Perfume@武道館ライブレポ(総括)

とうとう武道館公演が終わってしまった。
もしかしたらもうゴールしてしまったファンの方もいるかもしれないw
というのは彼女たちはここを目標にしてきたからだ。
古いファンの人たちの達成感はかなりのものだと容易に想像できる。
で、力尽きちゃった人もいるかなとw

そんなわけないかw

いきなりの総括なんですがなんでかというと、今関東に住んでいる偶然性、チケットが両日とれてしまったという幸運に恵まれて両日参加できたからだ。
ほんとラッキーだった。
いきなり詳細を書くと時間がかかるし時流に乗り遅れてしまうためだ。
だから総括でいかせていただきます。

彼女たちの武道館LIVEは気持ちとしてはゴールなんだけど内容は今のPerfumeを切り取ったものであり現在もなお進化を続ける彼女たちを表現したものだった。
ゴールだからといって古い曲からやったりすると解散ライブのようになってしまう。
それはそれで感動的ではあるが。


昔、セマイドルという称号を与えられていた彼女たちがZEPPクラスの箱を経ていきなりの武道館ということもあってステージの広さに戸惑うこともあるかもしれない、などと危惧していたがそれは間違いだとすぐに気付いた。

ごめんよ、のっち・・・w



センターにはサテライトステージ(マッチ棒の先っちょみたいなヤツ)がありサイドにも広くステージがあってそれをいっぱいに使っていたし様になっていた。
センター、サイドにメンバーが広がってのトークも自然でした。それはまさにパフュームトライアングルw
武道館に現われた美しき三角形でしたw

音も良かった。というかかなりの音圧!
ハードな音圧と彼女たちのステージのキュートさとのギャップにやられる。


おでこにやられちゃったよ、かしゆか・・・w



楽器の生音がない分会場内の音が作りやすいのかなと思ったがどうか。
もしアリーナだったら卓を見学にいってたのになぁw


そしてよかったのが映像だ。
GAMEツアーから映像にはやられていたが今回もすばらしいものだった。
バタフライの映像も素晴らしかったしなんとか商品化してほしい。
Perfumeには珍しく唇がぷるるんというかつやつや濡れた感じだったので新鮮だった。
また関さんなのか??


演出もなかなか楽しませてくれた。
特にオープニングからコンピューターシティ、edgeとつづく流れはカッコよかったなぁ。
レーザー、照明もバッチリでした。


彼女たちの魅力の一つでもあるトークもバッチリだった。

ね、あ~ちゃん♪

(なんかキモくなってきたなw)



ただ7日より6日のほうが面白かったな。
7日のほうは彼女たちも前日と同じことを言ってもダメだろうと思っていて意識的に変えてきたんだろうなと思う。このへんがキャリアの長いところです。
2daysでまったく同じMCしてくるアーティストいますもんね。
悪いことではないが両日参加しているFANのためにも変えてくるところが憎いですw


RIJやサマソニでPerfumeのステージを見たことある人はいてもワンマンに行ったことある人は少ないんじゃないかと思っていました。
GAMEツアーで動員14000~15000人くらいだと言っていたので。
それ以前のワンマンに行ったことある人はGAMEツアーに行っていると思うのでそれほど多くはないんじゃないかと。
今回の武道館でかなり全貌が明らかになったのではないかと。

「LIVEがホーム」だという彼女たちのライブをPerfumeに興味があるなら是非みてほしいと思う。
楽しいしカッコいいしかわいいしサービス精神にあふれているし彼女たちの見方が変わると思います。

でもまた一段とチケットとるのが難しくなってきそうw


次回はライブレポート詳細とチケット取得について書いてみようと思う。
チケットのほうは新しいダフ屋行為のヤリ口を知って愕然としてしまったのでそのことを。



最後にめざにゅ~から









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。