20140921Perfumeぐるんぐるんツアーライブレポ Perfume10周年記念!

ライブの余韻でいっぱいになった体と心を、ひんやりとした夜風にさらしながら渋谷駅までの道を歩いていると、だんだん感動が薄まっていくのに気づく。
綺麗なディスプレイやパッツンパツンのおねぇさんや行きかう車のヘッドライト、通り過ぎる人の甲高い笑い声など、そういうのを見たり遭遇したりしているうちに感動したことが一つ一つ消えて行っているような気がする。
現実にだんだんと引き戻されていっているのだ、と感じる。
あ~ちゃん曰く「つらいことがあっても頑張っていこうね」と。
ということで明日からも頑張っていこうかのぅ。


ぐるんぐるんツアー2014の千秋楽である21日、今日はPerfumeのメジャーデビュー10周年目にあたる日だということで記念日的な日に参加できてよかったと思っていたが、実際に参加してみると、思っていた以上にアニバーサリー感あふれるライブだったと思う。
GAMEツアーもチケットを手にしたときは千秋楽だと思っていたのだが、まさかの6月1日に追加公演となりまして記念日にはならなかったし。
今回はアメリカツアーも控えていたし追加公演もないだろうと踏んでいたわけなんです。

座席に着くとサプライズのイベント内容と厚紙が置いてありまして、なんだか妙に緊張しました(笑)
これはアンコールに入ってからは、いつくるかいつくるかとドキドキでした。観客はみんな大人でして、すんなりと指示通りに決めていらっしゃいましたが内心どうだったのでしょうか?
そうそう、ほんと大人でしたよみなさん。なんかサプライズに使う紙切れだけど関係ないところで掲げちゃう俺おかしいでしょ?とかいうようなバカっぽい人は皆無でした。


最後の曲「願い」が終わって終わりのMCに入ろうとしたとき過去映像がモニターから流れ出しました。この辺の編集のうまさはやはり公式ならではですよ。そして2014年の映像にはすでにこのぐるんぐるんツアーの映像も入っていました。
そして最後にコレオグラフですよ。カードを使った人文字とでもいうんですかね。
そして三人にカメラが切り替わったんですが三人とも下を向いて泣いていました。



ほんとこういうイベントに参加できてうれしいというかめったにない体験をさせてもらってありがとうとこちらも言いたい。
この日にここに居れたことがもう奇跡というかそんな気さえしました。一つ選択を間違っていたらここにはたどり着いていないだろうというか。
それが幸せなのか不幸せなのかはわからないけど、自分は21日に代々木にきてPerfumeのライブに参加し、ひどく心を揺り動かされたということだけは確かです。


ぷれぜんてぃっどばーい(あ~ちゃん風に)チョコラBBさんなので出口でチョコラBBを頂いて、グビっと一気飲みしたところ、空にV字編隊で鳥が飛んでいました。最初UFOかなと思いましたがw
UFOだったら大変ですよPerfumeがUFOを呼んだ?とか東スポに書かれちゃいますしw
しかもかなり高いところだったのですがかろうじて羽を動かしているのが確認できて鳥だと確信しました。こんな夜中にですよ。鳥目じゃないのかなと思いましたが。
でもその鳥をみてPerfumeはまだまだ凄いことになると思いました。インスピレーション的に。


とりあえずアメリカ公演が成功しますよう。ライブビューイングをよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

さよなら国立競技場Japan to the World 20140529ライブレポの続きPerfume ラルク

今回はJapan to the Worldという副題がついていて、世界へ発信するアーティストということでPerfumeにもお声がかかったようだが、そういうわけで場面転換の時のSEにも世界でも有名なYMOとかそういう曲が使われていた。きゃりーとかもそう。びっくりしたのはPerfumeの演奏が始まる前に何か環境音楽のようなインストが流れていたのだ。明らかな選曲ミスだろこれと思っていたのだが、もしかしたらKITAROUとかそんなところかもしれないなと思ったり。



ひとまずセットリストから。
1.Enter the Sphere
2.edge (⊿-mix)
3.Spring of Life (album-mix)
4.Magic of Love (album-mix)
5.MC
6.P.T.A Corner
7.Chocolate Disco
8.Polyrhythm


