Perfume LEVEL3を聴いた感想

LEVEL3をやっとゆっくり聴けたのでその感想を書いていこうと思う。
Complete Bestがベストなので、GAME、⊿、JPNに引き続き4作目のフルアルバムという感じだ。
アルバムというのはある意味ライブ以上にアーティストにとっては一番大切なものだと思っている。そしてそのリリース時にはライブ同様ドキドキするものがある。
では、早速書いていく。


01. Enter the Sphere
例のグローバルサイトの曲。海外ライブのオープニングにも使われた奴。
今回サビと間奏の部分が付け加えられたがこれがちょいROCKテイストでかなりアガる。
間奏の部分はPerfume初のシャッフルのリズムでどういう振付になるか楽しみだ。

02. Spring of Life (Album-mix)
「踊れるアルバム」と本人たちも言っているように、よりダンスチューンになっている。あの間奏の部分をイントロに持ってくるのは正攻法だ。新しく付け加えられたリフがカッコいい。イントロ、アウトロともつなぎやすい形になっている。

03. Magic of Love (Album-mix)
今回一つのメロディが加えられた。それでちょっと印象が変わった感じ。このアレンジは1mmと同じ感じだ。アルバムの中の曲の統一感を出そうとしているのかと思ったり。サビに絡むメロディがスリリングだ。このへんはホントうまいと思う。

04. Clockwork
今回のアルバムで特徴的なのは歌詞がただ単に愛とか好きとか夢とか希望だけを表すものではないものが多いということだ。この曲もその中の一つ。あえて聞き手のミスリードを誘うような歌詞だと思う。歌声を聴いていると同じサビであってもかしゆかがよく聞こえたりあ~ちゃんがよく聞こえたりする。もしかしたら同じサビでも一番と二番で割合をかえているのかもしれない。まぁ、気のせいかもしれないが。

05. 1mm
今回先行で発表された曲だけあってなかなかいい。聴けば聴くほどよくなるスルメ曲だと思う。間奏の感じとかカッコいいなぁ。「最終電車に揺られてる このまま遠くへ行きたくて」のところの振り付けが、ただ電車のつり革をつかまっているという振付なのだがこれがたまらなくいい。たったこれだけのシンプルなダンスが映えるのはこれまでの彼女たちがやってきたダンスがあるからなのだろう。歌詞も20歳そこらのイケイケな感じからちょっと挫折感がみえたり現実が見えたりして大人になった感じがする。

06. 未来のミュージアム
あ~ちゃん曰く「この曲はいい意味でも悪い意味でもぶった切るじゃん?」
確かに異質な感じがするのだがそれをそのままアレンジもなくここに収めたのは、ドラえもんリスペクトに他ならないと思う。

07. Party Maker
これはライブ専用曲とも言っていい感じ。ライブでの使いどころが楽しみだ。曲も手拍子とか入っていてライブの喧騒とかも聞こえてくるような感じになっている。7分超という曲の長さも全く感じさせない構成は素晴らしい。

08. ふりかえるといるよ
若干スローな曲でその優しいメロディーともにとても気持ちいい曲。レゲエなんかにすぐにアレンジできそうな曲。相対性理論ぽく聴こえたのでやくしまるえつこさんあたりがカバーしたら面白いなと思った。
ふりかえるといるのはたぶんふかふかの布団と真逆なものだろう。

09. ポイント
3曲入りシングルSpending all my timeに収録されていた曲だが今回アルバムに組み込まれた。ドラムンベースはPerfumeでは初だ。キラキラ具合がハンパない感じ。このアルバムの中では未来のミュージアム同様少し浮いている印象。

10. だいじょばない
未来のミュージアムのカップリング曲。この曲のダンスはめっちゃ動くしちょいレトロでびっくりさせられた。びっくりさせられたとはやわらかい言い方で、実はニヤニヤしてしまった。よくないとか大丈夫じゃないとかヤスタカさんのこのへんの日本語の使い方が好きだな。大丈夫と言っておきながらほんとはそうじゃないとギリギリで本音を言う感じ。長いものに巻かれそうになるけど最後の最後で踏ん張っている感じがいい。

