Perfume 武道館DVD

4月22日、とうとう発売されました!待望の武道館DVD。
なんでこんなに遅くなったかというと編集にかなり時間をかけたというような話でした。
ダメだしもけっこうあったりして(あ~ちゃんが何かで言ってたなぁ)

全体の感想はやっぱりあれですよ、低音。
ライブではホントに低音がよく出ている。しかもかなりの音圧で。
edgeのイントロのところなんかホントすごくてデッカイ鉛の玉がステージから迫ってくるような感じでした。下腹にズンズンくるし。体に響く低音なんて今までで味わったことないかもしれません。
で、ステージではかわいい女の子が三人w
このギャップにやられます。

この低音は対バン形式の時には味わえないです。やっぱりワンマンのときでないとこのセッティングはできないんだろうなぁ。


日経エンタテイメントで、Perfume贔屓の元メガデスのギタリスト、マーティがコラムで書いていたんだけど、女の子ボーカルのJ-popはベースが聞こえないとか低音がないとか。あくまでCDの話なんでしょうけどね。その真逆ですよ、これは。
ライブで聴くとBCLとか別の曲に思えます。
ちょっと言い過ぎかw


出す予定のなかったGAMEツアーのDVDは、音源のちゃんとした奴がなかったのかライブ用の音源と会場録音とのミックスという形だったと思うんだけど今回はガチでライブの臨場感を楽しめるものになっています。MCもそれほどカットされていないようだし。

DISK2にはポリリズムから武道館公演までの軌跡って感じで。
泣ける場面もあり笑える場面もありです。
Perfumeを語るのに物語というか脚色というかそういうものはホントいらないです。
そのまんまでいい。それが感動を生むってのがすごいし嘘がないところにみんな好感を持っているんだと思う。スキャンダルで売っているわけではないし。そういうのはもう流行らないしみんな嘘だってわかっている。「これって宣伝なんでしょ?」って感じで。
最近NHKがなんか感動的に色付けしようとしているのがちょっと嫌です。
このまえのウェンズデイJ-popですけど。

笑える場面ってのがほんと面白くて、その笑いのセンスみたいなものがあるから、今までいろんなことがあったと思うんだけど、危機的に煮詰まってしまうのを回避することができたんじゃないかと思ったり。その笑いこそがPerfumeが今までやってこれた理由かもしれません、と言ったら言い過ぎですねw
でもホント楽しそうで混ざりたいくらいですよw

あっ、JKかしゆかも見れますwww


DVDの盤のデザインもかっこいいし買ったほうがいいと思いますw
オリコンデイリー1位みたいですね。おめでとうございます!
今回はホントライブのPerfumeの音が楽しめますのでお勧めです。今回が初めてなんですよね、これ。


この日は中田ヤスタカ氏が来ていたんですけど座っていた位置は下の写真の赤で印した部分です。開演直前にある男と二人で入ってきました。
青で印した部分はちゃぁぽんやたかしげ君などあ~ちゃん家族がいた場所です。
あと近辺に宮崎あおいさんとかいましたよ。

budoukan


読み返してみたら音についてばかり書いてしまっているけどもちろん三人娘はかわいいですよw
VJもかっこいいし。バタフライも素晴らしい出来で。チョコレイト・ディスコの一体感とか。カメラも引き気味に撮れているものを採用しているしそこを見てもらいたいんだろうなと思いました。

それとあ~ちゃんに「それではいきますよー!せーのっ!」なんて言われると「おれはロックだから」とか「おれはPerfumeの音のファンだから」なんてかっこつけててもやっちゃいますよね、Pa Pa Pa Pa Pa Pa Perfume!ってねwww
もう武道館が幼稚園状態ですよwあ~ちゃんにはかないませんね~ww

グルグルユーやってるオレの姿が写ってなくてよかったと少しだけ思いました(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。