これはネットで拾ったものなのだが、正直言って一曲目のEnter the Sphereの記憶が全くない。記憶の中ではedgeのイントロがいきなり流れてきている。いきなりの勝負曲にびっくりして記憶がおかしくなったのかもしれないと思ったがどうだろう?行った人でEnter the Sphereを聴いたと覚えている人はいるのだろうか?
まさかここで聴けるとは思っていなかったので完璧ににいい意味で裏切られてしまった。しかもフルバージョンだし大画面を使ってのアートワークも大迫力だった。ただ、腕の産毛に音の音圧風を感じるほど音は出ておらず惜しい感じだ。ワンマンでやるくらい音を出せていたならはっきり言ってどんなロックオタにも一目置かせることができると思う。
最後に⊿を書いて終わりという、まさしく最後までやってやったぜという感じがたまらない。そして間髪入れずにSOLが始まった。もうダンスしぱなっしだ。こっちの気分も否応なしに上がってくる。
この映像見たことない、というようなものもチラホラ。最近はこうなのか?画面もダンスも見逃せない感じだ。
今回、主催者側が用意したサイリウムがあったのだがこれは主催者側、例えば照明さんなどの意向で好きに光らせたり色を変えたりできるものが使われていた。帰りに返却しなければならないのだが。これならアリだなと思った。振り返るとスタンド一面のサイリウムの光はとてもきれいでした。PerfumeでサイリウムというとあのGAMEツアーの千秋楽のサプライズが思い出される。公式ではサイリウムの持ち込みを演出の妨げになるので禁止しているのだが、その千秋楽でのサイリウムの海があまりに印象的だったので、勝手に持ち込もうとしたりしたライブもあったりした。自分としては人生で二度目のサイリウムだ。ちなみに初めてのやつはMEGでした。サイリウムの色が変わるたび歓声も上がっていたようだった。
ここでsamtのマッピング出るかなと思っていたのだがさすがにそれはなくMol。ここでも新しい映像だったような気がする。

んでMC。
「今日は世界に発信するアーティストだということなんですですけど(私たちが出演しても)いいでしょうか?」と謙虚に言っているのには笑ってしまった。MCは少なめだったのだがそれでもツイッターなどを見ると印象を残せたようだ。PTAのコーナーでは例のコール&レスポンス。これがすごく揃っていて笑えた。ライブ初心者とかもっとライブを楽しみたいのだけれどどうやって楽しめばいいかわからないし恥ずかしいしという人は多いと思う。しかし、だ。このPTAのコーナーはそんな人を漏れなくライブの楽しさの中へ導いてくれる。おっとワンダーランドの歌詞のようだ。それは老若男女関係ない。すべての人に門は開かれているのだ。だから誰でも楽しむことができる。ここで棒立ちできる人はある意味尊敬してしまう。あまりそういう人もいないと思うけど。
ここからくるのはお決まりのチョコだ。PTAで訓練された通りみんな思いっきりディスコしている。そして最後の〆に何が来るかと思ったがポリがきた。らしい選曲だ。
最後にあ~ちゃんは、7年後もまた日本の代表としてこのステージに立てるように頑張って活動していきますと言った。確かに言ったのだ。ということは7年後もPerfumeは存在しているということになる。大丈夫か30越えてるぞw
でも、その一言がなぜかうれしかった。絶対忘れないでおこうと思う。

ラストはラルク。ちなみにライブは初めてだ。
映像とかかなりこっていたし、ステージでもこんなところがこうやって光るんだ、とか思ったくらい演出的にも凄かった。
ハイドさんの声の出し方はかなり繊細で一曲だけイントロでアカペラで歌う曲があったがこれには痺れた。おれの好きな曲ready steady goもやってくれたし堪能しました。ただGOの部分を観客に歌わせて自分では歌わなかったのがちょっと惜しい。あそこのビブラートが好きなのにGO~~~~ってやつね。最後風船が空に舞う演出があったんだけどとてもきれいでした。



これでレポートは終わりますが、次はいつになるのでしょうか?
ツアーが始まりますがツアーまでないのかな?ちなみに自分は千秋楽当たりました。

SAYONARA国立20140529FINAL WEEK JAPAN NIGHT Perfume見に行ってきた感想とかレポとか

久しぶりのライブだ。
Perfumeがなんと国立競技場に連れて行ってくれるというので楽しみだ。
当方、高校時代にサッカーをやっていたので、そういう意味でも国立競技場は楽しみだった。
ドームに比べて少し小さく感じたのはスタンドが低いせいだろうか。ピッチにはプラスチックのフレキシブルに曲がる床材(うまく表現できない)をかぶせて芝を保護してあった。この芝は7年後はどうなるんだろうか?ちなみに聖火台にも火が灯っていてその火を生で見れてうれしかった。