11. Handy Man
Magic of Loveのカップリング曲。なんとなくロシアの下のほう、東アジアとかマイムマイムとかを思い出してしまったがどうだか。

12. Sleeping Beauty
ほぼインスト曲。アルバムGAMEのButterflyっぽい位置づけ。ちなみにブックレットのこの曲の部分のノッチの写真がかわいくてかわいくてw

13. Spending all my time (Album-mix)
このアルバムのメインを張ってもいいと思える曲。カンヌでおなじみのあのバージョンだ。聴いていると脳内にあの映像が蘇ってくる。all my timeから始まる中間の新たに加えられたあの部分がかなり好きでここだけリピートしていても気持ちいいと思えるほど。

14. Dream Land
このアルバムの中で一番気に入った曲というか気になった曲だ。題名だけしか知らなかったときは舞浜あたりに通じる夢の国賛歌かと思っていたけれど、そうではなくて「夢の国から帰ってきて」という否定はしないがそこにいると危険だよと毒だよと言っているような曲になっている。
全て完璧な夢の国とはどこなのか?と疑問に思うが、そこはあえて聞き手に任せるという感じの詩の構成。どのようにもとることができるが、ひとつ例をあげるとするなら二次元とかネットでのコミュニティとかそれにあたると思う。「気持ちのないやさしい言葉の毒」という表現はいいな。
Perfumeもどちらかというと夢の国を提供する側なんだけどな、とも思うが。でも、これは歌の世界観のことでPerfume本人と照らし合わせても意味がないしそうするのは間違いだろう。


これはただ一個人の感想なので、この人はこういうことを思ったんだなと長い目で見てほしい。

アルバムとはそのアーティストの方向性とかこれからしたいことなどを表している場合もあるが、Perfumeの場合は制作がヤスタカ氏にゆだねられているのでいまのPerfumeを切り取った形がこれ、という見方のほうが正しいと思う。歌詞の幅も広がって、いや、広げてきているようだ。そういう意味ではこれからの活動がもっと楽しみになってくる。

これはもちろん海外でも発売になるだろうしその反応も楽しみだ。
そういうのが拾えれば紹介していきたいと思う。



DVDのおまけはあのカンヌでのプレゼンも付けてくれたらよかったのにと思う。どうせならBDがいいけど。
麺カタライブは行けなかったので様子が見れてよかったが逆に悔しくもあったw
Perfume Radioで印象的だったのは、のっちのつたない微妙な企画でも「うん、うん」言って聞いてあげているあ~ちゃんがよかった。のっちがあ~ちゃんが好きなのがよくわかったwこいうところなんだろうな。
ラジオはドッキドキon Air、Perfume planet、マジカルシティ、パンパカパーティー、と今のSOLとやってきたのだが今のSOLでは不十分だと思うのできちんと30分ほどの枠をもらってやってほしいと思う。ラジオは意外と重要だ。
スポンサーサイト

Perfume 1mm

LEVEL3の収録曲が発表された。
全曲新曲という期待は当然のごとく破られてしまったが(笑)

01. Enter the Sphere
02. Spring of Life (Album-mix)
03. Magic of Love (Album-mix)
04. Clockwork
05. 1mm
06. 未来のミュージアム
07. Party Maker
08. ふりかえるといるよ
09. ポイント
10. だいじょばない
11. Handy Man
12. Sleeping Beauty
13. Spending all my time (Album-mix)
14. Dream Land

聴いたことのない曲が7曲とまぁまぁかな、楽しみはある。
ポイントは入れなくてもよかったのに、とも思う。そういう曲があってもいい。
mixも聞きたいけどこれまでの奴を聴くとそれほど変更もなさそうだしなぁ。
だいじょばないってこうやって並べてみると、Perfumeではなくてきゃりーっぽく感じる。
「ふりかえるといるよ」でなぜか「志村~!うしろ~!」を思い出した。sleeping beautyとdream landはディズニーとのタイアップもあるのかと想像させる。

全ては聴いてからのお楽しみってことで。
23日発売のcapsuleの新作と聞き比べても面白いと思います。



それで切り込み隊長曲なのか、1mmのPVが先に公開された。



ちょっとspending all my timeにも似た憂鬱感を感じた。
嫌いではないがこの曲を切ってくるか・・・という感じだ。


洗練されていくのは良いことだ。PVもますます磨かれている感じ。
でも、Perfumeの本当の魅力はライブでの肉弾戦だと思っている自分にとっては少し物足りない。
洗練していくにつれそれがふり幅となってライブで発散されるならそれもいいと思う。
でも、「この曲、ライブで聴いたらすごいだろうな」とか「この曲を聴くためにライブに行きたい」と思えるような曲が欲しいのも事実だ。そんなトキメキ(笑)が欲しい。

