Perfume ダンスコンテストに行ってきた パート2

シュレックさんのちょっと力が入り過ぎた「角野卓造じゃねぇよ~」で始まったダンスコンテストだったが、関さんと同じくツッコミが入りまくったはのっちだった。まぁのっちはそういうキャラなので仕方ないが、クネクネしているとか言われたり、久々の豪快な噛み様っぷりを披露して場を和ませたりした。突っ込まれた後頬を少し赤らめたりするのがかわいい。

ユーストでの配信でどれくらい映っていたのかわからないが、三人のリアクションはホント面白かった。特に西千葉大学のステージが始まった時、大ウケしていた。三人の斜め後方の席だったのだが、ステージと彼女たちの両方見ていたかった。こういう時にワイプで抜いてくれんかね、と思ったけど無理ですね(笑)審査に関してはなぜかあ~ちゃんが広島弁がかなりきつくて、じゃけ、じゃろを連発。「ジャズじゃけぇじゃろ?」には笑った。JJJだ。それにつられ、かしゆかも広島弁がかなり出ていて、普段はあまり広島弁が出ないのっちもちょっと出たりしてドキッとした覚えがある。

コンテストはMCのハリセンボンのお二人ががんばったのもあるし、PTAの温かい空気感もあって中だるみすることなく進行していった印象。
きわめぶろん、じゃなかった極め部門の優勝はPerfumen。

このへんになってくるとどれもクオリティが高く、だれが獲ってもOKな印象。

創部門はPinkchild

一番ステージ映えした印象。前回優勝の就職氷河期はちょっと表現が繊細すぎたかなと思う。一番好きなんですけどね。

インターナショナル部門は極み部門のTeam Perfume Hong Kongと創部門のSexy Mafia。
この部門はまだまだこれからだと思う。実際に会場まで来てくれるといいのだがなかなか難しいだろう。しかしそこを乗り越えれば途轍もないダンスコンテストになるだろう。

また、急遽作られた賞だったが、クリエイティブ賞にそうでない人ユキジさん。
ユキジさんは三角ツアーのときだっけかな、ステージ上の彼女たちにいじられて有名になった人。二丁目界隈ではPerfumeはどんな評価なんだろうな?人気あるのかなぁ?
そして極め部門の特別賞にProfumoちゃん。彼女に関しては前のエントリーでたくさん書いたのでそちらを見てほしい。応援してます。

http://www.perfume-web.jp/cam/miseyoLEVEL3/

優勝チームはステージ上でPerfumeと一緒に踊ることができるというのが特典なわけだが、踊る前にステージ上で彼女たちと打ち合わせしているのを見てとてもうらやましいと思った。おれなんかだとニヤニヤして打ち合わせたことが頭に入ってこないだろう。

ユーストの配信が終わった後、会場限定のライブが行われた。
これは前回もやったので今回もあるかなと思っていたのだが、なんとカンヌバージョンの「Spending all my time」をやってくれたのだ。この出し惜しみしない感じ、できるだけ多くの人に見せたいという想いを感じて感激した。チームPerfumeはホント素晴らしいです。
そして安定のチョコディスで締めて終了。
笑いあり、感動の涙ありで楽しいイベントだった。
もし参加を見送った人がいたならぜひ体感してほしい。生のダンスには途轍もないパワーがある。




でもチケットが取れなくなるのは困るけど(笑)
スポンサーサイト

Perfume ダンスコンテストに行ってきた

ダンスコンテスト、魅せよLEVEL3に行ってきたのでその感想などを書いていく。

今回で2回目のダンスコンテスト。会場は東京のメルパルクホール、大門近くにある老舗のホールだ。
会場には開演の20分くらい前に到着したのだが、まだなにか中ではセッティングをやっているようで音が漏れていた。というわけで30分ほど押しての開場。観客はいつもの感じで年齢層などはバラバラだ。

司会はハリセンボンのお二人。これが結果的に功を奏したようで、関さんをうまくいじって会場を盛り上げていたし、同時に関さんも好感度がアップしたようだ。Perfumeの映像を作っている人くらいの認識しかなく、その人柄に触れることはなかなかないのだが、今回は角野さんのおかげで知ることができたのだ。
あ~ちゃんとシュレックさんの関係はここで書くまでもないと思うが親友だ。