席はちょうどアリーナの真ん中の真ん中くらいで、ステージ上ははっきり言って見えにくい。Perfumeの場合はダンスしているのは確認できた感じ。楕円形のカーブが緩い方をステージにしているので横幅を広くとっている。正面には大きなモニターが三枚。気が付くとこのモニターばかりみているというような状態になってしまう。でもないよりはいいか。ていうかこの映像のおかげで後ろの方でも結構楽しめたりするようになったと思う。
このパネルの映像をフルに使い切ったのがラルクとPerfumeだった。というかそのような演出だったということだ。ストレートなロックバンドなんかだと凝った演出をするよりも演奏シーンを素直に映した方がかっこいいと思う。


まぁ、そのストレートなロックバンドっていうのがトップバッターだったMAN WITH A MISSIONだ。
開演に間に合わなかったこともあり、彼らの演奏は3曲ほどしか聞けなかったが、そのような印象を持った。
派手な外見に似合わずというかなんというかすごく謙虚ないい人たちなんだろうなと思ったけどどうなんだろう?
会場に入ってすぐに気になったのが音量だ。久しぶりの野外だしどうなんだろう?と思ったがやはり都市部の平日ならば少し小さめなのが当たり前なんだろうな。それがちょっと心残り。特に低音は出ていない。
NAVERのまとめで、今回のライブでPerfumeを見て気に入ってしまった人たちのツイートがまとめられていたが、ワンマンライブはこんなもんじゃないからということをしっかりと伝えていきたい。大切なことなので二回くらい言いたいと思う。

「Perfumeのワンマンライブはこんなもんじゃない!」

ちなみにそのまとめがこれ
Perfumeファン増加?! 国立競技場でPerfumeに魅了された人々

17:30開演で今の季節だと19:00くらいになってもまだまだ暗いとは言えない。
そういうわけで明るい中、遅れて席に着くのがちょっと恥ずかしかったが、そんなことはどうでもいい。
二番目のバンド、SEKAI NO OWARIが始まった時でもまだまだ明るかった。
このバンドの音楽を初めてちゃんと聞いたと思った。銀河系の悪夢という曲が印象的で、鉄拳さんが例のパラパラ漫画みたいな映像を担当していて、その映像をこの曲を演奏するときにはいつも使っているのかな?今回はそうで、映像の内容は精神的に病んでいく主人公の物語みたいなもので少々きつい内容なのだが、最後に観客が言う「おかえり」の一言でかなり救われる。フェスっぽくないと言えばない曲なんだけどアリだと思う。詩がよく聞こえたので聞いていたんだけど結構なんか比喩とかが素直だなと思った。これからが楽しみなバンドだと思う。ギターの人のSGはカッコよかったです。

SEKAI NO OWARIの演奏が終わって空を見上げると夜がそこまでやって来ているようだった。
このへんだよなぁ、野外の醍醐味は。
ちょっと長くなったのでPerfume編は次回に。



ところで、このサンゲツのCMあ~ちゃんにちょっと似ているのでお気に入りです。
山本美月さんとおっしゃるのですね。



Perfume Live at NHK

NHK行ってきた。
単なる公開番組の収録で何曲か歌って後はトークみたいな流れだと思っていたのだが、案内されたスタジオがオールスタンディングのライブ会場って感じの場所で、普通にライブでした。
800人規模のライブは、もはや貴重なもので文字通り貴重な体験になった。まさにプライスレス。

前説がありライブが始まる前はみんな「NHKの収録だから・・・」と思ったのかお利口さんにしていたのだが、いざ始まると、いいの?いいの?って感じで徐々に前に押し寄せてきてたいへんな状態に。
人の塊がガーっと流れたりしていたので、こりゃ途中で注意があるかなと思ったのだがそのまま流した。
そんな大変な状況だったのだがステージ上の彼女たちはニコニコしてた(笑)




このライブの模様は10月26日か27日(詳しくは忘れた)のBSプレミアで放送されるらしい。
これは見る環境を整えて見たほうがいい。
ライブもよかったし久しぶりのキレキレのMCが聴けると思う。結構しゃべっていたのだけれどどこまで放送するのかわからないが。

