれを感じさせない仕上がりとも言うべきか。
顔のUPはみんなかわいい(*´Д`*)

HEY×3のスタジオライブでは一変してカラフルなセットだった。
あの衣装、かなり生地が良さそうな感じに見えたなぁ。
相変わらずキレのあるダンス。
これからもっと練習してライブで見せてくださいね(^ω^)


さて、もっと聴きこんでまた書くとしよう。


Perfumeジャケットデザイン

そういえばのっちっていうお笑い芸人がいた。
ボキャブラで活躍していたデンジャラスののっち、いやノッチだ。

最近顔がオバマ氏に似ているとかでほんの少し脚光を浴びた。
でもブレイクしなかったのはただ単に似ているだけで特に芸がなかったからだ。
今回Perfumeののっちってことでもう少し出番が増えるのではないか?
おれはそのようなコントを実は期待して待っているのだ!
のっちにも「ノッチです!」というギャグをやってほしい。


いや、どうでもいい。
やらないでくれ。



PerfumeのCDやPVを作っているデザイン事務所がある。
ooo(トリプルオー)という会社でもちろん他のデザインも行っているが今回のPerfume関連でかなりいい思いをしたのではないかと思う。
実際良いものを作っているし。

新シングルの「love the world」の内ジャケットもかっこいいぞ!!
さすがに転載はできないですが。。。



最後にoooさんのところへのリンクを貼っておきます。
センス良くてかっこいいです!

http://www.ooo-jp.com/

Perfumeキャラ分析

Perfumeは三者三様のキャラがありとても面白い。
黒髪ってのもポイント高いと思う。

今や茶髪のほうが普通ぽいのかもしれないので、黒髪は新鮮なのだ。
普通っぽい女の子が(今や普通ではないが)ステージに立つとすごいのだ!
ハマっちゃうわけだよ(*´Д`*)
キレキレのダンスがシンクロしてるもんだから思わずスゲェと唸ってしまう。

さて、キャラですが。。
アニメとかマンガのキャラで考えるとよくわかる。

のっちは女なんだけど女の子に人気がある姉御肌のタイプ。
スポーツも万能な感じ。自分のことをオレとか言ったりする。
かといっておなべでもなく好きな男の子がいたりするのだが面と向かうと照れてしまって粗野な素振りをしてしまう。まさにツンデレーションといったところ。

次はあ~ちゃん。
フワフワ系の(どこかで聞いたぜこれ)明るい天然系のかわいい系。
王道な漫画では主人公タイプで天然だけど心はまっすぐで意外と強い。
たまにそんな姿を見せてみんなを感心させるような感じ。

最後にかしゆか。
「きゃろ~ん」とかいう擬音とともに登場するタイプ。
屈託のないかわいさで誰からも好かれる。誰と付き合っているのかわからないようなタイプ。
つまり小悪魔キャラ(笑)
「男の子って○○○だよね~?」という言い回しを良くする。


これだけキャラが立っていればドラマや漫画もすぐにできそうだ。
背格好もバランスがとれているし、幼い時に組んだグループにしてはいい具合に成長してとてもいい感じになっていると思う。
これだけでも奇跡に近いかも。
トリオはデュオよりも難しいからなぁ。

p


Perfume TV出演 お笑い芸人との絡み

Perfumeのメンバーはお笑い芸人との絡みでかなり面白くなるということはこの前の記事で書いたんだけど、その最高峰がHEY×3かなと思う。

お笑いの若手芸人でもダウンタウンの両人との絡みは楽だしいろいろと引き出してくれるので楽しいという。つまり「おいしい」のだ。

それはPerfumeでも例外ではなくメンバーは上手に料理される。
とくにあ~ちゃん(笑)

ライブなどのトークではかしゆか、のっちの両人があ~ちゃんに突っ込むのだが、お笑いのスペシャリストともいえるダウンタウンさんに突っ込みを入れてもらうと面白さも倍増だ。

芸人殺しともいえるトークで恐れられているあ~ちゃんだが、ダウンタウンにはその心配はない。
殺されるのはやっぱり若手芸人のようだ。

うまく料理されている様子がうかがえる動画があったのでUPしておきます。

お笑いもギャップの一つとして彼女たちには必要な要素なのだ。


HEY×3初登場のとき。
ポリリズムを歌うのだが若干アレンジが違ったりする。プロトタイプか?w



HEY×3第二回目の出演の時。ベイビー・クルージング・ラブ。
あ~ちゃん爆笑トークです。

Perfume TV出演

最近彼女たちはTV出演が増えてきている。

画期的だったのが「日本人クイズ」とかいうゴールデンのクイズ番組に出演したことだった。
でも、いまいちだった(笑)

彼女たちの面白さを引き出す前に番組終了。
これがアミューズの力なのか?と思ったのは、三宅さんがいろいろ話を振ってくれるところだった。
それでも彼女たちは自分たちらしさを出せずに終了。
MEGUMIも小姑キャラでいろいろがんばっていた。
あれには三宅さんが突っ込みを入れないとお笑いになれない。
MEGUMIはちょっと好感度を下げたのではないか?
おれには「三宅さん、突っ込んで!」と言っているように思えたが。