今回のお題は「spending all my time」なのだが、このダンスはなかなか難しいと思う。
最近のダンスはキレッキレに踊ると評価が高かったりするがこの曲はそういう風に踊るとなんか違う気がする。ある程度のやわらかさが必要だ。後半の手を複雑に動かす場面などは、動かす時に予備動作がないほうが美しい。動かす関節だけ動かしてあとは静止している状態が個人的に好きだ。

今回、ダンスコンテストを観覧するにあたって、リスペクトを込めてちゃんと応募者の映像を見て予習していたのだが、そのときに一番印象に残ったのはprofumoちゃんだった。この子は後半の手の動きがすごくきれいだ。この子を会場で見たがやっぱり美しかった。なんと13歳だというではないか。これにはびっくりした。

ステージの後緊張が解けてホッとしたのか泣き出してしまったが、その光景に会場も感動に包まれたようだった。特別賞が贈られたがホントに良かったと思う。MIKIKO先生「弟子にしたい」あ~ちゃん「アミューズどうですか?」などと言ってたが、本気で夢を追ってる人にとってはリップサービスはちょっとキツイ。ちゃんとアドバイスをしてあげてると思うけど。
このダンスコンテストがきっかけでスターが生まれるのも面白い。なんせ、当日会開場の人が一番応援したいと思った出演者はこの子だろう。そういうのはある意味アイドルの素質がある。

(パート2につづく)

Perfumeダンスコンテスト「魅せよJPN」現地レポ

ステラ行ってきました。
PerfumeのPTAの集まりの時の雰囲気ってのが独特のモノがあって、これはPTAのライブの時にも感じたのですが、なんだかジェントルな穏やかなやさしさみたいなものに包まれているような感じがあって、今回もそんな雰囲気でした。
ステラホールは大きくなく、ちょっと横に広い感じで椅子を前列から敷きつめれば40列くらいで一杯になりそうな感じでした。今回は前方20列くらいまで椅子があり後はスタンディングという構成でした。

stella1

動画キタか。パート7まであるようです。


動画があるので流れについてはあまり言及しませんが、印象深かったことを。。。

かしゆかのコメントの確信犯っぷりがすごい(笑)
出演者に「やっと生で会えましたね」なんてそりゃ泣いちゃうわ!
Perfumenさんよかったねぇ。

西千葉大学の時のあ~ちゃん。「しゃべるクライナー」って何だよ?(笑)ハマってずっとクスクス笑ってました、オレがね。


ダンスの時のコメントにもあったと思いますが、動きの中で必ずしもセンターに居る人が歌う訳ではない、とかその辺のちょっとずらした感じを俯瞰してみた時の全体のバランスとかのカッコよさを、PerfumeとMIKIKO先生とが共有して持っているというのがわかりました。
歌わなければその辺はもっと簡単になるでしょうし、歌うことによってもっと複雑に、しかも歌の割り振りはすでにヤスタカ氏によって出来上がったもの、というその状況の中でありきたりの動きにならず、いろいろなフェイクを入れながらしかもトータルで見てバランスが良いというかなり高度な美的感覚を共有して実践しているという。
なんてカッコいいのでしょう。
従来のダンス系のグループのお決まりのパターンを壊し、再構築しているというまさにアーティスティックな感覚なんですよね。これが他のグループとはちょっと違うところですよね(ニヤリ


コンテストを見た感想ですが、みなさん上手くて動きにキレがありました。やっぱり生のダンスは迫力が全く違いますね。
よりダイナミックでストーリー性のあるグループが優勝しましたがこれは異論がないところでしょう。
リクルートスーツフェチのオレは悶々としながらダンスを見ていましたが(笑)

Ustの放送が終わった後、衣装を着替えてGLITTERと声出しとチョコディスをやってくれました。
腹八分目だったものがPerfumeによってお腹いっぱいにされた感じでしょうか。


ちなみに今日の音響と照明はTeam Perfumeでした。
ダンサーさん達はいい思い出になったでしょうねぇ・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。