あと、10月12日くらいにPerfumeとテクノロジーという題名で番組を放送するらしい。
これも必見だ。



Perfume界隈がいい意味で騒がしい。
この勢いで年末のドームまで行くつもりなんだろう。

今日のライブを見ることができたので、ドームはたぶん末席だろうと思う。

Act Against AIDS 2011 Perfume ライブレポ

今年もAct Against AIDSの季節がやってきた。
これで3回目だろう確か。
それにしてもおばちゃん多いな、いや熟女多いな(汗
どのようにしてチケットを入手しているのか知らないが、そのような客層が多すぎる。
ステージで歌ってるのにぺちゃくちゃと熟女のおしゃべりは続く(笑)
自宅で友人とテレビを見ているような感覚なんだろう。

でも、ポルノファンは意外と多いと感じる。Perfumeファンはいつも少ないなぁ。
来年は11/30が復興イベント12/01がAAAとなるらしい。2daysだ。
もしかしたらもっと曲数が増えるかもしれない。来年も行けるかどうかわからないが。

ではPerfumeの出演した場面を思い起こしてみよう。
自分はアリーナ正面の後方より観戦していた。

◆レーザービーム
今のPerfumeにはタイアップの曲が多く一見さんでもより楽しめるようになっていると感じる。
それなりに盛り上がる。
でものっちの衣装だけなんだか異質だ。
これはいかん。のっちの上着だけボーダー太く色味が違う。
これが終始気になった。
この曲では振付でうなずく箇所がたくさんある。
それに合わせて自分も少しうなずいていることに気付く。これはキモい。焦った。

そして挨拶&MC
MCは緊張してるから曲行きま~す、くらいですごく短かった。

◆スパイス
これをライブで初めてみた。
正面で見れたのでいろいろ楽しめた。
間奏の部分とかいろいろとすばらしいな。
「ドラマの曲だね~」っていう声が周りから聞こえてきた。
「そうだよ~」とテレパシーで直接脳内にメッセージを送ったがきっと届いてないだろう。

◆ポリリズム
これを武道館で聴くのは格別だ。
感動しているのはファンだけだと思うがw
ポリループが終わっても歓声があまりないのはちょっと寂しかったが。

歌が終わった後しばしインタビューみたいな形になった。
Perfumeのパフォーマンスは飽きずにずっと見ていられる、なんて言われていた。


う~ん、せめて5曲ほしいなといつも思うが仕方ないだろう。
3曲でも来る価値のあるライブだと思う。


グランドフィナーレには出演者が総出でステージで曲を歌う。
そして手に持ったボールを投げる。
この時ばかりは前のほうがうらやましい(笑)
Perfumeの遠投可能距離内にいればきっと僕はマイケルジョーダンのように華麗にジャンプしボールをキャッチしてまわりのド顰蹙を買うことでしょう。


武道館を出ると冷たい雨が降っていた。
みんな傘をさすもんだから顔に傘の先端がバシバシ当たる。
前に傘を持っていない二人組が歩いていたので傘を高く上げてその人たちもこっそりカバーしたった。
三浦春馬くんや佐藤健くんじゃなくてごめんねと心から思った。


来年も行くぞ!

テレビ朝日ドリームフェスティバル・ライブレポ【Perfume】

テレ朝のドリームフェスティバルに行ってきた。
出演は西野カナ、Perfume、三代目J soul brothers、加藤ミリア、RIP SLYME、東京事変(出演順)だ。

Perfumeのセトリは
FAKE IT
レザビ
ワンコ
(MC)
BCL
ねぇ
(PTA)
チョコ
ポリ
の順。

FAKE ITは登場のSEだけかと思ったら一曲やってくれた。
最初のキックに合わせたフラッシュ点滅でポケモンのあの事件を思い出し、ここで倒れたらすげー恥ずかしいと思い途中で目をつぶってしまった。目を開けると幸いにも倒れた人はいないようだったw
相変わらずの低音。産毛がふわっとした感じになり、半袖の腕に何かがまとわりついているような感覚。今日一番低音が出ていたのはPerfumeだった。