まぁ、すべてはアルバムを聴いた後で。




PVはわけゆかがすべて持って行った感じですね(笑)





Perfume LEVEL3 teaser

確か三角アルバムが出たころのインタビューであ~ちゃんはPerfumeのことを「Perfumeとして考えると」とか「Perfumeをみんなで楽しむ」とかいうようにPerfumeを自分らと切り離したような言い方をしたことがある。これを読んだときちょっと寂しい思いをしたのを覚えている。

ファンとしてはPerfumeはあ~ちゃん、のっち、かしゆかでありそれ以外にはありえないのだけれども、本人たちはPerfumeを自分と切り離して考えていることを寂しく感じたのだ。
売れて環境が激変し、自分を保てなくなったときの避難場所を確保するような行為なんだけれども、ごく普通の珍しくないことなんだろう。24時間常にPerfumeではいられない。まぁ、売れていなければこんな分け方はしないと思うが。
大多数の人は他人からカッコいいとかかわいいとか思われたいと思っていて、たぶんその頂点はタレントとかアイドルになるだろう。しかし、多くの注目を浴びるようになったタレントやアイドルは自分からアイドルな自分を切り離そうとする。不思議なもんだ。


優秀なアイドルは容量の大きな入れ物を持っていると思う。
なんでも咀嚼して表現してしまう。消化器官も素晴らしい。
入れ物は空っぽのほうがいい。よりたくさんの物を入れることができるからだ。
からっぽっであるということは主義主張もないことだ。ないように見せることだ。
もし、何かを主張したらそれはアーティストと呼ばれるかもしれない。

Perfumeももちろん大きな入れ物を持っていると思う。
色々なアーティストがPerfumeの大きな入れ物に興味を示して、たくさんのものを投げ込んでいる。
このLEVEL3のティーザーではアーティストたちが彼女たちの入れ物に物を投げ込んでいるところが見れる。そして、彼女たちがそれを咀嚼し消化しようとしている映像になっている。

Perfumeにかかわる人が多くなり多くのスタッフの生活がPerfumeに懸かっていると感じるようになると、Perfumeがメンバーの意思ではどうしようもなく動かせないような感覚になり、それが冒頭の発言の一因となったと考えることもできる。映像にも多くの人が関わっているし。それはもう止まることはできないしアクセルを踏み続けていくしかない状況だ。

こんな書き方をしたら否定的なように映るがそんなことは思ってはいない。
充分に幸せな状況だしこのMVの仕上がりも楽しみだ。



だが、ちょっとした天邪鬼な考えが頭の中に浮かぶ。
すべてのテクノロジーっぽい装置的なものを取っ払ったステージとかシンプルなものが見たいと思う。
このテクノロジーの生贄と言っては言い過ぎだけど、テクノロジーに浸り過ぎた反動は必ず来ると思う。
そのときにすごいものが見れるような気がする。



その時が来るのをひそかに楽しみにしている。




夏はやっぱりこれ。海岸線を走っているとこの歌を思い出す。
三角アルバムは名盤ですね。


LEVEL3に託す想い

LEVEL3は今秋発売としかいまだ情報が出ていない。
内容はどんなものになるのだろうか。

ワールドツアーを終えて、フェスも一通り終えたときに発売されるこのアルバム、かなり期待が大きい。
世界中で芽生えたPerfumeへの関心の芽を育てるか枯らすかはこのアルバム次第といっても過言ではない。世界中に配信されるだろうし。

これまでのアルバムはどれもベスト盤といった意味合いが強い。シングル既存曲に数曲の新曲といった感じだ。これは現在の音楽界の流れなのかわからないけど新曲が少なすぎる。
そこでこの聴く者にとってはあまりよくない流れに逆らって全部新曲ってのをやってほしい。
10曲でいい。どうしてもシングル曲を入れるならリミックスしてほしい。

単なる俺個人の願望なのだが、これは地味だけどインパクトがある。
どうせアルバムに入るだろうからとシングルを買わなかった人はシングル買うかもしれないし。
まぁ、ここで一発勝負をかけた気配を感じたいのですよ。


ホント、今は大切な時期だと思います。
LEVEL3ってネーミングはお気に入りでかっこいいと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。