今、彼女たちの出演番組で一番面白いのはHAPPY!だろう。
それしかレギュラーがないのだがそれでOKだと思う。
低予算でもスポンサーの発言権がつよいゴールデンよりはマシだ。
この番組は彼女たちのよさを引き出すためにかなり自由な感じがする。
スタッふぅ~達も彼女たちのファンなんだろうなぁ。


彼女たちはお笑いの人たちと絡むと面白さ倍増だ。
とくにあ~ちゃんが楽しそうでそういう姿を見ると安心したりする(笑)
HAPPY!は関東ローカルみたいなので残念なのだけれど・・・。

TV出演は歌番組を除いては深夜の30分くらいにしておいたほうがいいかもなぁ。
あとはインターネットを使って自分らの放送局を持ち、やりたいことをやって、会いたい人をゲストに呼んで、って感じで好きなことをやっていってほしいなぁ。

今のTV番組の枠にハマる必要はまったくない。

最後にめっちゃおもろかったHAPPY!の堤下さんがゲストに来た時の様子の動画をあげておきます。


エレクトロワールド~それは序曲

エレクトロ・ワールドという曲、この曲が今のPerfumeのターニングポイントになったと思っている。
以前の曲とはかなり異質だ。
曲の特徴としては唯一ギターがフィーチャーされている。
それがロックっぽい雰囲気を醸し出している。
振り付けは科学戦隊ヒーローものや合体ロボットものを思い起こさせるような感じ。
間奏のところなんて三人そろってのダンスで何かに変身してしまうのかと思ったぜ!
近未来アニメの主題歌にも合いそうな感じです。

こういう曲の場合彼女たちは歌の最中にあんまり笑顔を見せないんだよなぁ。
それが普段のイメージとのギャップになっていて見てるほうはかっこいいと思ってしまうのだ。
ちなみに一番ギャップを感じるのはライブで見たGAMEだ。
あのハードさはある種類に属する男を奴隷にしてしまったのではないか?(笑)


無題a


でもたまに失恋の曲なのにかしゆかはニコニコしてたりする。
それはそれで・・・いい。


この曲をもらった時彼女たちはどう思ったのだろう?
発売された2006年当時の動画を見ているとものすごくブレイクの予感がする。
この曲だけ異質なのだ。
ブレイクする予感を含んでいる分感動的に思えるのだ。
サビの「エーレクトロワーーー!」ですべてを解き放つカタルシスを感じてしまうのであった。


動画サイトからレアなやつを。
下の動画はE・ワールド発売記念ライブのものだけど、珍しいのは舞台に上がって立ち位置を決めてセットする部分が収められているところだ。
ここはギャップが発生するところ。
かっこいいです(^ω^)



次のものはそのドキュメンタリー。



やっぱり握手とかしてたんやなぁ(¬_¬)


最後は何回見ても飽きないやつ(笑)




今リリースだったら間違いなくミリオンセールスだろうなぁ。

Perfume×Smap

昨日真夜中に目が覚めた。
朦朧としていたのでそのときにTVで見たのか夢かわからない。

それは化学の授業中だった。
元素記号の勉強をしている様子。
ストロンチウム、リチウム、バナジウム、パヒウム・・・
パヒウム?パフューム?(゜Д゜)

なんかそんな夢だった(笑)


SmapxSmapにPerfumeがゲストとして出演していた。
あの枠は日本だけでなく海外の有名どころも出演する。
それだけに彼女たちもかなり緊張していてこちらにまで緊張が伝わってきた。
なんでTVの前のおれがこんなに緊張せなあかんねん!と自分に突っ込んだくらいだ。

Smapの名曲「夜空ノムコウ」のヤスタカバージョンというかポリリズムとのマッシュアップっぽい仕上がりの曲はなかなか聴きごたえがあったなぁ。
動画共有サイトでこういうMIXはよく聴いているんだけど「やっぱりプロの仕事は違うなぁ」と思っていたら最後にヤスタカ氏のクレジットが!
ダンスアレンジもMIKIKO先生だったみたい。
よかったなぁ。なんか大事にされとるやんかぁ。

あ~ちゃんちゃんとご飯食べてるんやろうかと心配になったよ・・・



彼女たち一年前は何やってたんだろうかと調べてみたら代官山UNITという箱でワンマンライブ「Perfume ひこぼし☆募集中」ってのを7月にやっているようだった。
それからの一年、なんというスピード!いや、実際半年かな。
すべてのシステムがブレイクのスピードに追い付いていない。
なんてかっこいいんだ。

ただ、ここまで来たらもうあまりTVには出ないほうがいいかもしれない。
当たり前にTVで見られるようにならないほうがいいと思うんだけどなぁ。


Smapも子供のころからダンスの練習に明け暮れて成功した人たちなんで彼女たちの目標というかお手本でもあるんだろうなぁ。彼らは歌はあんまりうまくならないけど(笑)ダンスは基本ができているのでそれなりに見られる。
おれも子供の頃、ジャニーズ系のダンスを完コピして全校生徒の前でソロで踊ったりしたもんだ。
あっ、余談でした。


とにかくよかったねぇ~(^ω^) と言ってやりたい気分です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。