見ていたのはアリーナの前のブロックの俗に言うのっち側。
2曲目レザビになると退席する女の子二人組がいた。エグザイルのTシャツ着ていた。なるほど、コアなEXファンにとっては退屈なのかもしれない。カップルで来ていて帰りに彼氏のほうが「Perfumeって意外とかわいかったよなぁ?」なんてつぶやくときっと喧嘩になるに違いない。でもそんな展開がどこかの電車の中で、車の中で、空の下であってもいいと思うのだ。
三代目Jsoulbro.のライブ見てたらうちわ持ってる子とかいてなんだかジャニーズのライブのようだと思った。もしEX系が中性的なジャニが合わない子をターゲットとしているならそれは正解だと思ったしナイスなマーケティングだと思う。
まぁ、事変が始まるまでずっと座りっぱなしだった二人組もいたし。やっぱりフェスはおもしろいな。

レザビはフルで途中のマシンガンでやられた。あれはカッコいいわ。
しかしなんでだろう、今日はかしゆかがニッコニコ。終始ニコニコしていたなぁ。
ワンコのイントロで手を挙げるとなんだかキョロキョロして周りを見ながら真似してる人がいた。こうやってファンが増えていくんだな~、なんてしみじみ思ってしまったw近くに居た子供もなんか振付のまねをしていたし。
今日の会場はPerfumeファンは多かった。LSGも多かったし。それにしても圧倒的なホーム感がしたなぁ。
ステージから両側のステージサイドの端までちゃんと使えていたのもPerfumeが一番だったな。ダンスのフォーメーションとかすべての出演者にそういう制約があるんだろうけど、Perfumeは短い出演時間にもかかわらずそういう時間をちゃんと作ってる。お辞儀の深さも健在だし、すごくいいところだと思う。ステージサイドに行って両手を挙げながら踊るのっちがエロすぎるよまったくwってところも付け加えておこう。

のっちといえばPTAのコーナーでの煽りだ。「もっともっと!」煽った時の表情を見逃しませんでした。あれは覚醒しとる!カッコいいぜ!声出しも雰囲気が良かったのかワンマンライブみたいな一体感があった。あ~ちゃんは声出しというか客に声を出させるのが元々うまかったのが、さらに洗練されてきてるんじゃないかな。絶妙なタイミングとか。声をかぶせるように盛り上げていく感じとか。
PTAを経てチョコとポリで会場は明らかにグル―ヴしてた。打ち込みの音楽なのにこのグル―ヴ感はいったいなんだろうって思うくらいだ。音が止まった時の余韻とか空気感がもうある種一流のソレなんですよ。
それでもって深いお辞儀をして昔と変わらず「Perfumeでした!」って帰っていくわけですよ。カッコいいじゃないですかw

ツアー日程も決まったし楽しみですね。
追加公演は武道館2DAYSでお願いしますw
みなさんまたライブで会いましょう。






Perfume Act Against AIDS 2010

今年も行ってきましたAct Against AIDS 2010。
なんだか年中行事になりそう。チャリティだしなぁ。
ちなみにPerfumeは参加して4年目でオレは3年目だ。

去年が超アウェイだっただけに今年はどうだかと心配もしたが、出演者を見るとポルノグラフィティの名前が!ちなみにグラフティじゃなくてグラフィティだ。ここは押さえておこう。パヒュームじゃなくてパフュームだ。他人事とは思えない。
ポルノファンも来る=音楽を聞くお客さんが増える=アウェイではなくなるという予想が成り立つし実際そうでした。
それだけじゃなく日々の積み重ねによる知名度UPということももちろんあるでしょうが。

このイベントはいろんな出し物があり音楽ファンだけでなく子供も楽しめるような企画もある。その中でポエトリーリーディングという詩の朗読(そのまんま和訳)のコーナーがあるのだが、そろそろPerfumeの出番じゃないかな?っていう後半のいい時間帯に始まった。吉高由里子という女優が雰囲気たっぷりの素晴らしいパフォーマンスを魅せたのだがライブやるにはちょっと落ち着きすぎじゃない?的なこの空気の次にPerfume登場はちょっときついぞと思ってたらキマグレン登場。アリーナ総立ちで盛り上がった。
その後Perfumeの出番となった。

セットリストはナチュ恋、Voice、ねぇ、の三曲。

観客は総立ちのまま(アリーナだけな)場の空気を引き継げたのはラッキーだった。
MCではこのチャリティについての話もした。これは新しかった。あたしたちも二十歳すぎたしこういうことにも言及していかないと、なんてあ~ちゃんは言っているような気がする(笑)
しどろもどろになりながらも無事そのMCを終えてオレもホッとしたぜ。
ライブではおなじみの声出しもした。「そうでない人!うぉ~!」で笑いが起きた。なるほど、一般人はここで笑うのか。会場のノリもなかなかのもんだ。FCTシャツはそんなに目立っていないのに。
一階東南から見たのだがドーム後だったからかかなりステージが近くに感じた。武道館の一階って見やすくていいなぁ。
ねぇ、の高速ステップもはっきり見えたぜ!

ステージが終わった後、進行の岸谷さんに「すごいエンターテイメントだよねぇ!」と言われていた。
「世界進出の予定はあるの?」とか。オンリー・ワンを感じるPerfumeのステージを見たらやっぱり世界を意識するよなぁ。
岸谷さんがステージ脇でPerfumeが円陣を組んでいるのを見たという話になりステージでそれを披露してくれた。「がんばるぞ!オー!」っていうあれだ。会場に向かって口の前に人差し指を立てるあ~ちゃん。彼女たちの声がオフマイクの生声で武道館に響いた。ちょっと感動した。ちなみに言い終えた後は円陣を組んだまま2、3分黙想するんだとか。


いつも行こうか行くまいか悩むライブだが帰りにはいつも来てよかったと思う。


覚書:

森久美子の歌声があんなに綺麗だとは知らなかった。
つるの剛士は歌声、容姿ともに少しロッドスチュアートに似ててびっくり!
まだまだ「甘さ」が足りないけれどもいい感じだったなぁ。
アミューズの企画ライブなので今年は桑田さんの曲のカバーが多かったように思う。

FCトゥアー@ZEPP東京20100316夜の部

行ってきた。

まだまだライブはあるしネタバレは控えたいところだ。

さすがFCツアーだけあってみんな紳士的というかおとなしい感じで、盛り上がるところは盛り上がるし聞くところは聞く。もちろんあ~ちゃんのいうことも聞く(笑)

整理番号が後ろだったのだが前のほうに行けたのでそこで圧縮されながら見たのだがそれほどひどくはなかった。

欲を言えばもう少し曲数を増やしてほしかったと思う。
FC発足時のリキッドはどんな感じだったのだろう?

今日は昼の部もあったせいか全体的にマッタリ感が強かった。


次回はステージで攻めまくるPerfumeを見たい。

のっちは痩せたね~。
頬がこけてました。

FCトゥアー 雨の初日

予想通りというかなんというかやっぱり雨なんですね(笑)
何か特別なことがあるハレの日には雨の確率が高いという・・・。

今頃弾けてるんでしょうか。

う、うらやましいぃ・・・。

おれは16日の夜で整理番号が何と奇跡の2500番台!(笑)ですからもう少しの我慢です。

殺到するお客を制するわけでもないけど意外とまったりしたイベントになるんじゃないかと思いますが。


大型タイアップの話がPEPSIではないかという話がまことしやかに語られていますが、昨日ちょうど6チャンネルのニュースバラエティでPEPSIのCMのことを扱っていました。
何組かのアーティストのバージョンがあるみたいで、紹介されたのは倖田來未さんとコブクロさんでした。
前者は好きだというシェリル・リンのユーガットビーリアルに合わせてダンス、後者はデレク&ザドミノス(クラプトン)のレイラを演奏してました。
どうやら好きな曲を取り上げるみたいでPerfumeだったらなんだろう?なんて思いましたけど。

PEPSIじゃなかったりして(笑)

今日発表してるんでしょうか?
そういえば新曲も!




レポを待つとするか・・・。

MUSIC ON TV 直角二等辺三角形ツアー 20091226

つい先ほど見終わりました。
セトリは

NF
EW
DF
ltw
-MC-
ZG
マカロニ
SS
CC
IslU
-MC-
ORD
ジェニー
P.T.A.のコーナー
CD
Poly
PL

って感じです。
見たことのない略し方なんですけどわかると思います。

やっぱりPuppy Loveの多幸感ぶりはハンパないです。
ltwがすごくよかったなぁ。シティでのかしゆかのちょこちょこ歩きがかわいいですw
IslUであ~ちゃんはWINKしてますよぉ~!

オレが好きなのは本公演でみたときもカッコいいなと思ったんだけど、PTAのコーナーであ~ちゃんが手を扇型にふっているときに腕は4つ打ちなんだけど体は倍のテンポを刻んでるところです。
体が自然と動いちゃうんだろうなぁ。

NF



今年もあと少しですね~。
ラストスパートッス!w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。